トイレタンクの手洗い場で水漏れが起こる原因は?対処法をチェック!

トイレタンクの手洗いから水漏れが起きる原因と対処方法を紹介します。

トイレの後に手を洗えて便利な手洗い場ですが、水漏れが起きる場合があります。水漏れを放置すると水道料金が高くなってしまったり、水漏れ被害が拡大する可能性もあり、早めの対処が重要です。

そこで今回は、トイレの手洗いから水漏れが起こる原因と対処方法を紹介します。今すぐできる対処方法を紹介するので、手洗いの水漏れでお困りの方は参考にしてください。

トイレタンクの手洗いで水漏れが起きる原因

トイレタンクの手洗いからの水漏れにはどのような原因があるのでしょうか。考えられる原因を一つずつ解説します。

タンクの中に故障の原因がある

トイレの手洗いから水漏れがする場合、タンクの中でトラブルが起きていることが考えられます。

タンクの中にはいくつかの部品があります。その部品の劣化や破損によって、水漏れが起こっている可能性が高いでしょう。

そのため、手洗いから水漏れが起きた場合は、トイレタンクをチェックしてみてください。

ゴムフロート

トイレタンクの中にあるゴムフロート(浮きゴム)が故障すると排水管に栓ができない状態になるため、手洗いへの水が止まらなくなってしまいます。

ゴムフロートは浮いたり沈んだりすることで、排水管を開閉し水流を調節しています。もしタンクの中でゴムフロートが下がったままになっている場合は、浮き沈みできるように修理する必要があります。

球鎖の故障

ゴムフロートとトイレのレバーをつないでいるのが球鎖です。レバーを回して水を流すと鎖が引っ張られ、その力でゴムフロートが浮いたり沈んだりします。

トイレタンク中で球鎖が絡まったり引っかかったりすると、排水管が開いた状態になってしまい、水が流れ続けてしまいます。

チェーンがもつれている状態であれば、もつれをほどくことで解消されます。

オーバーフロー管の劣化

トイレタンクの中の水量が一定量を超えると、水があふれないようにオーバーフロー管に流れる仕組みになっています。

そのオーバーフロー管の接続部が劣化すると水がうまく排水されず、手洗いの水漏れの原因になります。

このようにタンクの手洗い管からの水漏れは、タンク内に原因が隠れていることが多いです。水が止まらないときはタンクのフタを外し、必ず中を確認してください。

トイレの手洗いの水漏れはタンク内の水位を確認

トイレタンク内の水位が正しいか確認するために役立つのが、オーバーフロー管です。

オーバーフロー管の先端には標準水位が示されています。その標準水位より水位が低すぎても高すぎてもよくありません。

トイレの手洗いで水漏れが止まらないときはタンク内を見て、水位を確認してみましょう。

水位がオーバーフロー管より上にある

水位がオーバーフロー管の標準水位よりも上にある場合の原因を見てみましょう。

ゴムフロート

水位がオーバーフローの標準水位より上にある場合、ゴムフロートが原因と考えられます。

ゴムフロートは通常水位が上がれば上昇し、給水弁が閉じて給水が止まる仕組みになっています。しかし、ゴムフロートに異常があると、うまく給水弁が閉じられずに給水され続けてしまいます。

この場合は水位を調節し、ゴムフロートがうまく作動するように修理が必要です。

給水弁

ゴムフロートが正常である場合、ボールタップと給水口の間にあるシートパッキンの劣化が考えられます。

シートパッキンが劣化すると給水弁がうまく作用しなくなり、栓が閉まらなくなってしまいます。そのため、手洗いに水が漏れ続けてしまいます。

ゴムフロートが正常でも水位が高すぎる場合は、シートパッキンの交換をしなければなりません。

水位がオーバーフロー管より下にある

つづいて、水位がオーバーフロー管より下にある場合の原因を紹介します。

排水口

排水口に異物がつまっていたり汚れたりしていると、ゴムフロートがうまく作用せずに水位が下がってしまう場合があります。

ゴムフロートが異物によって閉じないと、トイレタンク内の水が流れ続けてしまうため、手洗い管の水漏れが止まりません。異物がある場合は、異物を取り除けば水漏れは解消します。

それでも症状が改善しない場合は、ゴムフロートの劣化が原因の可能性もあります。

チェーン(球鎖)

チェーンがトイレタンクの中で絡まったり他の部品に引っかかったりしてしまうと、ゴムフロートが持ち上がった状態になり、水が流れ続けてしまいます。

水が流れ続けるため浮き球が下がったままになり、手洗い管の水漏れが止まらなくなってしまうのです。

チェーンが絡まっている場合は、ほどいて長さを調節すれば解消できます。

【症状別】トイレの手洗いの水漏れ修理方法

トイレタンクの水漏れの原因が分かったところで、手洗いの症状別に修理方法を紹介します。

なかには簡単にできる修理もありますので、ぜひ参考にしてください。

手洗い管の修理をする前に

手洗い管の水漏れ修理をする前に、しておかなければならないことがあります。

  1. 止水栓を閉める
  2. トイレタンクの中の水をすべて流す

タンクの中は水のない状態で修理をするため、いったん水をすべて流してください。

最初に止水栓を閉めて作業を行うため、水を流しても新たに水がたまることはありません。

手洗いの蛇口から水漏れしている場合

手洗い管の蛇口部分から水漏れしている場合は、パッキンを交換すれば水漏れが止まることがほとんどです。

修理手順

  1. 手洗い管をつなぐナットを緩める
  2. ナット内のパッキンを新しいものと交換する
  3. 逆の手順でナットを締めなおす

ナットのパッキンが劣化している場合は、パッキンを新しいものと交換すれば水漏れは止まります。手洗い管の部品はホームセンターやインターネットで購入できますが、サイズや形がさまざまですので、間違えないようよく確認して購入しましょう。

パッキンを交換する作業自体は、それほど難しいものではありません。

手洗い管の付け根から水漏れしている場合

手洗い管の付け根から水漏れしている場合は、手洗い管とタンクの接続部分の破損、手洗い管本体の劣化によって折れてしまっていることが原因です。

この場合、手洗い管自体を交換すればトラブルは解消します。

修理手順

  1. タンクのフタを外す
  2. ナットを回して手洗い管を外す
  3. 新しい手洗い管をつける

手洗い管自体を交換することは簡単です。ただし、手洗い管の種類や形はメーカーや型番によって異なるため、適したものを購入する必要があります。

タンク内で水漏れの音がする場合

トイレタンク内から水漏れしている音が聞こえる場合は、給水管と手洗い管をつないでいるホースが原因の可能性があります。

ホースが劣化で破損していると途中で水が漏れてしまい、溢れた水がそのままタンクに流れ出てしまいます。

ホースが正常な場合は、ナットのゆるみが原因の場合も。その場合は、ナットを締めなおせば水漏れが止まる可能性があります。

修理手順

  1. ホースを取り外す
  2. 逆の手順で新しいホースを取り付ける

トイレの種類によっては、ホースを差し込むだけでよいものもあります。修理の前にトイレタンクの中を確認しておきましょう。

水漏れが止まらない場合はトイレ修理業者に相談しよう

トイレタンクの手洗い管の修理は自分でできるものもありますが、修理業者に依頼したほうが良いケースもあります。

トイレの修理に不慣れな方が自己流で修理をすると、かえって症状が悪化する可能性もあり危険です。

手洗いの水漏れの原因が分からない方や自分で修理をするのが不安な方は、無理せずトイレ修理業者に相談しましょう。

トイレタンクの手洗いの水漏れ修理料金相場

トイレタンクの手洗いで水漏れが発生した場合の修理料金の相場を紹介します。修理業者に修理を依頼する際の参考にしてください。

基本料金0円~5,000円程度
部品代(フロートバルブ・ボールタップなど)5,000円~10,000円程度
手洗い管の交換5,000円~
出張料金0円~
見積もり料金0円~

手洗い管の修理料金は、トラブルの原因や交換するパーツによって異なります。フロートバルブの交換程度であれば、基本料金と合わせても15,000円以内で修理できることが多いでしょう。

見積もり料金は無料の修理業者がほとんどですので、料金が心配な方は見積もりだけでも相談してみてください。

トイレタンクの手洗いの修理業者を選ぶ4つのポイント

トイレタンクの手洗いの水漏れで修理業者を選ぶ際に、押さえておきたいポイントを4つ紹介します。

トイレ修理に特化した業者を選ぶ

多くの水道修理業者ではトイレの水漏れ修理を行っていますが、トイレのトラブルはトイレ修理に特化した専門業者に相談することをおすすめします。

トイレ修理に特化している業者であればさまざまなメーカーや型式のトイレに対応しており、作業に慣れているので修理もスピーディです。

口コミ評価の高い修理業者を選ぶ

口コミをチェックすれば、簡単に修理業者の評価を知ることができます。

口コミはSNSや口コミサイトで確認することができますが、なかには悪意のある口コミもあるので見極める必要があります。

内容が具体的な口コミや写真付きの口コミなど、できるだけ信ぴょう性の高い口コミを厳選しましょう。

地域密着型の修理業者を選ぶ

水漏れは一刻も早く修理したいものです。対応スピードの早さは修理業者を選ぶうえで非常に重要なポイントです。

24時間年中無休で対応している修理業者の中から、お住まいのエリアを拠点としている地域密着型の修理業者を選ぶことをおすすめします。

地元に根差した修理業者であれば、駆けつけるまでの時間が短く、スピーディな対応が期待できるでしょう。

相見積もりを取って比較する

料金の相場を把握して適正料金で修理を依頼するためにも、必ず相見積もりを取りましょう。相見積もりを取ることでサービス内容や対応力を比較でき、高額請求といったトラブルも回避できます。

見積もりは多くの修理業者が無料ですので、手洗いの修理を依頼する際は気軽に見積もりを取ってみてください。

相見積もりを取って、そのなかから自分に合う修理業者に依頼しましょう。

トイレタンクの手洗いの水漏れは修理業者に相談を

トイレタンクの手洗いの水漏れ原因と対処方法を紹介しました。

トイレの手洗いでの水漏れは、タンク内に原因があることがほとんどです。トイレの水漏れ修理に不慣れな方は、できるだけ早くトイレ修理業者に相談することをおすすめします。

修理業者に修理をお願いしたいという方は、「トイレタンクの手洗いの修理業者を選ぶ4つのポイント」を参考に修理業者をお探しください。

当サイトトイレつまり修理受付センターでもトイレの修理業者を紹介していますので、修理業者をお探しの方はぜひ参考にしてください。

自分で直すときは要注意!!失敗すると大変なことに…
今週のイチオシ業者

大阪・京都・奈良・兵庫・愛知等を対応エリアとするスイドウリペアは、多種多様なトラブルに対し、これまで培ってきた高い技術と豊富な経験・ノウハウを活かして、お客様ごとに最適な修理を行うことが可能。また “適正価格”を大切にし質の高いサービスの提供を実現している。

詳細を見る
今週のイチオシ業者

大阪・京都・奈良・兵庫・愛知等を対応エリアとするスイドウリペアは、多種多様なトラブルに対し、これまで培ってきた高い技術と豊富な経験・ノウハウを活かして、お客様ごとに最適な修理を行うことが可能。また “適正価格”を大切にし質の高いサービスの提供を実現している。

詳細を見る
トイレタンクの手洗いの水漏れに関するよくある質問
トイレタンクの手洗いで水漏れが起こる原因は何ですか?

トイレタンクの手洗いからの水漏れは、タンク内に原因があることがほとんどです。
水漏れする場合はタンクの中を確認してみましょう。

トイレタンクの手洗い管から水漏れする原因

トイレの手洗いの水漏れの修理方法を教えてください。

トイレタンクの手洗い管からの水漏れの修理方法を原因別に紹介しています。

手洗いの水漏れ修理方法

トイレタンクの手洗いの水漏れで修理業者を選ぶ方法を教えてください。

水漏れ修理業者を選ぶポイントを4つ紹介しています。

  • トイレ修理専門業者を選ぶ
  • 口コミ評価の高い修理業者を選ぶ
  • 地域密着型の修理業者を選ぶ
  • 相見積もりを取る

手洗いの水漏れ修理業者の選び方

関連記事

症状から探す

直し方から探す

業者選びが面倒な方はこちらがおすすめ!最短5分で紹介

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

コンシェルジュに依頼する


トイレつまり修理業者:

【公式】トイレつまり修理受付センター