水道局指定工事店とは?メリットを知って信頼できる業者を選ぼう!

水道局指定工事店とは何かを知らないまま、「信頼できそうだから」と水道局指定工事店を選んでいらっしゃる方も多いようです。

水回りのトラブルが起きたときには、絶対に水道局指定工事店に依頼しなくてはいけないのでしょうか?もっと安い業者もある場合は迷ってしまいますね。

そこで今回は水道局指定工事店とはいったい何なのか、指定されていない業者と何が違うのかを説明します。水回りのトラブルで業者を選ぶ際にチェックしたいポイントなどをまとめましたので、参考にしてください。

水道局指定工事店とは?

水道局指定工事店

水道局指定工事店とは、地方自治体から指定されている水道修理業者のことです。「水道法」で規定された「指定給水装置工事事業者制度」に基づいて、条件や業務内容が決められています。

指定工事は排水設備工事と給水設備工事の2種類で、それぞれの規定があります。しかし、指定を受けている場合、両方の指定工事店になっている業者がほとんどです。

水道法とは

水道法とは、日本全国の水道を整備し、質の良い水を安く供給できることを目的に1957年に制定された法律です。水道民営化に伴い、2018年に改正水道法ができました。ただし水道施設は、従来通り自治体が管理しています。

水道局指定工事店についても、水道法によって決められています。許可をもたない人が配管を触ることで、水質が落ちて衛生的な問題が生じないために、厳しく管理されています。

水道局指定工事店になるには?

指定給水装置工事事業者制度によって、水道局指定工事店になる条件が決められています。指定工事店になるために必要な事項は、以下のとおりです。

  • 給水工事に必要な工具類(厚生労働省が指定)を持っているかの確認
  • 必要書類の提出
  • 手数料の納付
  • 給水装置工事主任技術者が在籍
  • 欠格事項に該当しない

また、水道法第25条によって、以下のような人は申請ができません。以下のような人がいなければ「欠格事項に該当しない」ということです。

  • 心身の状態が良好ではなく、給水装置工事の事業が適正にできないと判断された人
  • 破産手続きを行なって復権していない人
  • 違法な業務により指定工事店の認定を取り消されたあと、2年を経過していない人
  • 業務で不正な行為をする可能性があると認められた人
  • 法人の場合は、役員に上記のような人が含まれる

「悪徳水道業者に高額請求された」という被害がありますが、悪徳業者は水道局指定工事店にはなれないということです。

指定給水装置工事事業者制度とは

指定給水装置工事事業者制度は水道法によって規定されています。水道事業者(水道局)が、給水するエリアで給水装置工事を的確にできる業者を指定する制度です。指定要件は全国どの地域でも同じ条件です。

給水装置工事主任技術者が在籍していることは、条件の重要事項ですが、給水装置工事主任技術者になるための要綱も制度で定められています。

給水装置工事主任技術者とは

給水装置工事主任技術者とは、給水装置を設置したり、撤去・変更したりといった工程を担当することができる国家資格を所有している人のことです。

給水装置工事主任技術者の資格を取得する受験資格は、給水装置工事の実務経験が3年以上あることです。

毎年1回実施される給水装置工事主任技術者の資格取得のための試験は難易度がかなり高く、2021年度の合格率はわずか35.6%でした。

給水装置とは

給水装置とは、水道局が所有する、上水道配水管から住宅など屋内の蛇口までの装置のことです。取り外しが簡単にできない装置で、給水栓に設置されたホースのような取り外しが簡単にできるものは含まれません。

水道局指定工事店ができること・非指定業者でもできること

水道局指定工事店とは何かを具体的に知るために、水道局指定工事店しかできないことと、指定されていない業者でもできることをまとめました。水回りのトラブルが起きて業者に依頼する際に参考にしてください。

水道局指定工事店ができること

給水装置の修理は水道局指定工事店のみができることです。具体的に以下のような工事は、水道局指定工事店に依頼する必要があります。

  • 給水管や止水栓を設置する工事
  • 給水管の種類を変更したり、経路・水栓を改造したりする工事
  • 排水設備を新設または増設する工事
  • 汲み取りトイレを水洗トイレに改造する工事

水漏れが起きて高額の水道料金が発生し、減免申請をするための提出書類の作成など、行政に提出する書類は、水道局指定工事店のみが作成できます。

水道局指定工事店以外に修理を依頼すると、減免申請ができなくなるので注意してください。

水道局指定工事店ではなくてもできること

もちろん水道局指定工事店ではなくても、依頼できることがあります。

  • 蛇口やパッキンの交換
  • トイレ掃除
  • トイレ交換
  • 給水管・排水管交換を伴わない軽度な水漏れ・つまり対応

以上のように、一般の方でも少し経験のある人ならできるような内容ばかりです。

また、水漏れなども簡単な修理と思っても、実際は給水管を変えなければならないようなケースもあります。給水管が原因なら、水道局指定工事店への依頼が必要です。

水道局指定工事店に依頼しなかったために起きるトラブル

ネットで検索して上位に表示される業者など知名度が高い業者でも、水道局指定工事店ではない場合があります。

ここでは、水道局指定工事店ではない業者に依頼したらどうなるのかを紹介します。修理料金が安いからと、安易に業者を選ぶとトラブルになることがあるので注意しましょう。

事例1:水漏れの原因が老朽化した給水管

簡単な水漏れ修理だと思い、水道局指定工事店ではない業者に依頼したところ、原因が老朽化した給水管だったというケースです。

違法な工事をして多額の修理代金を払った上、給水管のトラブルがまた生じてしまい、再度工事をする必要が出てしまいました。違法な工事をすると、その後もトラブルが続き、出費が増え続けることがあります。

事例2:すぐにトラブルが再発

水道局指定工事店になるには、給水工事に必要な工具類をすべて所持していることが重要です。必要な工具類がないと、本当のトラブルの原因がわかりません。

水道局指定工事店ではない業者に依頼すると徹底した点検をしてもらえないため、すぐにトラブルが再発する可能性があります。

最悪な場合は、修理をすることで問題がさらに深刻になり、悪化してしまうことです。悪化してしまうと、修理費用がさらに高額になる可能性があります。

事例3:水道局にペナルティーとして水を止められた

給水管のトラブルで水道局指定工事店以外に依頼したところ、水道局にわかってしまい、水を止められてしまったケースです。

水がないと生活できなくなってしまいますね。このようなケースは稀ですが、ないとは言い切れないので違法工事を依頼しないようにしましょう。

水道局指定工事店に依頼するメリット

メリット

パッキンを替える程度のちょっとした修理なら、水道局指定工事店以外の業者に依頼しても構いません。

しかし、どのようなケースでも、できれば水道局指定工事店を選んだ方が良い理由は次のとおりです。

  • 信頼できる技術力
  • 適切な費用
  • 幅広い工事に対応

それぞれについて理由を詳しく見ていきましょう。

信頼できる技術力

国家資格に当たる給水装置工事主任技術者が在籍しているため、知識と技術力がある業者だと考えられます。作業員全員が資格をもっているわけではありませんが、国家資格を持った人がきちんと管理しているはずです。

そのため、水回りのトラブルが起きた原因をきちんと確認し、適切な対処をしてもらえます。原因をきちんと知って対処するので、再発の可能性も少なくなります。

適切な費用

水回りの施工費用は相場がありますが、適正料金かどうかの判断が困難です。また、中には施工後に見積もり以上の料金を請求する業者もいるので、注意が必要です。

その点、水道局指定工事店は自治体からの認可を受けている業者なので、安心して依頼できます。トラブルが生じれば、認可が取り消しになる可能性があるためです。

また、運営状態が悪いと認可がおりないため、経済的な問題でボッタクリをするということもありません。

幅広い工事に対応

軽度なつまりだと思ったら原因が排水管にあり、水道局指定工事店しかできない工事が必要になることがあります。

そのようなとき、改めて水道局指定工事店に依頼し直すと二重の手間になり、支払いもさらに加算されます。最初から水道局指定工事店に依頼しておけば、ワンストップで修理が終わるため、時間もお金も節約できます。

水道修理業者を選ぶポイント

ポイント

トイレつまりや水漏れなど水回りのトラブルが起きて水道修理業者に依頼をお考えなら、次の4点を確認してから決めてください。

  • 水道局指定工事店である
  • 見積もりをする
  • 実力や実績がある
  • 口コミが高評価

それぞれについてさらに詳しくお伝えします。

水道局指定工事店である

国家資格保持者が在籍しており、どのようなトラブルにも対応できる業者であれば、安心して任せられます。

水道メーターを外したり、給水管を切断したりということも水道局指定工事店のみができる修理です。資格のない業者が行えば、漏水の原因になる可能性もあります。

見積もりがていねい

依頼するかどうかは、見積もりをしてもらってから決めましょう。水道局指定工事店だからといって、すぐに依頼すると後悔してしまうことも。

見積もりがわかりやすく、説明がていねいな業者がおすすめです。できれば複数の業者に相見積もりをして、金額や作業員の態度などを比較しましょう。

見積もりを依頼する際には、見積もりや出張料金が無料かどうかの確認も必要です。

実力や実績がある

業者の公式ホームページでは創業年数や過去の施工例などを確認できます。創業してから長い業者は実績も多く、また顧客が満足していることがわかります。

ホームページに「事前見積もりをする」「追加料金は発生しない」「料金に納得してから作業を始める」といったことが明記しているかどうかも確認してください。

口コミが高評価

業者を決める際には、実際に利用した人がネット上に投稿した口コミが参考になります。特に、料金でトラブルが起きたというような口コミのある業者には依頼しないようにしましょう。

ただし、信頼できる口コミを参考にしてください。当サイトトイレつまり修理受付センターでは、信頼できる口コミのみを厳選して掲載しています。業者選びの際にご利用ください。

水道局指定工事店とは何かを知って業者を選ぼう!

水道局指定工事店とは何かを解説しました。工事の種類によっては水道局指定工事店に依頼する必要があります。水道局指定工事店は技術的にも安心でき、トラブルになることもほとんどありません。

しかし、水道局指定工事店というだけで業者を選ばず、実績や作業員の態度、料金なども比較して選びましょう。

もし水道局指定工事店に依頼したいなら、当サイトトイレつまり修理受付センターをご利⽤ください。検索機能を利用すれば、水道局指定工事店を見つけられます。

割引キャンペーンやアフターフォローの情報も掲載していますので、サービスも良好な水道局指定工事店をピックアップできます。

自分で直すときは要注意!!失敗すると大変なことに…
今週のイチオシ業者

大阪・京都・奈良・兵庫・愛知等を対応エリアとするスイドウリペアは、多種多様なトラブルに対し、これまで培ってきた高い技術と豊富な経験・ノウハウを活かして、お客様ごとに最適な修理を行うことが可能。また “適正価格”を大切にし質の高いサービスの提供を実現している。

詳細を見る
今週のイチオシ業者

大阪・京都・奈良・兵庫・愛知等を対応エリアとするスイドウリペアは、多種多様なトラブルに対し、これまで培ってきた高い技術と豊富な経験・ノウハウを活かして、お客様ごとに最適な修理を行うことが可能。また “適正価格”を大切にし質の高いサービスの提供を実現している。

詳細を見る
水道局指定工事店に関連したよくある質問
水道局指定工事店とはなんですか?

水道局指定工事店とは主に、地方自治体から指定されている水道修理業者のことです

水道局指定工事店とは何かを詳しく見る

水道局指定工事店に依頼するメリットはありますか?

水道局指定工事店に依頼するメリットは、信頼できる技術力などたくさんあります。

水道局指定工事店に依頼するメリットを見る

水道局指定工事店に依頼したいのですが、どの業者にすれば良いのかわかりません。

水道局指定工事店はたくさんあります。お住まいの地域の、信頼できる水道局指定工事店に依頼してください。

おすすめ!業者ランキングを見る

業者選びが面倒な方はこちらがおすすめ!最短5分で紹介

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

コンシェルジュに依頼する


トイレつまり修理業者:

【公式】トイレつまり修理受付センター