症状別トイレつまりの直し方

トイレの水が減らない(引かない)ときの原因別対処法|修理にかかる料金相場も紹介!

トイレの水を流したときに、水が流れずに減らないという症状でお困りならこの記事が参考になるはずです!

まず最初に心がけて欲しいことは、トイレを修理するまで水を流さないことです。

可能であればトイレの止水栓を締めて水の流れをストップさせましょう。(止水栓はトイレの床や壁に設置されています)

そして今回は、トイレの水が減らない原因別の対処法を詳しく解説します!

トイレの水が減らなくなった原因によって対処法が異なるので、トイレがつまってしまった原因をしっかりと思い出してみてください。

トイレの水が減らない(引かない)原因別対処法とは?

トイレの水が減らない(引かない)原因別対処法とは?

トイレの水が減らない原因は次の4つに大別できます。

  1. 水に流せる異物がトイレにつまっている
  2. 水に流せない異物がトイレにつまっている
  3. 長年の汚れが蓄積してトイレがつまっている
  4. 庭などにある排水桝がつまっている

これらの原因によってトイレを修理するための対処法が異なります。

この4つの原因のうち、どの原因によってトイレの水が減らないのか考えたり思い出してみてください。

原因1、2のようにトイレに異物をつまらせている場合は、ご自身で修理することもできます。詳しい修理方法は後ほど解説するので参考にしてみてください。

もし、思い当たる原因が無いようでしたら原因3の「長年の汚れが蓄積してトイレがつまっている」と原因4の「庭などにある排水桝がつまっている」が原因である可能性が高いです。

原因3、4に当てはまる場合は、水回りの専門業者でなければ修理が難しくなります。ですので、まずは専門業者に相談して修理することを検討してみてくださいね。

それではトイレの水が減らないときの原因別対処法を詳しく解説していきます!

トイレの水が減らない原因1|水に流せる異物がトイレにつまっている

水に流せる異物とは次のようなものが該当します。

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 水に流せる系グッズ(ウェットティッシュなど)
  • ペット砂
  • 排泄物
  • 嘔吐物

これらの本来トイレに流せるはずのものがつまるのは”大量に流しすぎた”ことが原因である可能性が高いです。

もし、大量に流しすぎたことが原因でトイレがつまっているのであれば、あなた自身でも修理することができますよ!

このときトイレを修理するために役立つ道具は『ラバーカップ(スッポン)』です。

ラバーカップは学校のトイレなどでよく見かける、棒の先端に黒いゴムカップが付いた道具です。

ラバーカップの種類

この画像のように和式用・洋式用・節水型トイレ用があるので、ホームセンターなどで購入するときは種類を間違えないようにしてくださいね。

ラバーカップは専門業者ではない素人の方でも簡単に使えるので大変オススメです。

それではラバーカップを使ってトイレのつまりを直す方法を解説していきます!

ラバーカップでトイレのつまりを解消する手順

スッポンを使用してトイレのつまりを解消する手順

ラバーカップでトイレのつまりを解消する方法は次の手順で行います。

  1. 便器の水量を調整する
  2. ラバーカップを便器の水溜り部分に密着させる
  3. ラバーカップを押す・引く

①便器の水量を調整する

まずは便器内に溜まっている水の量を調整します。

水が溢れ出そうな場合は給水ポンプや容器を使って水を汲み出してください。

逆に水が少ない場合は水を注ぎ足す必要があります。目安としてはラバーカップのカップ部分が水に浸るまで水を継ぎ足しましょう。

②ラバーカップを便器の水溜り部分に密着させる

水を丁度いい量に調整したら、ラバーカップを排水口に密着させます。

この時、排水口に対して平行にカップを押さえつけると密着しやすくなりますよ!

③ラバーカップを押す・引く

ラバーカップを密着させたら、ラバーカップをグッと押し込んでカップをへこませます。

ラバーカップを押す時はゆっくり押し込むようにしてください。

次にラバーカップを引く時は勢いよく引きます。この時は、水が飛び散らずラバーカップが便器から外れない程度の力加減で引きます。

この作業を繰り返し、ゴポゴポッという音がしてつまりが解消されたら作業完了です。

また、ラバーカップ(スッポン)以外にも、『真空式パイプクリーナー』というグッズを使用してトイレのつまりを解消する方法道具を使わずにトイレのつまりを解消する方法もあります。詳しくは次の記事を参考にしてみてください!

トイレの水が減らない原因2|水に流せない異物がトイレにつまっている

次は水に流せない異物がトイレにつまって水が減らない場合の対処法です。

水に流せない異物には次のようなものが該当します。

  • オムツ
  • 生理用品
  • ペン
  • スマホ
  • その他の固形物

これら水に流せない異物によるトイレのつまりは、かなり重度なトイレのつまりに分類されます。

水に流せない異物が便器の目視できる位置にあるなら、ゴム手袋やビニール袋で腕を覆って取り出せるかも知れません。

しかし、目視できない位置に水に流せない異物がつまっている場合は取り出すことが困難になります。特にペンやスマホなどの固形物は業者の手を借りなければ取り出すことが難しいものなんですね。

その中でも、オムツや生理用品などは『針金ハンガー』を使用して取り出すことができる可能性があるのでその方法を解説したいと思います。

針金ハンガーでオムツや生理用品を取り出す方法

針金ハンガーの使い方

針金ハンガーの長所は柔軟性と長さがあることです。

針金ハンガーは伸ばして使えますし、先端を釣り針状にすることでオムツや生理用品を引っ掛けて取り出すことができます。

また、針金ハンガーを伸ばすと約80cmほどになるので、排水管の奥につまっている場合でも対処できます。

針金ハンガーの使い方に慣れる必要はありますが、お家に針金ハンガーがある場合は試してみてください。

しかし、針金ハンガーを使ってもトイレのつまりが解消しない場合や、スマホなどの固形物を落としてしまった場合はすぐに専門業者に修理を依頼しましょう。

また、ここでは紹介しきれなかったトイレつまりの原因別対処法は次の記事にまとめているので参考にしてみてください!

トイレの水が減らない原因3|長年の汚れが蓄積してトイレがつまっている

特に異物がつまったわけでもなくトイレの水が減らない場合は、トイレの排水管に汚れが蓄積している可能性があります。その蓄積した汚れにトイレットペーパーなどが絡みついてトイレがつまることもあります。

このトイレの排水管に蓄積した汚れを取り除くには水回りの専門業者に依頼して修理してもらうしか方法はありません。

専門業者に依頼することで薬品や高圧洗浄機を使用して排水管の汚れを取り除いてもらうことができます。

こちらの記事に排水管の汚れを専門業者に依頼した際の作業内容や相場料金を記載しています。専門業者に依頼する場合は参考にしてみてください。

トイレの水が減らない原因4|庭などにある排水桝がつまっている

トイレの水が減らない原因が”トイレ自体にない”場合もあります。

その事例が庭などにある排水桝がつまっているケースです。

排水桝

排水桝のフタを開けた状態の写真

排水桝は外にあるので、ここに砂利や木の枝などがつまってしまうことがあります。もちろん、排泄物などがつまるケースも少なくありません。

この排水桝のつまりには気づきにくく、実際にフタを開けて確かめてみないことにはつまりの有無を確認することができないんです。

小さな排水桝であればマイナスドライバーなどをヘリに差し込んでフタを開けることができるので、トイレ自体につまりの原因が見当たらない場合は排水桝を開けてチェックしてみてください。

もし、排水桝に砂利や汚物などがつまっていたのであれば、ビニール袋などに入れて処分することでトイレのつまりが直ることがあります。

しかし、排水桝付近の排水管のつまりが原因でトイレの水が減らない場合は、専門業者に依頼して排水管を掃除してもらいましょう。

他の症状を詳しく知りたい方は、トイレ詰まりの症状と対処方法をまとめた次の記事もご参考ください。

トイレの水が減らない故障を直すときの相場料金はいくら?

今回ご紹介した方法を実践してもトイレの水が減らない、そもそもトイレの水が減らない原因がわからないなど、あなた自身では手の尽くしようがないときは水回りの専門業者に修理を依頼しましょう。

専門業者に依頼すれば、どんなトイレのつまりでも解消してくれます。

しかし、専門業者に修理を依頼したときの料金って気になりませんか?

そこで専門業者に依頼する場合の相場料金を掲載するので参考にしてみてください!

作業内容作業料金
軽度のトイレのつまり除去
(紙つまりなど)
5,000円~
トイレのつまり除去
(専門道具使用)
7,000円〜
小便器の詰まり・尿石除去8,000円~
高圧洗浄15,000円
便器着脱作業10,000円〜
便器交換30,000円〜
ワイヤーによる排水管の清掃5,000円〜
薬剤による排水管の清掃10,000円〜
高圧洗浄機による排水管の清掃20,000円〜
ファイバースコープによる排水管の調査20,000円〜

トイレットペーパーなどが原因の軽度なつまり場合は、1万円以内で修理できるケースが多いです。

ただし、スマホなどの固形物を落として排水管の奥につまった場合は高額になるケースがあります。例えば、便器の着脱など特殊な作業が行われるとプラス1万円など追加料金が発生するので修理費が高額になる可能性があります。

しかし、トイレつまりの状況によらず、落下物を取り出すことができないのであれば専門業者に依頼する他ありません。

業者に修理を依頼するなら一刻も早く連絡して、比較的つまりが軽度なうちに修理してもらうのが修理費を安く抑えるコツです。

色々な手を尽くしてトイレのつまりが解消されない場合や、落下物を取り出せないと判断した場合はすぐに業者に電話して相談してみてくださいね!

トイレの水が減らないときに関する質問
水に流せる物がトイレにつまっている場合はどうしたらいいですか?

水に流せる異物がトイレにつまっている場合はラバーカップを使って、ご自身で修理することもできます。ラバーカップを使う時のコツは以下となります。
ラバーカップの正しい使い方

水に流せない異物がトイレにつまっている場合どうしたらいいですか?

オムツや生理用品などによるトイレつまりは、針金ハンガーを使用して解消できる可能性があります。ただし、針金ハンガーを使用する時ハンガーは形を変えてどんどん奥まで潜り込めますが、無理やり押し込んでしまうと別箇所の損傷原因になる可能性もありますので、十分注意してください。
トイレのつまりを針金ハンガーで解消する方法

自分でできるトイレつまりの解消はできたが、まだ症状が治らないです

排水管や排水桝が原因を起こしている可能性があります。ご自分では解決出来ない可能性が高いので専門業者にご相談してみましょう。
排水管や排水桝がつまっている時

トイレの水が減らない故障を直すときの相場料金を教えてください。

つまりの原因にもよりますが、軽度なつまりであれば、5,000円~8,000円ほどで修理できます。重度の場合は便器交換など30,000円以上かかるケースもあるかとおもいます。
業者に依頼する相場料金

修理料金を安く抑える方法を教えてください。

キャンペーンや割引を利用できる専門業者を探すか、複数の専門業者で見積もりを取ることで、修理料金を安く抑える可能性が高いです。当センターでは、「今すぐ」安心して依頼できる専門業者をご紹介しています。

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする