排水管トラブルの事例を紹介!原因から対処法まで解説付き

2022.07.05 2022.08.03

本記事では排水管で起こりやすいトラブル、その原因と対処法について解説します。

排水管内にはさまざまな付着物・堆積物が溜まりやすく、放置すればトラブルの原因になります。

そこで、どのようなトラブルが起こりやすいのか事例を紹介しながら、トラブルの原因や対処法、さらに予防策について解説します。

自分では対処できないときのために、業者への依頼方法や費用相場などもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水のトラブルサポートセンター

mizu support bnr2

「水のトラブルサポートセンター」では100万件以上に対応してきた経験と実績でトラブルを解決。料金については見積り0円、出張費0円、深夜割増も0円で対応している。また、当社では外的要因による故障や不具合などの心配がないよう、1年~5年の無料保証制度を設けているので安心して利用できる。

詳細を見る

業者選びが面倒な方はこちらがオススメ!無料コンシェルジュに依頼する!水道修理コンシェルジュにトラブル内容をお伝えするだけで お客様の希望通りのオススメ水道業者を最短5分でご紹介いたします。

circle ttl

050-7562-0650

受付時間 8:00〜21:00

concierge tel sp

concierge line

concierge mail

man ttl01

排水管で起こる主なトラブル

排水管

キッチンやお風呂などで使用した水は、排水管を通って公共下水道へと流れていきます。このとき、排水管にトラブルが起こっていると、生活にさまざまな影響が出てしまいます。

どのような影響が出るのか、排水管で起こる主なトラブルをチェックしておきましょう。

水の流れが悪い・流れない

排水管内はつまりが起こりやすい場所でもあります。つまりの原因となるのは、生活で出るさまざまな汚れです。

例えば、キッチンであれば「食材のカス」や「油分」などが挙げられます。流れ切れず排水管内に汚れが蓄積し、水の通りを悪くします。

排水するのに時間がかかる、シンクに水が溜まり一向に流れない、などのトラブルが起こるでしょう。

逆流して水があふれる

排水管内のつまりを放置すると、通常よりも水の流れが悪くなり、さらに汚れは付着しやすくなります。つまりが悪化すると、行き場を失った水は逆流してあふれ出します。

場合によっては、家の中が水浸しになってしまう恐れも…。

つまっていない状態でも、トイレットペーパーを大量に流してしまったり、異物を誤って落としてしまったりすると、排水管内にフタがされて水が通れなくなります。なるべく水やお湯以外のものは流さないよう、気を付けることが大切です。

悪臭が発生する

排水管内の汚れが腐敗したり雑菌が繁殖したりすると、悪臭が発生します。ヘドロのような生臭い異臭は、不快なだけでなく不衛生でもあります。

特に、密閉空間にあるお風呂場は、臭いを感じ取りやすい場所です。日中の疲れを癒すはずが、悪臭が漂えば妨げられてしまうでしょう。

排水管トラブルが起こる原因とは?

悪臭

排水管トラブルが起こるのには、主に以下4つの原因が考えられます。

  • 排水管内がつまっている
  • 植物の根が排水管内に侵入している
  • 排水管が破損している
  • 排水管の傾斜が逆になっている

稀なケースもありますが起こる可能性は十分にあるので、それぞれチェックしておきましょう。

排水管内がつまっている

水の流れが悪い、逆流するなどの排水不良の主な原因は、排水管内の「つまり」によるものです。汚れが溜まっていたり、異物が混入していたりすると、うまく排水できなくなります。

具体的にどのような汚れが溜まりやすいのか、場所別にチェックしておきましょう。

場所 排水管内の汚れ
キッチン 食材のカス・洗剤の残りカス・油分など
トイレ トイレットペーパー・便・吐しゃ物など
浴室 髪の毛・皮脂・石けんカス・カビなど
洗面所 歯磨き粉・整髪料の油分など
洗濯機 洋服の繊維・糸くず・髪の毛・ホコリ・
洗剤カス・ティッシュなど

いずれも日常生活の中で出やすい汚ればかりです。小まめに掃除して、汚れを溜めないことがポイントになります。

植物の根が排水管内に侵入している

植物

敷地内に植物(主に木)を植えている場合、植物の根が排水管トラブルの原因になっている可能性があります。排水桝と排水管のつなぎ目から侵入し、排水管内に根を張り巡らされている状態です。

植物は思っている以上に力が強く、根も遠くまで伸びます。また、排水管内に侵入した植物は、適度に水分を供給できるので、スクスクと成長することでしょう。水の流れは悪くなり、次第につまりを引き起こします。

排水管が破損している

排水管が破損している可能性も考えられます。地震や強風などにより外部から強い力が加わると、建物は揺れることで吸収しています。しかし、このときに生じる揺れは土の中にある排水管にも伝わっており、老朽化などでもろくなっていると排水管は破損する恐れがあるのです。

また、駐車スペースの下に排水管が埋まっている場合は、車が出入りするときに生じる微振動が長期間加わったことで破損するケースもあります。

排水管の傾斜が逆になっている

排水管は通常、滑り台のように上から下へと流れるように設置されています。しかし、何らかのトラブルによって傾斜が逆になると、公共下水道へと排水されるはずの水が押し戻されてしまいます。

「水が流れない」「逆流する」といった排水不良を引き起こすでしょう。

傾斜が逆になる主な原因は、長期間の大雨による地盤の緩みと排水管の老朽化、さらに地震や台風など強い力が加わり地中が動いたことによるものです。排水管が破損する原因とほぼ同じです。

排水管トラブルの対処法

排水管トラブルの対処は、自分でできる場合と業者に依頼すべき場合があります。

どのようなケースなら自分で対応できるのか、そして状態を悪化させないためにも、業者に依頼すべきケースも押さえておきましょう。

自分でできる「つまり」対処法

排水管の掃除

自分で対処できるのは、軽度のつまりです。3つの対処法を紹介するので、「水の流れが悪い」「排水口からコポコポと音がする」というときに試してみてください。

ワイヤーブラシで汚れを落とす

ワイヤーの先端にブラシが付いた、排水管の洗浄アイテムを使った対処法です。ワイヤーブラシを出し入れしたり、クルクルと回したりすることで排水管内にこびりついた汚れを落とせます。

排水管内の湾曲している部分より奥には入り込めないので、排水口に近いところを掃除したいときにおすすめです。ブラシに汚れが付かなくなるまで洗いましょう。

ラバーカップ(すっぽん)を利用する

ラバーカップ

水に溶けないものや大量のトイレットペーパーを流してしまい、つまりが起きたときはラバーカップで吸引しましょう。使い方は以下のとおりです。

  1. ラバーカップを便器または排水口に密着させる
  2. ゆっくり押して、すばやく引く
  3. つまりが解消するまで2を繰り返す

また、ラバーカップを使用するときは、ある程度の水位が必要です。ラバーカップが浸るくらいの水位がない場合は、バケツや洗面器などで水を足すようにしましょう。

パイプクリーナーを流し入れる

市販のパイプクリーナーを活用すると汚れを分解し、つまりを解消できます。

  1. 排水口のフタやゴミ受けなどを外す
  2. 規定量のパイプクリーナーを排水管内に流し入れる
  3. 規程の時間放置する
  4. ブラシなどで軽く洗い、水を流す
  5. 排水口のフタやゴミ受けなどを元に戻す

排水管内に油分が頻繁に流れやすいキッチンは、週に1回を目安に活用するのがおすすめです。小まめに掃除することで、衛生的に保てるようになります。

またパイプクリーナーを洗い流す際は、40~50℃のお湯を利用すると、さらに汚れが落ちやすくなり効果的です。ぜひ試してみてください。

業者に依頼するトラブル

業者に依頼

業者に依頼する排水管トラブルは、以下のとおりです。

  • 重度のつまり
  • 植物の根が排水管内に侵入している
  • 排水管が破損している
  • 排水管の傾斜が逆になっている

基本的に、排水管の修繕工事ができるのは、水道局指定工事店として認められている業者のみです。個人はもちろん、非指定工事店が行うのも認められていません。

また、軽度の症状であっても、自分で対応できる自信がないときは、最初から業者に依頼するのが無難です。自分で対応した結果、状態を悪化させてしまうこともあります。余計な出費がかかる恐れがあるので、業者に頼ったほうが安心です。

排水管トラブルに対応している業者

排水管トラブルが起きたとき、どのような業者に依頼すべきでしょうか?適切に依頼できるよう、対応している業者と費用相場をチェックしておきましょう。

どこに依頼すべき?

配管工事や修理、水まわりの設備の設置や交換などを専門に扱う「水道修理業者」や「トイレつまり修理業者」に依頼すべきです。

地域によっては、便利屋や設備屋といった業者もあるでしょう。しかし、排水管のトラブルに対応するためには、専門の知識と経験、そして対応するための設備・機械が必要です。

便利屋や設備屋では対応できないことがほとんどなので、専門職の水道修理業者、またはトイレつまり修理業者に依頼するようにしましょう。

トラブル別の費用相場

排水管トラブルには、つまりや破損などがあります。業者に依頼した際にかかる費用相場を、トラブル別にチェックしておきましょう。

工事内容 解決できること 費用相場
高圧洗浄 ・つまり解消
・排水管内の汚れ除去
20,000円~30,000円
排水管の工事 ・劣化・破損した排水管の交換 22,000円~
排水桝の交換 ・劣化・破損した排水桝の交換 35,000円~

簡単なつまり除去であれば数千円で収まりますが、薬剤や機械を使用するほどの大掛かりな工事になると20,000円以上になることがほとんどです。

逆に、高圧洗浄や排水管工事を数千円でできると宣伝している業者は、あまりにも安すぎるので注意したほうがよいでしょう。

業者を選ぶときに確認すべき4つのポイント

排水管トラブルに対応しているのであれば、どんな業者を選んでもよいわけではありません。中には、悪徳業者と呼ばれる業者が少なからずいるのも事実です。

そこで、業者を選ぶときのポイントを押さえておきましょう。

水道局指定工事店であることを確認する

水道局指定工事店とは、各自治体の水道局から「給水・排水装置工事を適切に行える」と認められている工事店のことです。

国家資格をもつ者が在籍していること、適切に工事するために必要な設備や道具が揃っていることなど、いくつかの条件をクリアしている業者のみが指定工事店として認定されます。

一方の非指定工事店は、対応できるトラブルが限られており、排水管の新設や増設、修繕などは行えません。また、技術や整備に関しても、指定工事店よりも劣っている可能性は高いので、最初から指定工事店を選ぶのが無難といえます。

※指定工事店であるかどうかは、各自治体の水道局の公式HPで確認できます。

会社概要を確認する

業者の公式HPで会社概要を確認しましょう。きちんとしている会社なら設立日や従業員数、本社の住所、代表者の名前、事業内容などが書かれているはずです。

また、確認するだけでなく、グーグルマップで住所を検索したり、電話したりするなど、記載されている内容が本当かどうか調べると、なお良いでしょう。

「会社概要が載っていない」「住所や代表者が分からない」という場合、トラブルが起きたときに追及する先が不明確になるので、関わらないのが賢明です。

料金表を確認する

見積り

多くの業者は公式HPに料金表を掲載しています。どのくらいの料金になるのか、事前に確認したいときに便利です。ただし、以下のような料金表を提示している業者には注意が必要です。

  • 他社と比べてあまりにも安すぎる
  • 「〇〇円!」と断言している
  • 料金の内訳があやふや

排水管トラブルは、現場を見てみないと正確な金額は分からないことがほとんどです。そのため、多くの業者では「〇〇円~」と掲載しています。金額を言い切っている業者は、「このケースは〇〇円だね」と言われる可能性は高いでしょう。

また料金には、基本料金のほかにも出張費や作業費、時間外の追加料金などが含まれます。業者で提示する料金にはどこまで含まれているのか、内訳が分からないと予想以上に高額になることも…。

特に、相見積もりを取って業者を比較したい人は、出張費・見積もり費・キャンセル費は無料かどうか、必ず確認しておきましょう。

口コミを確認する

口コミには実際に利用した人たちのリアルな感想が書かれています。スタッフの対応や手際の良さなどは、利用した人だからこそ分かる部分でもあります。

口コミには良い内容もあれば、悪い内容もあるでしょう。具体的にどんなところが悪いと評価されているのかを事前に知ることで、安心して依頼できる業者かどうか判断しやすくなります。

なお、当サイト水道修理のセーフリーでは水道修理業者の口コミを多数掲載しています。実際に利用した方々の口コミを載せているので、ぜひ参考にしてみてください。

排水管トラブルは未然に防げる?

掃除 排水管

排水管トラブルが起こると、水が出なくなったり逆流したり、生活に大きな支障をきたします。大きなトラブルへと発展する前にできることはないのか、ここで確認しておきましょう。

普段からできること

普段から少し心がけてみるだけで、排水管トラブルは起こりにくくなります。場所別に紹介するので、参考にしてみてください。

場所 心がけ・意識すること
トイレ ・トイレットペーパーを一気に流さない

・便は「大」のレバーで流す

・吐しゃ物は流さない

・ペット用のトイレ砂は流さない
(ペットの毛がつまりの原因になることも)

キッチン ・皿や鍋などについた油はキッチンペーパーで拭き取る

・食材カスは流さない

浴室 ・髪の毛が流れないようヘアキャッチャーなどを使う

・定期的にパイプクリーナーを使用する

洗面台 ・髪の毛や異物が流れないようにする

業者の高圧洗浄でメンテナンスを

高圧洗浄とは水を勢いよく噴射し、排水管にこびりついた汚れを洗い落とす作業のことです。外壁や車の汚れ落としを目的とした家庭用のものもありますが、業者が使用する高圧洗浄機は勢いがよく、汚れをよりしっかりと落とせます。

一戸建ての場合は、3~5年に1回は高圧洗浄でのメンテナンスがおすすめです。こまめに掃除をしていても、油や石けんカスなどの汚れは排水管内で溜まり、つまりを引き起こします。重度のつまりになる前に、高圧洗浄でメンテナンスをしておくと安心です。

排水管トラブルの対処にお困りなら

排水管を通る水には、油分や食材カス、石けんカス、髪の毛などさまざまな汚れも含まれています。何の対処もしないまま使い続ければ、つまりや逆流、悪臭などのトラブルが起きるでしょう。

トラブルが起きたときは、自分でできることは限られるので、業者に依頼するのが安心です。

業者を選ぶときは水道修理のセーフリーを利用するのがおすすめです。紹介する業者は優良業者のみなので、安心して任せられる業者が見つかりやすくなっています。

口コミやお得な情報も紹介しているので、ぜひ利用してみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水のトラブルサポートセンター

mizu support bnr2

「水のトラブルサポートセンター」では100万件以上に対応してきた経験と実績でトラブルを解決。料金については見積り0円、出張費0円、深夜割増も0円で対応している。また、当社では外的要因による故障や不具合などの心配がないよう、1年~5年の無料保証制度を設けているので安心して利用できる。

詳細を見る

排水管トラブルに関するよくある質問

  • 排水管で起こるトラブルには何がありますか?

    起こりやすいトラブルは、主に以下の3つです。

    • 水の流れが悪い・流れない
    • 逆流して水があふれる
    • 悪臭が発生する

     

    排水管で起こる主なトラブルを見てみる

  • 排水管トラブルが起きたとき、どのように対処するとよいですか?

    基本的に、自分で対処できる排水管トラブルは軽度のつまりのみです。軽度のつまりが起きたときは、以下の方法で対処できます。

    • ワイヤーブラシで汚れを落とす
    • ラバーカップ(すっぽん)を利用する
    • パイプクリーナーを流し入れる

    排水管トラブルの対処法を見てみる

    なお、重度のつまりや、つまり以外の排水管トラブルに関しては、業者に依頼するのが無難です。

  • 業者を選ぶときにチェックすべきポイントはありますか?

    業者を選ぶときは、水道局指定工事店であることを前提とし、以下3つのポイントもチェックしておきましょう。

    • 会社概要
    • 料金表
    • 口コミ

    安心して任せられる業者を絞り込みやすくなります。

    業者を選ぶときに確認すべきポイントを見てみる

対処法

    排水管

      あなたの身近な水道修理業者を徹底比較

      お住まいの都道府県
      トラブル箇所
      お支払い方法
      重視すること(複数選択可)

      お困りの場所から探す

      【公式】水道修理のセーフリー