トイレつまりの直し方

実践!!ペットボトルでトイレつまりを直す方法|準備から使用方法まで徹底解説!

突然トイレがつまった…!そんな緊急事態に都合よくトイレのつまりを直す専門道具はありませんよね。

でも、『ペットボトル』であれば簡単に用意できるのではないでしょうか?

どこのご家庭にもある飲み干したペットボトルを利用してトイレのつまりを解消することができるんです!

この記事では、すぐにトイレのつまり解消を実践できるように、ペットボトルの加工方法・使用方法、準備物などをお伝えします。

しかし、ペットボトルで解消できるつまりの原因には限界があるので、どのようなつまりの原因のときにペットボトルを利用できるのか最初に確認しておましょう。

トイレつまりをペットボトルを使って解消する紹介動画

ペットボトルで解消可能なトイレつまりの原因

トイレがつまっている原因の物によってはペットボトルを使用してもトイレのつまりを直すことができません。

もし、ペットボトルでは対処できない物に対してペットボトルを使ってしまうと、時間の無駄になってしまったり、つまりを悪化させてしまう原因になってしまいます。

まずはここで、ペットボトルを使うべきなのかどうかをチェックしておいてください。

ペットボトルで解消できるトイレつまりの原因

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 排泄物・嘔吐物
  • 水に流せる系グッズ

これらのように、水に流すことができるもの・水に溶けやすいものがトイレにつまっている場合はペットボトルで対処することができます。

ただし、トイレットペーパーでも”大量”につまている場合はペットボトルを利用してもつまりを解消できないかも知れません。そのような場合は他の方法を試すか、専門業者に相談してみてください。

ペットボトルで解消できないトイレつまりの原因

  • スマホ
  • おもちゃ
  • オムツ
  • 生理用品
  • その他固形物

これらの水に流せないもの・水に溶けないものがトイレにつまっている場合はペットボトルで対処することができません。

オムツや生理用品は水を吸い込むと膨張するので、ペットボトルで対処することが難しくなります。

また、トイレのつまりの原因がわからない状態でペットボトルを使用するのも危険です。トイレのつまりの原因がわからない場合は業者を呼んで確認してもらいましょう。

ペットボトルでトイレを直すための準備

ペットボトルでトイレを直すための準備

トイレのつまりを直すためにペットボトルを利用しますが、他にゴム手袋とカッターもしくはハサミを用意してください。

ゴム手袋はトイレの汚水から手を守るため、カッターorハサミはペットボトルを切るために使用します。ゴム手袋は手を汚さないために手首部分が長いものを使用するといいですよ。

ペットボトルはトイレの排水口の広さに応じて用意しますが、大体の場合は500mlペットボトルで対応できるはずです。

ペットボトルの加工方法

ペットボトルの加工と言っても、ペットボトルの底をハサミやカッターで切るだけなので簡単です。

手を切らないようにだけ注意して、ペットボトルの底から4cmくらいの位置をカットしましょう。

ペットボトルを切った底の部分は使用しないので捨ててしまってください。ペットボトルの蓋は外しておきましょう。

ペットボトルでトイレのつまりを直す方法

ペットボトル使ったトイレつまりの解消法

底をカットしたペットボトルは、ラバーカップ(スッポン)のようにして使用します。

具体的には次の手順でペットボトルを利用してトイレのつまりを直します。

  1. 便器の水量を調整する
  2. ペットボトルをトイレの水溜り部分に突っ込む
  3. ペットボトルを上下させる
  4. 水を流してつまりの解消を確認する

①便器の水量を調整する

まずは便器内に溜まっている水の量を調整します。

水が溢れ出そうな場合は給水ポンプや容器を使って水を汲み出してください。

逆に水が少ない場合は水を注ぎ足す必要があります。通常時の水量を目安に調整してください。

②ペットボトルをトイレの水溜り部分に突っ込む

ペットボトルをカットした底が下になるようにトイレの水溜り部分に突っ込みます。

そして、ペットボトルを奥まで突っ込んだ時点で、ゴム手袋をはめた指でペットボトルの飲み口を完全に塞ぎます。

③ペットボトルを上下させる

トイレに突っ込んだペットボトルをラバーカップを使う要領で、ペットボトルを上下させてトイレのつまりを解消させます。

ゴポゴポという音がしてつまりが解消されたら修理完了です!

④水を流してつまりの解消を確認する

最後にトイレの「小」を流してトイレのつまりが解消されたかどうか確認しましょう。

「小」がない場合は、レバーを半回転させて少量の水を流して確認してください。

水が普段通りに流れればトイレのつまりは完全に解消されています。

ペットボトル以外での解決方法は、トイレ詰まりの応急処置方法をまとめた次の記事もご参考ください。

ペットボトルでトイレのつまりを解消できない場合は?

ペットボトルでトイレのつまりを解消できない場合は?

ペットボトルは万能でどんなトイレのつまりも直すことができる道具ではありません。どちらかと言うと成功率は低い方だと考えておいてください。

また、すでにお伝えした通り、スマホなどの固形物がつまった時には利用できませんし、つまりが酷い場合もペットボトルで直せないこともあります。

もしペットボトルで何度か試してみてトイレのつまりが解消されない場合は『専門業者』につまりの解消を依頼しましょう。

専門業者であればトイレのつまりを素早く・的確に状況を判断してつまりを直すことができます。

簡単なつまりであれば到着から5分ほどで直ることも少なくありません。

修理費はつまりの状況によりますが、便器を取り外す必要がない簡単なケースだと8,000円ほどで修理することができます。

もちろん業者や状況によって費用は前後しますが、事態が悪化しない早めのうちに業者に依頼した方が結果的に修理費用を安く抑えることができます。

ペットボトルでは対処できないつまりの原因だったり、ペットボトルを使ってもつまりを解消できないのであれば業者を呼んで素早くつまりを解消させましょう!

 

自分で直すときは要注意!!失敗すると大変なことに…
今週のイチオシNO.1業者

東京・神奈川・埼玉・千葉を対応エリアとするスマートレスキューは、経験豊富なプロの職人が水回りのお困りごとを解決してくれます! 出張費・お見積もりも無料で、最短30分で駆けつけてくれます! ぜひご検討ください!

詳細を見る
今週のイチオシNO.1業者

東京・神奈川・埼玉・千葉を対応エリアとするスマートレスキューは、経験豊富なプロの職人が水回りのお困りごとを解決してくれます! 出張費・お見積もりも無料で、最短30分で駆けつけてくれます! ぜひご検討ください!

詳細を見る
ペットボトルで直す方法に関する質問
ペットボトルでトイレつまりを直す注意点を教えてください。

ペットボトルの切り口は鋭利なため、便器の排水口を傷つける可能性があるので、切り口をビニールテープで保護して使いましょう。
ペットボトルの加工方法

ペットボトル以外にトイレつまりが解消できる道具を教えてください。

日常的に家にあるモノなら、ラップや食器用洗剤などはトイレットペーパー、水溶性の紙類、排泄物などによるつまりが解消できます。

簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。

まずは、水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えましょう。トイレットペーパーにもJIS規格が設定されており、この記載があれば、水に溶けやすいと判断できます。また、定期的にトイレの配管の状態をチェックすることで、異常を早期発見することができるでしょう。

専門業者に依頼した場合の修理費用の相場について教えてください。

つまりの原因にもよりますが、軽度なつまりであれば、5,000円~8,000円ほどで修理できます。重度の場合は便器交換など30,000円以上かかるケースもあるかとおもいます。

少しでも修理費用を抑えたい場合はどうしたらいいですか?

キャンペーンや割引を利用できる専門業者を探すか、複数の専門業者で見積もりを取ることで、修理料金を安く抑える可能性が高いです。当センターでは、「今すぐ」安心して依頼できる専門業者をご紹介しています。

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする


トイレつまり修理業者: