トイレつまりの直し方

トイレつまりが自然に直る2つの条件と放置するべき時間とは?

「トイレのつまりが自然に治ることはあるの?」という質問にはYES・NOのどちらとも答えることができます。

なぜなら、トイレのつまりが自然に治ることもありますし、いくら待ってもつまりが治らないこともあるからです。

しかし「トイレのつまりは自然に治るときも治らないときもありますよ〜」と言われても何の解決にもなりません。

そこで今回は、『トイレのつまりが自然に治るための条件』『自然に治るまでに待つべき時間』をお伝えします。

また、トイレのつまりが自然に治らなかったときに『最低限お金をかけずにつまりを治す方法』も解説します。

では、あなたのお家のトイレが自然に治るのかどうかチェックしていきましょう!

トイレのつまりが自然に治る2つの条件とは?

トイレのつまりが自然に治る2つの条件とは?

トイレのつまりが自然に治るには2つの条件を満たしておく必要があります。

1つ目の条件は水に溶けやすい物がつまっていること。

2つ目の条件はトイレにつまっている物が少量であること。

これらの2つの条件を同時に満たしている場合に限ってトイレのつまりが自然に治ることがあります。(注:2つの条件を満たしていればトイレの必ず自然に治るという意味ではありません)

ということで、これら2つの条件についてもう少し詳しく見ていきましょう。

自然に治る条件1:水に溶けやすい物がつまっていること

水に溶けやすい物とは何か。次に挙げる物が水に溶けやすい物に分類されます。

  1. トイレットペーパー
  2. トイレに流せる系グッズ
  3. 排泄物

1.トイレットペーパー

元々トイレットペーパーは水に溶けやすいように作られています。もし、トイレットペーパーが水に溶けない性質を持っているとトイレがつまり放題ですからね。

しかし、海外製のトイレットペーパーや安物のトイレットペーパーは少々水に溶けにくい物もあります。

2.トイレに流せる系グッズ

『トイレに流せる』ことが特徴のティッシュペーパーやウェットティッシュがありますよね。

そのような商品も水に溶けやすいのでトイレのつまりが自然に治る可能性があります。ただし、トイレットペーパーと比べると溶けやすさは劣ります。

3.排泄物

排泄物も水に溶けやすいです。

ただし、消化されずに排泄された物、排泄物の中に油が混ざっている(脂肪便)場合は通常よりも溶けにくくなります。

・・・ということで、この3つに該当しない物がつまった時は自然に治るのを待たないでください。特に固形物がつまった時は早急に対処しなければ事態がどんどん悪化してしまいます。

自然に治る条件2:トイレにつまっている物が少量であること

条件1で挙げた物がつまっていたとしても、大量につまっている場合は自然に治る可能性が低くなります。

小さじ一杯の水に大さじ一杯の塩が十分溶け切らないように、便器に溜まっている水に大量のトイレットペーパーが溶け切る可能性はゼロに近いでしょう。

もし便器に溜まっている水の水面が見えない状態でつまっている場合は、自然に治るのを待つ前に今すぐ対処する手段を選んでください。

トイレのつまりが自然に治るまでに待つべき時間は?

トイレのつまりが自然に治るまでに待つべき時間は?

トイレのつまりが自然に治る可能性があったとしても、何時間も待つことはできないと思いますしオススメしません。

自然に治ることを待ったとしても、せいぜい30分〜1時間程度です。

それ以上待っても事態は変わることはないので早めに対策を施しましょう。

自然に治るまでの待ち時間を短縮させる方法

自然に治るのを待つと言って、何もせずに待つのは時間の無駄になってしまいます。

そこで、効果は薄いかも知れませんが液体洗剤をトイレに流してみてください。

ただの水道水よりも液体洗剤を流し込んだ水の方がトイレットペーパーなどを溶かしやすくなります。

気休め程度かも知れませんが、何もしないよりは液体洗剤を入れた方が確実に効果があるので試してみてくださいね。

トイレのつまりが自然に治らないときの対処法

トイレのつまりが自然に治るケースはそれほど多くありません。

むしろ、自然に治ればラッキーというくらいトイレのつまりが自然に治ることは少ないんです。

そこで、もしあなたのお家のトイレが自然に治らなかったときのために、できるだけお金をかけずにトイレのつまりを治す方法をお伝えします。

お家にある物でトイレのつまりを治してみる!

お家に元々ある物を使えばお金をかけずにトイレのつまりを治せますよね。

そこで役立つのがビニール袋orラップです。

この2つの内どちらかを使ってトイレのつまりを治す方法を解説します。

ビニール袋を使ってトイレのつまりを治す方法

ビニール袋を使ったトイレつまりの解消法

用意するのはあなたの肘辺りまで覆えるほどの大きさのビニール袋だけです。

できれば破れにくいビニール袋を使用して、薄いビニール袋しかお家にない場合は2枚以上重ねて使用します。大きなビニール袋を用意できない場合はビニール手袋やゴム手袋をして手を保護してください。

ビニール袋の使用方法はとても簡単です!

ビニール袋に腕を突っ込んで、拳を便器の中で押したり引いたりするだけ。これを何度か繰り返すとトイレのつまりが解消します。

さらに詳しい方法は次の記事にまとめているので参考にしてみてください。

ラップを使ってトイレのつまりを治す方法

ラップを使ったトイレつまりの解消法

ラップもお家に常備してあると思います。

ラップを使用してトイレのつまりを治す方法も簡単なので試してみてください。

まずは便座を上げた状態のトイレをラップでグルグル巻にして覆います。ラップの耐久性を上げるために5周以上グルグル巻いてください。

そしてグルグル巻きにしたラップの中央を手で押す・離すを繰り返します。

何度か繰り返した時点でトイレの水を流してつまりが解消されたことを確認してください。

【トイレがつまる→自然に治る】を繰り返している場合の原因と対策

トイレがつまる→自然に治るを繰り返している主な原因は3つあります。

  1. 大量のトイレットペーパーを流す
  2. 少ない水で流す・節水している
  3. 排水管の奥に小さなつまりがある

原因1|大量のトイレットペーパーを流す

一度に大量のトイレットペーパーや排泄物を流すと、トイレにつまるリスクが高くなります。

トイレットペーパーなどの量が多くなりそうな場合は、あらかじめ数回に分けてトイレの水を流しましょう。

もしくは、ウォシュレットを使って、トイレットペーパーの使用量を減らすのもオススメですよ!

原因2|少ない水で流す・節水している

トイレは「大」と「小」で水の流れる量が変わりますよね。このとき大便をしたにも関わらず「小」を使用しているとトイレがつまりやすくなります。なので必ず「大」と「小」は的確に使い分けてください。

また、トイレのタンクにペットボトルなどを入れて流れる水の量を減らすという節約方法がありますが、トイレがつまりやすくなるのでオススメしません。

たしかにトイレを流す水の量を減らせば節約になりますし環境にはいいでしょう。しかし、トイレがつまった時のことを考えると、修理するための費用や労力が大きな負担になる可能性があります。

節水をする意識は大切ですが、トイレでの無理な節水は控えるようにしてください。

原因3|排水管の奥に小さなつまりがある

節水もしていない、大量のトイレットペーパーも流していないのに頻繁にトイレがつまる場合は排水管の奥に小さなつまりが生じている可能性があります。

排水管に汚れが付着して狭くなっていたり、ペンや小物、子供のおもちゃなどがつまっている可能性も否定できません。

しかし残念ながら、排水管の奥がつまっているかどうかを自分自身で確認することはできません。

もし、頻繁にトイレがつまって自然に治る現象が続くようであれば、一度水道屋さんに連絡して調査を依頼しましょう。

水道屋さんであれば便器を取り外して排水管を確認したり、ファイバースコープという先端にカメラが付いている道具で排水管の様子をチェックすることができます。

このまま放っておくと、いずれトイレのつまりが自然には治らなくなるときが必ず訪れます。いち早く原因を追求して大事に至らないうちに対処しておいてください。

さらに詳しく見たい方は、トイレ詰まりのトラブルをまとめた次の記事をご参考ください。

自然に治るトイレつまりのよくある質問

トイレのつまりが自然に治る2つの条件は何?
条件1|つまっている物が水に溶けやすいこと
条件2|トイレにつまっている物が少量であること
トイレのつまりが自然に治るまでにどれくらい待つべき?
30分〜1時間程度待ってみてください。
それ以上時間を置いても治らない場合は自然に治るのを諦めて対処しましょう。
タダ同然でトイレのつまりを治すにはどうしたらいい?
お家にあるビニール袋、もしくはラップを使用してつまりを解消しましょう。
トイレのつまりが自然に治らないときの対処法に関するよくある質問
専用の道具がなくてもトイレのつまりは治せますか?

トイレットペーパーなど軽度なつまりであれば、ぬるま湯を注いでみましょう。お家にある食器用洗剤・ビニール袋・ペットボトルなどでもトイレつまりを解消できる可能性があります。詳しくは当サイト ⇒ 自分でできる!トイレつまりの直し方をご覧ください。

ラバーカップの代わりになる修理道具はありますか?

ビニール袋・サランラップ・ペットボトルを使うことでラバーカップと同じような効果が得られます。
自然に治らないときの対処法

トイレつまりを治す道具を常備するとすれば何を購入するべきでしょうか?

汎用性が高いトイレつまりを治す道具はラバーカップ(スッポン)です。
ラバーカップは100均などでも購入できますが、常備することを考慮すれば耐久性の高いラバーカップをホームセンターで購入しましょう。

ビニール袋を使うときのコツがあれば教えてください。

できるだけ隙間がないようにして排水口の奥まで拳を入れましょう。隙間がある場合はタオルを拳に巻くなどして対応してみてください。
ビニール袋でつまりを治す方法

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする