トイレの止水栓の種類は?止水栓の閉め方と調節方法を解説!

トイレの水をコントロールする止水栓について、止水栓の種類と開閉方法を紹介します。

トイレの修理やメンテナンスで調節が必要な止水栓ですが、種類はひとつではありません。いざという時に止水栓の種類が分からなければ、トイレの水を止めるのに余計な時間がかかってしまいます。

そこでこの記事では、トイレの止水栓の種類をまとめました。止水栓の種類別に開閉方法や調節方法も解説しています。

トイレのトラブルでお困りの方は、この記事を参考にしてください。

トイレの止水栓の役割とは?

トイレの止水栓には重要な役割があります。トイレに止水栓があることは知っていても、実際に機能を知らない方や止水栓を閉めたことはない方は多いのではないでしょうか。

いざという時に慌てなくてもよいように、止水栓が設置されている場所や機能を知っておきましょう。

トイレの止水栓の機能

トイレの止水栓の主な機能は「トイレの水を止める」「水量を調節する」の2つです。

トイレの止水栓は通常開いた状態になっており、止水栓の開け具合によって水の供給量を調節できます。

トイレの止水栓がある場所

トイレの止水栓がある場所はトイレの種類によって異なりますが、トイレの床や壁面に設置されていることがほとんどです。タンクレストイレは、便器の中に止水栓が設置されている場合もあります。

多くの種類の止水栓は誰でも操作できる場所にあるため、トイレの中を確認してみましょう。温水便座の場合はウォシュレット用の止水栓が別に設置されているので、間違えないように注意してください。

トイレの止水栓を閉める理由

トイレの水が止まらない時など、修理をする際に止水栓を閉めて水を止めます。止水栓を閉めずに修理を始めてしまうと、トイレから水があふれてしまう危険性があります。

トイレが故障して修理業者を呼ぶ際など、一時的な処置として止水栓を止めるという方法もあります。

トイレの水の供給量を調節するために、止水栓を閉じる場合もあります。

トイレの止水栓の種類を紹介

トイレの止水栓には種類があります。自宅のトイレの止水栓の種類を把握しておけば、トイレのトラブルで止水栓を閉めるときにスムーズです。

代表的な止水栓の種類を3つ紹介します。

外ネジのマイナスタイプ

一般的なトイレで一番多いのが、止水栓部分が突起しているマイナス溝タイプです。時計回りに回すと止水栓が締まり、反時計回りで開けることができます。

マイナスドライバーで開閉することができますが、サイズが合わないドライバーを使用すると止水栓が変形してしまうことも。ホームセンターなどで購入できる水栓ドライバーを使用することをおすすめします。

内ネジのマイナスタイプ

マイナスタイプで回す部分がくぼんでいるタイプの止水栓です。外ネジのマイナスタイプと開閉方法は同じですが、突起していない分、少し締めにくくはなります。

止水栓を閉めるときは、溝にマイナスドライバーを差し込み、時計回りに回しましょう。

ハンドルタイプ

蛇口のハンドルと同じ形をしたタイプの止水栓です。

ハンドルタイプの止水栓のメリットは、回しやすいこと。手で握って力を入れれば回すことができるので、簡単です。

ただし、物がぶつかるといったちょっとした反動でもハンドルが動きやすいので、トイレの掃除の際など無意識のうちに開閉してしまうことのないよう注意してください。

トイレの止水栓を開閉する際の注意点

トイレの止水栓は簡単に開閉できます。しかし、無理に閉めようとしたり、適していない道具を使用したりすると、トラブルを招いてしまうこともあります。

  • 止水栓を回すために必要な道具
  • トイレの止水栓を閉めるときのポイント
  • トイレの止水栓を開けるときのポイント
  • トイレの止水栓で困ったら業者に相談しよう

以上の4点について解説しますので、覚えておいてください。

止水栓を回すために必要な道具

止水栓を回す際に必要な道具を紹介します。

  • ゴム手袋
  • タオル・雑巾
  • バケツ
  • マイナスドライバー(水栓ドライバー)

以上は水漏れなどのトラブルで止水栓を回す場合に、最低限あったほうがよいものです。

ハンドルタイプなど手で簡単に回せるものもありますが、作業中に水があふれる可能性もあるので、バケツや雑巾などがあれば安心です。

ナットが固くて止水栓が回らない場合は、ゴムハンマーなどで軽くたたくと動き出すことも。それでも回らない場合は、シリコングリスなどを使用する場合もあります。

トイレの止水栓を閉めるときのポイント

トイレの止水栓を閉める作業を始める前に、次の準備をしてください。

  1. 水の元栓を閉める
  2. ウォシュレットのプラグを抜く
  3. 止水栓を回す方向を確認

まずは、水漏れを防ぐために水の元栓を閉めておきましょう。元栓は玄関前など外に設置されていることが多いです。元栓を閉めてしまえば、家中の水道を止めることができます。

次にウォシュレットのプラグを抜き、安全を確保しましょう。プラグが刺さったまま水漏れが拡大すると、漏電する恐れがあります。

止水栓を閉める際は、回す方向を間違えないようにしてください。止水栓はどの種類も、時計回りに回すと止水できます

トイレの止水栓を開けるときのポイント

トイレの止水栓を開ける際は、一気に全開にしてしまわないようにしてください。タンク内の水位を確認しながら調節しないと、水があふれてしまう可能性があります。

どれくらい止水栓を開けて良いか不安という方は、止水栓を閉める際にドライバーやハンドルを回した回数を覚えておくとよいでしょう。そうすれば、開ける際に閉めた時と同じ回数回せば、適切な水量を供給できます。

トイレの止水栓で困ったら業者に相談しよう

トイレの止水栓でお困りの方で、自分で対処することが難しい場合はすぐに修理業者に相談しましょう。

止水栓を閉めてみたけど水漏れが止まらない場合、別の場所から水漏れが発生している可能性があります。また、止水栓の劣化などにより固くて回すことができない場合など、無理に止水栓を回そうとすると、さらなるトラブルに発展することも考えられます。

トイレの修理のプロである修理業者に依頼すれば、あっという間に原因を究明し、スピーディに作業を進めてくれるでしょう。

トイレの止水栓の修理料金相場

トイレの止水栓の修理を水道修理業者に依頼した場合の料金相場を紹介します。

基本料金0円~5,000円程度
止水栓からの水漏れ修理8,000円~10,000円程度
止水栓の部品交換8,000円~10,000円程度
出張料金0円~
見積もり料金0円~

止水栓の修理は簡単な作業であれば、低価格で依頼できます。しかし、部品が劣化した場合や、調査の結果、止水栓の故障でなかった場合、部品交換などで費用が発生します。

止水栓のトラブルによる修理の場合、15,000円~25,000円程度が修理費用の相場となるようです。

修理料金は状況や止水栓の種類によっても異なるため、まずは業者に見積もりを依頼してみましょう。適正価格で修理を依頼するためにも、複数の業者で相見積もりを取ることをおすすめします。

トイレの止水栓修理を業者に依頼したほうが良い場合

トイレの止水栓は素人でも簡単に回すことができますが、業者に修理を依頼したほうがスムーズに解決するケースもあります。

業者に依頼したほうが良いのはどのようなケースか、ひとつずつ解説します。

止水栓の種類が分からない

上記で止水栓の種類について説明しましたが、実際にトイレを見てみても自宅のトイレの止水栓がどのようなタイプか分からないという場合があります。

また、タンクレスなどで便器内に止水栓が設置されている場合など、自己判断で止水栓を回して良いか不安という方も多いでしょう。

そのような場合は、まず修理業者に修理を依頼してください。自己判断で対処すると、思わぬトラブルが発生する場合があります。

止水栓が固くて回らない

古い止水栓で長年回してない場合や部品が劣化している止水栓など、固くて回らないというケースがあります。ゴムハンマーでたたいたり、シリコングリスで潤滑にしたりするという手がありますが、それでも固くて回らないことも。

女性や高齢の方など力が弱い方では、止水栓を回すことが難しい場合もあるでしょう。

トイレの止水栓修理のプロに依頼すれば、専用の道具を持参して素早く対応してくれます。その際に劣化した部品などがあれば交換もしてもらえるので、トラブル解決までが非常にスムーズです。

トイレの止水栓が回らない方は、種類別に対処法をまとめた以下の記事もご参考ください。

止水栓が古く劣化が激しい

明らかに劣化が激しい止水栓の場合、素人判断で修理しない方が無難です。

修理業者に依頼すれば止水栓の状態を診断し、止水栓全体を交換またはゴムパーツやバルブなどの部品を交換してくれます。

トイレの止水栓のパッキンは、10年を目安に劣化していくと考えられています。それ以上古い止水栓であれば劣化による水漏れが考えられるため、業者に依頼して交換してもらいましょう。

水回りの修理に不慣れな方

水回りの修理に不慣れな方は、自分で判断をせずに修理業者に修理を依頼してください。

止水栓の修理には、専門的な知識や技術が必要です。もし自分で修理ができたとしても、その場しのぎの対処にしか過ぎずにトラブルが再発する恐れがあります。

止水栓の故障によって水漏れが悪化すると、トイレの床が水浸しになってしまうことも。そうなると床や壁の修繕費用など、かえってコストがかかってしまいます。

止水栓の修理に自信がない方は、迷わず修理業者に相談してみましょう。

トイレのトラブル時は慌てずに止水栓の種類をチェック

トイレの止水栓の種類と、開閉方法を紹介しました。

水漏れやメンテナンス時などトイレの止水栓を開閉しなければならないケースはありますが、ポイントを押さえて対処しないとトラブルを悪化させる原因にもなります。

止水栓の種類が分からずお困りの方、水回りの修理に自信がない方は、修理業者に相談してください。トイレのトラブルには素早い適切な対応が重要です。

当サイトトイレつまり修理受付センターでもトイレの止水栓修理業者を紹介していますので、修理業者をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。

自分で直すときは要注意!!失敗すると大変なことに…
今週のイチオシ業者

大阪・京都・奈良・兵庫・愛知等を対応エリアとするスイドウリペアは、多種多様なトラブルに対し、これまで培ってきた高い技術と豊富な経験・ノウハウを活かして、お客様ごとに最適な修理を行うことが可能。また “適正価格”を大切にし質の高いサービスの提供を実現している。

詳細を見る
今週のイチオシ業者

大阪・京都・奈良・兵庫・愛知等を対応エリアとするスイドウリペアは、多種多様なトラブルに対し、これまで培ってきた高い技術と豊富な経験・ノウハウを活かして、お客様ごとに最適な修理を行うことが可能。また “適正価格”を大切にし質の高いサービスの提供を実現している。

詳細を見る
トイレの止水栓の種類についてよくある質問
トイレの止水栓の種類を教えてください。

トイレの止水栓には

  • マイナスタイプ(内ネジ)
  • マイナスタイプ(外ネジ)
  • ハンドルタイプ

主に3つの種類があります。

トイレの止水栓の種類について

トイレの止水栓を開閉する際の注意点を教えてください。

止水栓の開閉ポイントを紹介します。

  • 止水栓の開閉に必要な道具
  • 止水栓を閉めるポイント
  • 止水栓を開けるポイント

止水栓を開閉する際の注意点

どのような場合に止水栓の修理を業者に依頼すればよいですか?

トイレの止水栓でお困りの場合は、修理業者に依頼するほうが良いケースもあります。

  • 止水栓の種類が分からない
  • 止水栓が固くて回らない
  • 止水栓の劣化が激しい
  • 水回りの修理に不慣れで不安

このような場合は、修理業者を検討してください。

止水栓の修理を業者に依頼するほうが良いケース

関連記事

症状から探す

直し方から探す

業者選びが面倒な方はこちらがおすすめ!最短5分で紹介

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

コンシェルジュに依頼する


トイレつまり修理業者:

【公式】トイレつまり修理受付センター