今スグ頼める優良業者

1d810373eb29bacd2dd9ab03674d42af

【原因別】トイレつまりに有効な市販の薬剤!使い方や注意点

2022.03.18 2022.03.18

トイレつまりを市販の薬剤で解消する方法を紹介します。

しかし、トイレつまりの原因によって適した薬剤は異なるので、状況に応じた使い分けが必要です。

また、トイレつまりの状況によっては、市販薬剤では対応できないケースもあります。

そこでここでは、トイレつまりを解消できる市販の薬剤を、症状別に紹介します。下準備や使い方、注意点などをお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

業者選びが面倒な方はこちらがオススメ!無料コンシェルジュに依頼する!水道修理コンシェルジュにトラブル内容をお伝えするだけで お客様の希望通りのオススメ水道業者を最短5分でご紹介いたします。

circle ttl

050-7562-0600

受付時間 8:00〜21:00

concierge tel sp

concierge line

concierge mail

man ttl

トイレつまりを解消できる市販薬剤は原因で異なる

市販薬剤原因

トイレつまりを解消できる市販薬剤は、つまりの原因によって使い分ける必要があります。

トイレつまりの原因に見合わない市販薬剤を使っても、十分な効果が得られない可能性があるので注意が必要です。

ここでは、トイレつまりの原因別に、市販薬剤について説明します。

軽度のトイレつまり

トイレつまりの原因がトイレットペーパーまたは排泄物で、水の流れが悪いような軽度のトイレつまりであれば

  • 重曹と酢(またはクエン酸)
  • 食器用の中性洗剤

で解消することが可能です。

重曹と酢(またはクエン酸)は、混ぜると中和反応によって発泡し、その泡がトイレつまりの原因を浮かせたり、分解したりすることができます。

食器用の中性洗剤の場合は、ぬるま湯(50℃程度のお湯)と一緒に使うことでトイレつまりの原因を取り除くことが可能です。

また、中性洗剤は、付着から間もない汚れであれば、アルカリ性・酸性問わず落とすことができ、他の市販薬剤と混ぜても有毒ガスが発生しない安全性もあります。

重度のトイレつまり

排水しても水が逆流するような重度のトイレつまりの場合は、強アルカリ性で以下を配合している専用薬剤を用意する必要があります。

  • 次亜塩素酸ナトリウム
  • 水酸化ナトリウム

このような重度のトイレつまりを解消できる薬剤は、トイレットペーパーや排泄物だけではなく、髪の毛や嘔吐物といったタンパク質も溶かすことが可能です。

なお、トイレットペーパーや排泄物が原因の場合は、酸性の薬剤よりもアルカリ性の薬剤の方が適しています。

ただし、重度のトイレつまりを解消できる専用薬剤は、取り扱い注意なプロユースのものが多く、市販されていないケースもあります。市販の薬剤を試して駄目ならば、他の方法を検討しましょう。

尿石によるトイレつまり

尿石が配管に付着すると水流が悪くなり、トイレつまりの原因となる場合があります。

尿石は、尿に含まれるカルシウムイオンが固まったアルカリ性の汚れなので

  • 酸性洗剤(サンポールやデオライトL)

などの市販薬剤が適正があります。

これらの市販薬剤は、ホームセンターやドラッグストアで手軽に入手でき、尿石の除去以外にトイレの黒ずみや臭いを防ぐ効果も期待できます。

固形物によるトイレつまり

水に溶けない固形物でトイレつまりを起こしている場合、市販薬剤を使っても効果はありません。

スマートフォンやスポンジ、歯ブラシなどの固形物は、市販のトイレつまりを解消する薬剤で溶かすことはできないので、ゴム手袋などをはめて配管に手を突っ込み、固形物を取り出すなどの方法を試すと良いでしょう。

しかし、無理をすると固形物が奥に移動し、トイレつまりを悪化させることも考えられます。自分の手に負えないと思った時には、素直に水道修理業者に依頼しましょう。

市販薬剤でトイレつまりを解消する際の下準備

市販薬剤下準備

市販薬剤を用いてトイレつまりを解消する際に、必ず下準備を行うようにしましょう。

下準備を行えば、作業がスムーズになるばかりでなく、市販薬剤を安全に使うことができるからです。

そのため、作業の前には以下の準備を行いましょう。

1.止水栓を閉める

市販薬剤を用いてトイレつまりを解消する前には、水漏れなどを防止して作業性を向上させるために、止水栓を閉めましょう。

止水栓はトイレタンクに繋がる水管の根本付近に位置し、ネジが付いているので、ドライバーなどで時計回りに閉めることができます。

ただし、止水栓を閉める場合は、元の水量と同じにするためにも、回した回数を覚えておくようにしましょう。

2.電源プラグを抜く

市販薬剤を用いてトイレつまりを解消する前には、感電防止のためにシャワートイレや温水洗浄便座の電源を切るようにしましょう。

また、電源を入れたまま作業を行うと、電気系統の故障の恐れも考えられます。そのため、トイレつまり解消の作業を行う際には、あらかじめ電源プラグを抜いてから作業を行ってください。

3.換気をする

市販薬剤を用いてトイレつまりを解消する前には、換気扇を回したり、窓を開放したりするなど、換気のよい状態をつくっておきましょう。

市販薬剤の中には、薬剤の臭いがきついものや人体に有毒なものもあります。また、誤って薬剤を混ぜてしまうと、有害ガスの発生も懸念されるのです。

なお、可能であれば2ヶ所以上の窓を開けると、より換気のよい状態を作り出すことができます。

4.トイレつまりの原因を確認

トイレつまりを市販薬剤で解決するには、つまりの原因に適した市販薬剤を用いる必要があります。

トイレットペーパーや排泄物による軽度のトイレつまりなら中性洗剤または重曹と酢(クエン酸重度のトイレつまりならアルカリ性の薬剤が、尿石が原因ならば酸性の薬剤が適しています。

ただし、基本的に市販薬剤で解決できるのは、軽度のトイレつまりだけと考えておいた方が無難です。

特に、重度のトイレつまりに必要な薬剤は、取り扱いが難しく、使用方法を誤るとトイレつまりがかえって悪化する場合もあります。市販薬剤でトイレつまりが解消しない場合は、別の方法を検討しましょう。

市販薬剤でトイレつまりを解消する際の注意点

市販薬剤注意点

トイレつまりを解消する市販薬剤は、取り扱いを誤ると人体に悪影響をもたらします。

安全に市販薬剤を使用するためにも、以下のポイントを押さえて作業を行ってください。

市販薬剤の説明書・成分を確認しておく

トイレつまりを解消する市販薬剤には、強力な薬剤を用いたものもあり、取り扱いを誤ると怪我やトイレの配管を傷めてしまうことがあります。

トイレつまりを解消したいがために、つい市販薬剤を多く使用してしまいがちですが、作業を行う前に市販薬剤の説明書・成分を確認しておきましょう。

また、市販薬剤同士を混ぜると有毒ガスが発生する恐れも考えられます。そのため、取扱い上の注意点はしっかりと確認しておくことが重要です。

市販薬剤同士を混ぜない

トイレつまりを解消する市販薬剤の中には、薬剤同士を混ぜると化学反応を起こして、有毒ガスが発生することがあります。

代表的なものとしては

  • 酸性の薬剤と塩素系漂白剤を混ぜる→塩素ガス・硫化水素ガスといった有毒ガスが発生
  • 強アルカリ性の薬剤をアルミ缶に移し替えた→化学反応によって容器が破裂

があり、有毒ガスが発生する薬剤には「混ぜるな危険」と注意書きされているケースが多いです。しかし、中には表記されていない薬剤もあるので、基本的に市販薬剤は混ぜないようにしましょう。

また、トイレつまりを解消する市販薬剤を使用する際には、安全のためにドアや窓を2ヶ所以上開けて換気を行って作業することも重要です。

市販薬剤で必ずしもトイレつまりは解消しない

トイレつまりを解消する市販薬剤を使用したとしても、必ずしもつまりが解消するとは限りません

重度のトイレつまりの場合やつまりの原因に見合わない市販薬剤を使う場合は、どんなに強力な市販薬剤であってもトイレつまりが解消しないことも考えられるのです。

そのため、トイレつまりを解消する市販薬剤を使用しても、効果が得られないことも念頭に入れ、市販薬剤に頼りすぎず、別の方法も検討しましょう。

トイレつまりに有効な市販薬剤と使い方

市販薬剤使い方

ここでは、トイレつまりを解消させるのに有効な市販薬剤を紹介し、その使い方と手順について説明します。

トイレつまりの原因によって使い分けると効果的なので、目的に適した市販薬剤を使用してください。

重曹と酢(またはクエン酸)

重曹と酢(またはクエン酸)は、それぞれ弱アルカリ性と酸性の性質を持っています。混合すると中和反応で発泡し、トイレつまりの原因となっている汚れを浮かせ、落としやすくすることが期待できます。

用意するもの

  • 重曹:1/4カップ(50ml)
  • 酢(またはクエン酸):1/2カップ(100ml)
  • 50℃程度のぬるま湯(便器の半量程度)
  • バケツ
  • コップ

手順

  1. 水位が高い場合、便器内の汚水をコップでバケツに汲み出す
  2. 便器内の水が溜まっている部分に重曹を入れる
  3. 酢(またはクエン酸)を入れる
  4. ぬるま湯を便器の半分程度まで注ぐ
  5. 発泡した状態で1時間程度浸け置きする
  6. バケツに水を入れ、やや高めの位置から水を便器に流し入れる
  7. 6で水が便器内から流れていくならつまり解消

重曹と酢(またはクエン酸)の使用量を間違えると、便器内から溢れ出すこともあるので注意が必要です。

食器用洗剤

付着したばかりの汚れによってトイレつまりが発生しているならば、食器用洗剤も有効です。

酸性・アルカリ性いずれの汚れも落とすことが可能なので、水の流れが悪いようなトイレつまりならば使用してみることをおすすめします。

用意するもの

  • 食器用洗剤:約100cc
  • 50℃程度のぬるま湯(便器の半量程度)
  • バケツ
  • コップ

手順

  1. 水位が高い場合、便器内の汚水をコップでバケツに汲み出す
  2. 食器用洗剤約100ccを便器内に入れる
  3. ぬるま湯を便器の半分程度まで注ぐ
  4. 20~30分程度度浸け置きする
  5. トイレの水を流す
  6. 5で水が便器内から流れていくならつまり解消

トイレつまりに有効な中性洗剤としては、チャーミーグリーンやママレモンなどがあります。

サンポール

酸性洗剤として有名なサンポールは、尿石などのアルカリ性の汚れによる軽度のトイレつまりに有効な市販薬剤です。

用意するもの

  • サンポール
  • ゴム手袋やマスク
  • 灯油ポンプ
  • トイレブラシ

手順

  1. 換気を行い、ゴム手袋やマスクを付ける
  2. 便器内の水を灯油ポンプで抜く
  3. 尿石の汚れ部分にサンポールをかける
  4. トイレブラシでこする
  5. 汚れが酷い場合は1時間程度浸け置き
  6. 水を流して完了

トイレつまりに限らず便器の黒ずみなど、日頃の清掃にも使い勝手が良いので、常備しておくのも悪くありません。

サンポールを使ったトイレつまりの直し方、注意点は以下の記事で詳しく解説しています。

デオライトL

デオライトとは酸性の尿石除去を行う市販薬剤で、排水管が尿石でつまったような状態でも効果を発揮してくれます。

デオライトにはいくつか種類があり、デオライトLであればインターネットなどでも購入が可能です。

用意するもの

  • デオライトL
  • ゴム手袋
  • 灯油ポンプ
  • バケツ
  • トイレブラシ

手順

  1. 便器内の水を灯油ポンプで汲み出す
  2. 便器にデオライトLを注ぎ入れ、漬け置きする
  3. トイレブラシでこすり、水を流す

デオライトLでトイレつまりを直す方法は、以下もご参考ください。

市販薬品を使わないトイレつまり解消法

トイレつまりを解消する方法は、市販薬剤を用いたものだけではなく、ラバーカップも有効です。

いわゆる「スッポン」と呼ばれる物で、トイレットペーパーや排泄物によるトイレつまりを物理的に解消してくれるので、軽度のトイレつまりならほぼ解消できます。

1,000円以下で手に入れることができますので、家にない場合は常備しておくことをおすすめします。

トイレつまりにパイプユニッシュやピーピースルーは有効?

トイレつまり有効

パイプユニッシュやピーピースルー。いずれも市販薬剤で配管の汚れを効果的に落とすことで有名ですが、トイレつまりの場合でも有効なのでしょうか。

ここでは、パイプユニッシュやピーピースルーがトイレつまりに関して有効か否かを解説します。

パイプユニッシュは髪の毛・油汚れに有効

パイプユニッシュは強アルカリ性の市販薬剤で、配管のつまりを解消することで知られています。

髪の毛・食べ物カスといったタンパク質を分解することは可能ですが、トイレつまりの原因となる尿石などは汚れの種類が異なるので、トイレつまりを解消することはできません

なお、トイレットペーパーや排泄物が原因のトイレつまりならば、つまりをほぐれやすくする効果は期待できます。

基本的にはトイレつまり専用の市販薬剤を使用し、パイプユニッシュは補助的に使うようにしましょう。

ピーピースルーはトイレつまりには不向き

ピーピースルーは、マスメディアでも取り上げられたことがある、プロユースの市販薬剤として有名です。

薬剤として市販されているものは、ピーピースルーF(アルカリ性顆粒状)、ピーピースカット(アルカリ性液状)があります。

いずれも粘着性の油脂タンパク汚れ・有機物を効果的に溶かす排水管洗浄剤で、トイレつまりの原因となるトイレットペーパーや排泄物とは汚れの質が異なるので、トイレつまりを解消させるには向きません。

また同様に、尿石が原因のトイレつまりにも向いていませんので、トイレつまり専用の市販薬剤を購入しましょう。

トイレつまり防止の方法と市販薬剤

市販薬剤防止

トイレつまりのトラブルは、日頃から予防策を講じていれば未然に防ぐことができます。

トイレつまりで困らないためにも、ここではトイレつまりを予防するポイント、および市販薬剤を使ったトイレつまりの予防法を紹介します。

トイレつまりの兆候を見逃さない

トイレつまりを防ぐには、日頃からつまりの兆候を見逃さないことが重要です。

トイレつまりの兆候としては

  • 水を流した時に水位が高くなり下がらない→排水管・便器に何かがつまっている
  • 水を流した時に水位が高くなり水が徐々に減る→つまっているが排水管・便器に隙間がある
  • 水を流した時「ボコボコ」「コポコポ」といった音がする→トイレつまりの可能性

などが挙げられ、これらの兆候が現れたら、すぐに市販薬剤などでトイレつまりを解消するようにしましょう。

トイレットペーパーの流し過ぎに注意

トイレットペーパーは水に溶ける性質があるものの、一度に大量に流すとトイレつまりを引き起こしてしまいます

そのため、一度に流すトイレットペーパーは適量にし、使いすぎた場合は数回に分けて流すようにしましょう。

行き過ぎた節水対策はしない

トイレを使用した時に、節水対策として水栓レバーの「小」を使用している人もいるかもしれません。

また、トイレタンクにペットボトルを入れ、タンク内の水位を高めるような節水対策もあります。

いずれも、節水対策としては有効な手段かもしれませんが、適切な水量でトイレットペーパーや排泄物を流さないと、トイレつまりを引き起こしてしまいます

また、適切な水量でトイレの水を流さないと、部品の破損なども招いてしまうので、行き過ぎた節水対策は避けましょう。

市販薬剤でトイレつまりを防止しよう

トイレつまりを防止するためにも、日頃から市販薬剤を用いてメンテナンスすることをおすすめします。

トイレつまりを防止する方法としては

  • 重曹と酢・中性洗剤→浸け置き洗いする
  • 強アルカリ性の市販薬剤→尿石の付着を防ぐ
  • サンポール→日頃から尿石除去を行う

が有効です。

また、市販薬剤のMAIN LINEは、天然のバクテリアを用いたトイレつまり予防薬剤なので、排水管や浄化槽を傷める心配もなくおすすめできます。

トイレつまりの状況によって市販薬剤を使い分けよう

市販薬剤使い分け

トイレつまりに有効な市販薬剤を紹介しました。

トイレつまりの原因ごとに市販薬剤を利用すれば、トイレつまりを解消できますが、日頃のトイレメンテナンスもしっかりと行いましょう。

また、市販薬剤で解消できないトイレつまりは、水道業者に依頼する方が賢明です。

セーフリーでは、トイレつまりに迅速に駆けつけてくれる水道修理業者を多数紹介しています。幅広いトイレつまりに対応できるので、市販薬剤でトイレつまりを解消できない場合は、ぜひ検討してみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

トイレつまりの市販薬剤に関するよくある質問

あなたの身近な水道修理業者を徹底比較

お住まいの都道府県
トラブル箇所
お支払い方法
重視すること(複数選択可)

【公式】水道修理のセーフリー