トイレ業者・料金・修理手続き

【緊急事態の応急処置】トイレつまりを解消できる3つのアイテムとは?

この記事ではトイレがつまって緊急事態に陥ったときの対処法をまとめています。

特に『今にも便器から水が溢れそう!』『業者を呼ぶ時間すら待てない!』という場合に参考になるはずです。

また、記事の後半では、どこのご家庭にもあるものを使ってトイレのつまりを直す方法をお伝えするので、応急処置をして緊急事態を脱したあとに実践してみてくださいね!

トイレつまりで緊急事態に陥ったときにするべき2つの応急処置

今にも便器から水が溢れそうな状態ならトイレの止水栓を閉めて水の流れを一旦止めましょう。

トイレの止水栓は次の写真のように壁に付いているタイプ床に付いているタイプがあります。

トイレの止水栓の写真

トイレの止水栓はマイナスドライバーを右回しすることで閉めることができます。

マイナスドライバーがお家に無い場合は、ハサミ・スプーンやフォークのお尻・ホッチキスのお尻・硬貨・プルタブなどを代わりに使って止水栓を止めてください。

そして、止水栓を閉めるときは”何回転”させたのかをしっかり覚えておきましょう。トイレのつまりを直した後、再び止水栓を元の状態に戻すときに回転させた数だけ開ける必要があります。

TOTOのネオレスト系の便器はパネルの中に止水栓が隠れているので、次のTOTO公式サイトを参考にして止水栓を閉めてください。

⇒止水栓の閉め方と調整方法(TOTO公式サイト)

次に、水がすでに溢れている場合は新聞紙や使い古したタオルを使って水を吸水します。

水浸しになった床を放っておくと床が腐敗する原因になり、床下まで浸水する恐れがあるのでいち早く水を拭いてください。

もし、便器から水漏れしているようであれば便器内の水を一旦避難させましょう。バケツや容器などに水を入れて、トイレの修理が終わったら便器に流し込みます。

ここまでで応急処置は終了です。

止水栓を閉めるとこれ以上に水が溢れてくることはありません。

一旦、ここで心を落ち着かせてくださいね。

トイレつまりの修理を依頼するまでの手続きや費用については、次の記事をご参考ください。

緊急事態を脱した後は家にあるモノでトイレつまりを解消する

緊急事態を脱した後は家にあるモノでトイレつまりを解消する

トイレのつまりを解消する道具といえばラバーカップ(スッポン)ですが、都合よくラバーカップがお家にあるご家庭は少ないですよね。もし、お家にラバーカップがあるなら次の記事を参考にしてトイレのつまりを直してみてください。

先ほど説明した通り止水栓を止められたのであれば、とりあえず緊急事態は脱したはずです。

 

しかし、トイレがつまっていることに変わりはありませんし、どちらにしろいち早くトイレを修理しなければ用を足すことができません。

そこでどこのご家庭にもある次の3つのアイテムを使ってトイレを直していきましょう。

  • ペットボトル
  • ラップ
  • ビニール袋

お家にラバーカップがなくても、これら3つのアイテムの内どれか1つはお家にないでしょうか?

それぞれ3つのアイテムの使い方を詳しく解説するので簡単に実践できそうな方法を真似してみてください。

ペットボトルでトイレのつまりを解消する手順

ペットボトルでトイレのつまりを解消する手順

ペットボトルハサミを用意してください。多くのトイレでは500mlペットボトルがちょうどフィットする大きさです。

そして、手を切らないように注意しながらペットボトルの底から4cmくらいの位置をカットしてください。このときペットボトルの蓋は外しておきましょう。

この底をカットしたペットボトルをラバーカップのようにして使用します。

具体的には次の手順でペットボトルを使います。

  1. 便器の水量を調整する
  2. ペットボトルをトイレの水溜り部分に突っ込む
  3. ペットボトルを上下させる

①便器の水量を調整する

まずは便器内に溜まっている水の量を調整します。

水が溢れ出そうな場合は給水ポンプや容器を使って水を汲み出してください。

逆に水が少ない場合は水を注ぎ足す必要があります。通常時の水量を目安に調整してください。

②ペットボトルをトイレの水溜り部分に突っ込む

ペットボトルの飲み口が上になるようにトイレの水溜り部分に突っ込みます。

そして、ペットボトルを奥まで突っ込み、手のひらか指でペットボトルの飲み口を完全に塞ぎます。このときゴム手袋をはめておくと汚水から手を守ることができます。

③ペットボトルを上下させる

トイレに突っ込んだペットボトルをラバーカップを使う要領で上下に動かしてトイレのつまりを解消させます。

何度か繰り返しペットボトルを動かす内にゴポゴポという音がして、つまりが解消されたら修理完了です!

ラップでトイレのつまりを解消する手順

ラップでトイレのつまりを解消する手順

ざっくりとラップの使い方を説明すると、便器をラップでグルグル巻きにした後にラップの中心を押して水圧を変化させます。この水圧の変化を発生させることで、ラバーカップと同じ原理でトイレのつまりを解消させることができるんです。

それではラップの使い方を次の手順で解説していきますね!

  1. トイレの蓋・便座を上げる
  2. 便器に隙間ができないようにラップを何重にも巻きつける
  3. ラップの中心をゆっくり押す・離すを繰り返す

①トイレの蓋・便座を上げる

まずはトイレの蓋と便座を上げます。

この時、便器の縁(便座の裏側に面する箇所)が汚れている場合は掃除してください。もし、便器の縁が汚れているままラップを貼り付けてしまうと、貼り付く力が弱くなってしまい途中でラップが剥がれる原因になります。

特にぬめりや水気がある場合はしっかり拭き取ってラップがくっつきやすいように準備しましょう。

②便器に隙間ができないようにラップを何重にも巻きつける

トイレの蓋と便座を上げてトイレの縁を綺麗にしたらラップを巻いていきます。

ここでのポイントは3つあります。

  1. ラップを惜しみなく使うこと
  2. 空気が漏れないように密閉すること
  3. ラップがたゆまないようにピタッと貼り付けること

この3つのポイントを意識してラップを貼り付けてみてください。

ラップを貼る時にもったいないからと言って、数枚だけ貼り付けたとしてもすぐに破れて無駄になってしまいます。ラップを貼る時は最低でも10枚(周)以上は貼り付けて強度を強くしましょう。

そして、ラップを貼る時はラップがピンと張って空気を密閉させます。少しでも空気が漏れてしまうと便器内の空気圧が変わらずつまりを解消させることができません。

③ラップの中心をゆっくり押す・離すを繰り返す

ラップを何重にも貼って強度を強くしたら、ラップの中心を手のひらでゆっくり押していきます。

この時、ゆっくりテンポ良く、ラップが破れない程度に奥まで押し込むことがポイントです。もし、ラップが剥がれそうだったり破れそうな感じがしたら、追加でラップを巻いてください。

ラップを押す・離すを繰り返すことで、トイレにつまった物が動いてつまりが解消します。

ビニール袋でトイレのつまりを解消する手順

ビニール袋でトイレのつまりを解消する手順

最後はビニール袋を使ってトイレのつまりを解消する方法をご紹介します。もし、お家にゴム手があれば一緒に用意してください。

ビニール袋の使い方は超簡単です。ビニール袋に手を入れて便器の水溜りに手を突っ込むだけ。

それでは詳しい手順を解説していきますね!

  1. 便器の水量を調整する
  2. ビニール袋を複数枚重ねて手を入れ手首部分を輪ゴムで止める
  3. 手を拳にして便器の排水口に突っ込む
  4. 拳を排水口に出し入れしながら水圧を変化させる

①便器の水量を調整する

まずは便器内に溜まっている水の量を調整します。水が溢れ出そうな場合は給水ポンプや容器を使って水を汲み出してください。

逆に水が少ない場合は水を注ぎ足す必要があります。目安としてはスッポンのカップ部分が水に浸るまで水を継ぎ足しましょう。

②ビニール袋を複数枚重ねて手を入れ手首部分を輪ゴムで止める

次にビニール袋を複数枚重ねて片手を入れます。破れにくく大きめのビニール袋を複数枚使用すると破れにくく汚水が入りにくいので作業しやすくなりますよ!また、ビニール袋で手首部分を止めておくと浸水を防ぐことができます。

③手を拳にして便器の排水口に突っ込む

ビニール袋に入れた手を拳にして、便器の排水口に差し込んだらその位置で拳を出し入れしてください。そのとき、排水口とビニール袋・手の間の隙間が少ない方がより強い力でつまりを除去することができます。

排水口との間に隙間ができてしまう場合は、拳にタオルなどを巻きつけて隙間を埋めるようにすると上手くいくようになりますよ!

④拳を排水口に出し入れしながら水圧を変化させる

ビニール袋で覆った拳を何度か出し入れすると次第につまりが解消され、ゴポゴポッという音とともにつまりが直ります。最後に水を流してトイレのつまりが解消されたことを確認しましょう!

トイレつまりが直らないなら緊急対応可能な業者へ依頼する

トイレつまりが直らないなら緊急対応可能な業者へ依頼する

トイレのつまりが直らない場合は専門業者に依頼するしかありません。

無理やり修理しようとして状況を悪化させるよりは、専門業者によって適切な対処を施してもらう方法が最も確実ですね。

そして、トイレのつまりは一刻も早く修理したい場合は『即日対応可能な業者』を選ぶようにしてください。

即日対応はその名の通り、その日の内に修理に来てくれるという意味です。全国に拠点がある専門業者であれば最短30分〜1時間で到着することも可能となります。

修理時間は簡単なつまりであれば到着から5分ほどで直ることも少なくありません。

修理費はつまりの状況によりますが、便器を取り外す必要がない簡単なケースだと8,000円ほどで修理することができます。

もちろん業者や状況によって費用は前後しますが、事態が悪化しない早めのうちに業者に依頼した方が結果的に修理費用を安く抑えることができます。

ご自身でトイレのつまりを直せない場合は業者を呼んで一刻も早くつまりを解消させましょう!

自分で直すときは要注意!!失敗すると大変なことに…
今週のイチオシNO.1業者
サービスと料金を見る
今週のイチオシNO.1業者
サービスと料金を見る
トイレつまりを解消できる3つのアイテムに関するよくある質問
ビニール袋を使うときのコツを教えてください。

コツとしては、できるだけ隙間がないように排水口の奥まで突っ込むことです。どうしても隙間がある場合はタオルを拳に巻くなどで対応しましょう。

ラップの使い方のコツを教えてください。

ラップ数枚を重ねて、隙間がないように注意してください。
手順は以下となります。
1.トイレの蓋と便座を上げる
2.便器に隙間ができないようにラップを何重にも巻きつける
3.ラップの中心をゆっくり押す・離すを繰り返す

ラップでトイレのつまりを直す方法

ペットボトルでトイレつまりを直す注意点を教えてください。

ペットボトルの切り口は鋭利なため、便器の排水口を傷つける可能性があるので、切り口をビニールテープで保護して使いましょう。

ペットボトルでトイレのつまりを直す方法

簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。

まずは、水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えましょう。トイレットペーパーにもJIS規格が設定されており、この記載があれば、水に溶けやすいと判断できます。また、定期的にトイレの配管の状態をチェックすることで、異常が早期発見・早期対応することができるでしょう。

自力でトイレつまりを解消できない場合はどうしたらいいですか?

自力でトイレつまりを解消できない場合はトイレ修理業者への相談をお勧めします。当センターでは、「今すぐ」安心して依頼できる専門の修理業者をご紹介しています。

自力でトイレつまりを解消できない場合の対処法

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする


トイレつまり修理業者: