洗面台下から水漏れしている原因は?知っておきたい対処法を紹介!

2022.08.09 2022.08.26

洗面台下から水漏れする原因と対処法を紹介します。

使用頻度が高い洗面台は、水漏れトラブルが起きやすい場所です。突然水漏れが起きると慌ててしまいますが、原因と水漏れ箇所が特定できれば、自分で対処することも可能です。

この記事では、洗面台下の水漏れの原因と対処法をまとめました。賃貸のケースや修理料金の相場も紹介していますので、洗面台下の水漏れでお困りの方は参考にしてみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

業者選びが面倒な方はこちらがオススメ!無料コンシェルジュに依頼する!水道修理コンシェルジュにトラブル内容をお伝えするだけで お客様の希望通りのオススメ水道業者を最短5分でご紹介いたします。

circle ttl

050-7562-0650

受付時間 8:00〜21:00

concierge tel sp ▲受付時間 8:00〜21:00

concierge line

concierge mail

man ttl02

洗面台下の水漏れの原因

24611234 s

洗面台下の水漏れは、水漏れ箇所によって原因が異なります。まずは、場所別に洗面台下の水漏れの原因を見ていきましょう。

給水栓(蛇口)からの水漏れ

給水栓(蛇口)からの水漏れは、蛇口本体の中にあるパッキンやバルブカートリッジなどの劣化が考えられます。パッキンは配管のつなぎ目の隙間を埋める役割がありますが、劣化すると隙間ができてしまい、水漏れすることがあります。

バルブカートリッジは水量や温度を調節するパーツです。シングルレバー混合水栓の内部にあるので、シングルレバー水栓で水漏れが起こっているときは、バルブカートリッジの劣化を疑いましょう。

排水トラップからの水漏れ

排水トラップは洗面台の下にあるS字になった管です。排水トラップには下水管の悪臭や害虫が上がらないようにするための役割があり、S字の部分に水がたまるようになっています。

収納スペースになっている部分にあるため、水漏れしていても気づきにくい場所です。排水トラップでの水漏れは、管のつなぎ目から起こることが多いでしょう。

つなぎ目で水漏れしているときは、ナットのゆるみかパッキンの劣化が原因です。それ以外には、排水パイプのつまりや破損の可能性もあります。

排水管からの水漏れ

排水管からの水漏れは、ナットのゆるみやパッキンの劣化が原因です。排水管が金属の場合は、腐食によって穴が開いていることもあります。寒い地域では内部の水が凍って、排水管に亀裂が入ることもあるでしょう。

破損や劣化が見つからない場合は、排水管のつまりが原因で水漏れしている可能性もあります。床部分で水漏れすると修理が難しいので、修理業者に相談したほうが良いでしょう。

洗面台下の水漏れ箇所を見つける方法

23042426 s

洗面台下で水漏れを発見したときは、早急に水漏れ箇所を見つける必要があります。

水漏れ原因を特定するときは、洗面台下の収納スペースで作業をします。水漏れの原因を見つけやすいように、収納スペースの中のものをすべて取り出してください。

水漏れを見つける手順

まずはバケツとタオルを用意してください。

  1. 洗面台下の収納扉を開けて、中に収納しているものを取り出す
  2. 排水トラップの下に、タオルとバケツを置く
  3. 洗面台の水を流す
  4. 給水栓・蛇口回りやホース・排水トラップ・排水管をチェックする

以上が洗面台下の水漏れを見つける手順です。

準備をしたら洗面台の水を流し、水漏れ箇所を特定してください。バケツで水が受けきれない場合に備えて、タオルは多めに用意しておくと安心です。

洗面台下のタンクもチェック

洗面台下には水受け用のタンクが設置されています。タンクはホースを伝ってくる水を受ける役割があります。

通常は自然に蒸発する量しか水は落ちないため、タンクに大量の水が溜まっているときはどこかで水漏れしている可能性があります。

タンクに水が溜まっているときは、タンクの水を抜いて水が溜まっている原因を探しましょう。

水漏れ箇所が特定できないとき

水漏れ箇所が特定できないときは、床下の排水管から水漏れしている可能性があります。床下の排水管のつまりが原因で水漏れしているときは、自分で修理するのは難しいでしょう。

洗面所の床が一面水浸しになっているときは、洗面台が原因でない場合もあります。その場合、至急対処する必要があるので、すぐに水道修理業者に連絡してください。

洗面台下の水漏れの対処法

マイナスドライバー

洗面台下で水漏れしたときは、すぐに対処する必要があります。ここからは水漏れの対処方法を紹介しますので、洗面台下の水漏れでお困りの方は、すぐに試してみてください。

排水パイプや給水管の接合部からの水漏れ

排水パイプや給水管の接合部から水漏れしているときは、ナットが緩んでいないか確認して、締めなおしましょう。

ナットを締めなおしても水漏れが止まらないときは、パッキンが劣化している可能性があります。パッキンの劣化による水漏れは、新しいパッキンと交換すれば直ります。

蛇口・シャワーホースからの水漏れ

蛇口やシャワーホースの水漏れは、パッキンの劣化やナットのゆるみが原因です。ホームセンターなどでパッキンを購入し、新しいものと取り替えましょう。

パッキンを取り替える際、分解したパーツをもとに戻せなくなることがあります。手順が分からなくならないように、蛇口を分解する過程を録画しておくと安心です。

排水管のつまりによる水漏れ

排水管のつまりが原因で水漏れしているときは、排水管内部のつまりを取り除きましょう。排水管のつまりはラバーカップ(スッポン)やパイプクリーナーで掃除すれば解消します。

排水管のつまりで水漏れしている場合、つまりによって排水管の接続不良や劣化が起きている可能性もあります。その場合はつまりを解消しただけでは解決にはならないので、排水管を修理する必要があります。

排水パイプのズレや傷みによる水漏れ

洗面台の排水パイプがズレてたり傷んでいて水漏れするときは、排水パイプと排水管を接続し直すことで水漏れが止まります。排水パイプが傷んでいるときは、排水パイプを交換しましょう。

洗面台下に収納するときに、排水パイプにものが当たるとパイプがズレたり傷んだりすることがあります。収納スペースにはものを詰め込め過ぎないようにして、パイプが傷まないように注意しましょう。

水道修理業者に修理を頼んだ方がいいケース

23140281 s

ナットの締め直しやパッキンの交換であれば、自分で洗面台下の水漏れを対処することができます。

しかし、なかには水道修理業者に修理を頼んだ方がいいケースもあります。次のようなときは、修理業者に修理を依頼してください。

水漏れ箇所の特定ができない

洗面台下の水漏れを見つける方法を試しても水漏れ箇所が特定できないときは、修理業者に相談したほうが早く解決できます。

見える範囲で水漏れ箇所が特定できない場合、床下の排水管がつまって水漏れしている可能性があります。床下の排水管は自分で修理することは難しいので、迷わず修理を依頼してください。

自分で対処しても水漏れが止まらないとき

水漏れの対処法を試しても水漏れが止まらないときも、修理業者に相談したほうが良いでしょう。

無理に直そうとしても時間ばかりかかってしまい、その間に水漏れが悪化してしまう可能性があります。とくに大量に水漏れしているときは迅速な対応が重要です。素人でできる対処は限られていますので、水道修理専門の業者に修理を依頼しましょう。

排水パイプやホースが破損しているとき

排水パイプやホースの交換は、水道修理に慣れていない人には困難です。新しいパイプやホースを用意する手間や作業の複雑さ、作業にかかる時間などを考えると、初めから修理業者に相談するのがおすすめです。

賃貸・アパートでの水漏れ

賃貸やアパートの場合、管理会社や大家さんに連絡をするのが先決です。管理会社に相談すれば、提携している水道修理業者を紹介してくれることがあります。

集合住宅で水漏れすると、階下の部屋や周囲まで水浸しになってしまうこともあるので、水漏れに気づいたらすぐに管理会社・大家さん、そして水道修理業者に修理を依頼しましょう。

修理業者に洗面台下の修理を依頼する際の注意点

水道修理業者に修理を依頼する際の注意点を紹介します。修理業者を選ぶ際は、以下の点に注意してください。

水道局の指定工事店に依頼する

水道修理は、水道局の指定工事店に依頼することをおすすめします。指定工事店は水道局から指定されている業者です。自治体に認められた業者だけが登録されているので、安心して洗面台下の水漏れ修理を任せられます。

指定工事店はホームページや電話で問い合わせれば確認できます。

相見積もりを取る

修理業者を決めるときは、必ず相見積もりを取って比較しましょう。

複数の修理業者で見積もりを取ることで、料金を比較することができます。修理料金の相場を把握するためにも、3社以上の業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

相見積もりを取ったうえで、納得のいく修理業者に依頼しましょう。

対応スピードが早い修理業者を選ぶ

水漏れ修理にはスピーディな対応が求められます。対応が遅くなると水漏れが悪化したり被害が拡大したりする可能性があるので、すぐに来てくれる修理業者に依頼してください。

到着までにかかる時間の目安は1~2時間程度です。あまりに時間がかかるときは、別の修理業者を検討しましょう。

洗面台下の水漏れ修理の料金相場

23776334 s

洗面台下の水漏れ修理の料金相場を紹介します。

基本料金 0円~5,000円
パッキンの交換 5,000円~8,000円
蛇口本体の交換 10,000円~20,000円
つまり除去 8,000円~15,000円
出張料金 0円~
見積もり料金 0円~

洗面台下の水漏れは、パーツの交換程度の作業であれば数千円で修理できます。

つまりが原因の場合も、軽度のつまり解消であれば1万円以内で修理できることがほとんどです。ただし、重度のつまりになると修理費用は高額になってしまいます。

水漏れ修理は簡単な作業であればそれほど高額にはなりませんので、被害が拡大する前に修理業者に修理を依頼しましょう。

洗面台下の水漏れは早い対処が重要

洗面台下の水漏れの原因と対処法を紹介しました。

洗面台下の水漏れは気づくのが遅れることが多く、気づいたときには被害が大きくなっていたというケースがあります。原因が特定できれば対処もできますが、水漏れは早急に直す必要があるので、修理業者に相談するほうが安心です。

当サイト水道修理のセーフリーでも水道修理業者を多数紹介しています。洗面台下の水漏れでお困りの方は参考にしてみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

洗面台下の水漏れに関する質問

  • 洗面台下の水漏れの原因は何ですか?

    洗面台下の水漏れの原因は、パッキンの劣化やナットのゆるみ、パイプのずれなどが考えられます。

    洗面台下の水漏れの原因について見る

  • 洗面台下の水漏れの対処法を教えてください。

    洗面台下で水漏れしているときは、パッキンを交換したりナットを締めなおしたりしてみましょう。

    洗面台下の水漏れの対処法

  • 洗面台下の水漏れ修理は水道修理業者に頼んだ方がいいですか?

    洗面台下の水漏れ修理は、修理業者に修理を依頼したほうがいいケースもあります。

    水漏れが止まらないなど、依頼したほうがいい水漏れについて解説していますので、確認してみてください。

    水道修理業者に修理を頼んだ方がいいケース

対処法

    洗面所

      あなたの身近な水道修理業者を徹底比較

      お住まいの都道府県
      トラブル箇所
      お支払い方法
      重視すること(複数選択可)

      お困りの場所から探す

      【公式】水道修理のセーフリー