コラム

コラム

2022.02.10

【被害額150万円も!?】 トイレつまり修理で蔓延るぼったくり水道修理業者の実情

bottakuri

東京都下水道局のTwitterに掲載されたイラストが「インパクトが強すぎる」と話題になっています。トイレのつまりに焦った人が焦ってインターネットで検索し、上位(リスティング広告)に表示されたサイトで高額請求されるという事案が増えている事に対し警告をするものです。2022/01/18にツイートされ、1週間で4万件以上リツイートされました。

そのツイートに対し300件以上のリプライ(返信)が寄せられており、その中には「ぼったくり被害」に合った人たちの体験談もありました。

そこで、東京都下水道局のイラスト警告を元にぼったくり業者の被害に合わないための実情を紹介していきます。

水道業者によるぼったくり被害の現状

tokyo under water

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、トイレ修理に関する相談が増えています。リモートワークの導入等で自宅に滞在する時間が増え、トイレの使用頻度が増加したことが背景にあります。

消費者生活センターに寄せられた相談件数

3be3fe09b5bada19440f6b1672b6899d

消費者生活センター

コロナ渦の影響もあり、水道修理の依頼自体が増えるとともに、トラブルの相談件数も増加しています。2020年の相談件数は、2017年と比較すると5倍近くも増加しています。

ぼったくりの手口も巧妙化しており、特に若者や高齢者の被害が絶えません。このようなぼったくり被害がなくならない原因は、悪質な業者は屋号を変更し、ぼったくり請求を繰り返しているためです。

「上位表示」と「上部表示」の違い

高額請求等のぼったくり被害に合わないようにするには、検索時に表示される仕組みについて理解すると、どのような業者に修理の相談をするのが良いか見えてきます。

ここでは、SEOによる「上位表示」のサイトと広告による「上部表示」のサイトの違いについて説明します。

  • SEO対策(上位表示)
  • リスティング広告(上部表示)

SEO対策(上位表示)

利用者がサイトを検索する際、検索結果の1位が28.5%、2位が15.7%クリックされるというデータがあります。このことから、事業者は検索ワードに対して「上位表示」を狙うことで、顧客の獲得を狙います。

seo-ranking

画像のように「東京都 トイレつまり」と検索し、上位表示されているサイトは以下のような順位で掲載されます。(2022/01現在)

「東京都 トイレつまり」の検索順位

  1. 【東京都下水道局】 トイレのつまり – 東京都下水道局
  2. 【クラシアン】 東京都 | トイレのつまり・水漏れ交換 | クラシアン
  3. 【水道修理のセーフリー】 【2022年01月】東京都のトイレのつまり修理おすすめ業者

1位の「東京都下水道局」は東京都が運営している信頼のできるサイト、2位の「クラシアン」はテレビCMでもお馴染みの業界最大手の水道修理業者で、3位に「水道修理のセーフリー」が掲載されています。

このように、検索上位に表示されているサイトはGoogle等の検索エンジンによって情報の正当性、権威性等の観点から信頼できると評価されているサイトであり、検索をしたユーザーにとって最適とされる検索結果を表示しています。

このような「検索上位」のサイトからぼったくり被害が発生することは考え難いです。

リスティング広告(上部表示)

「検索して上位に表示されるサイト」として一番危険性があるのはリスティング広告と言われる広告の出稿方法です。検索ワードに対して「広告」と表記され「上部表示」されるものです。

seo-advertisement

リスティング広告のメリット

  • 検索結果の上部に表示できる
  • 即効性がある
  • 低予算から出稿できる

などが挙げられます。水道事業者からすると、他社と比較した際にSEOでの上位表示に勝てずとも、広告費用をかけることで、顧客の獲得を見込むことができます。

デメリット

  • お金さえ払えば誰でも(どんな業者でも)「上部表示」させられる

トイレがつまった際に慌てていると「広告」と表示されている業者を見落とす可能性があります。そこにはぼったくり業者のサイトも表示されている可能性もあります。東京都下水道局が一番注意喚起したかった内容は「リスティング広告」で「上部表示」される業者が当てはまると考えられます。

ぼったくり業者の見分け方

誤ってぼったくり業者に依頼しないためにも、以下の視点からサイトを確認するとよいでしょう。

  • 料金と相場
  • 会社概要
  • サービス詳細
  • 水道局指定工事店に登録されているか

料金と相場

作業料金が「390円〜」というような企業はぼったくり業者である可能性があります。安い修理料金と銘打って利用者の自宅まで伺い、高額な金額を請求するケースです。簡単なトイレつまりの解消だとしても人件費や移動費用も考慮する必要がありますので実際に支払う修理費用は最低「8,000円〜」が相場になっています。

トイレつまり相場

トイレつまり解消 便器交換 高圧洗浄
費用 8,000円~ 22,000円~+材料費 33,000円~+材料費

会社概要

会社概要とは、会社の全体像を大まかに説明するものであり、事業の内容や規模感などを表記します。

サイトに運営会社を記載していない業者は注意が必要です

悪徳業者は屋号を替えてサイトを作成しています。そのため会社名を公開していないケースが多くあります。株式会社と名乗りながら登記されていないケースもあります。気になる場合は日本帝国データバンク等で調べてみるのも得策です。

サービス詳細

サービスの詳細ページに具体的な内容が明記されているかも有効な判断指標になります。

スタッフの顔が掲載されている

代表や従業員が顔出ししていない業者も数多くありますが。顔出ししていないから悪いということではなく、ここは顔出ししている業者の信頼度が増すという認識で良いでしょう。

作業事例が写真、料金と共に掲載されている

写真は実際にお客様の家で撮ったものかどうかを見てみましょう。作業内容、会話の中で信頼を得ている証拠です。また、修理料金がどういった内訳なのかも注目してください。

更新日時が半年から1年以内

1年以上更新していない場合、ぼったくりもしくは修理自体の対応を行っていない場合もあります。ブログのカテゴリーがあるサイトであれば更新頻度も合わせて見てみましょう。

水道局指定工事店に登録されているか

水道局指定工事店とは、水道の設備工事を行える者として、市区町村の公的機関から認定を受けた工事店のことです。実務経験が3年以上の「給水装置工事主任技術者」という国家資格保有者がいることが絶対条件です。

水道局指定工事店に登録されるメリット

  1. 会社の身分が明確である
  2. 国家資格取得者がいる
  3. 水道修理の専門知識がある
  4. 依頼でトラブルがあった際は水道局に相談することができる

といった点で水道局に登録していない業者よりは安心して相談することができると言えます。

ぼったくり業者と怪しい業者

ぼったくりとは通常、相場に対して何倍もの金額を請求するものです。

他方、相場の範囲内の料金であってもぼったくりではないか?と不審に思うケースもあります。

相場の何倍もの請求を行うぼったくり業者

通常、5万円程度で済むような作業に対し40万円~150万円を請求するような悪質なケースがあります。このような請求をされた場合は絶対に支払ってはいけません。

支払いに対応しないと身の危険を感じる場合など、仮にぼったくり業者に支払った場合でも8日以内であればクーリングオフ適用の可能性がありますので、消費者生活センターに問い合わせてみましょう。

見積もりを数社から取る(相見積もり)ことで、ぼったくり業者に依頼する可能性を下げることができます。

ぼったくり業者と不審に感じるケース

料金は適正(相場内)であっても、業者の対応やサイトに記載されている最低料金の表示によって割高に感じてしまい、「ぼったくられた」と感じることがあります。

  1. 業者の対応が悪い時(身だしなみ等)
  2. サイトに表示されている金額と大幅に差異がある時

1.業者の対応が悪いとき

トイレつまりや水道修理で自宅に来てもらうため、対応する人の清潔感や接客態度はどうしても気になるものです。実際に作業費用が適正価格だとしても、対応次第で費用が割高に感じてしまいます。ぼったくり被害ではないにしろ、水道業者は顧客対応の改善が必要です。

このような場合、他の利用者や水道業者のサービス向上のために「口コミ投稿」等で情報をシェアするのも良いでしょう。

2.サイト記載金額との差異

  • 「基本料金390円~」というような格安の記載
  • 100均のアイテム等で直せる場合もある

上記のように実際の修理依頼費用の相場とかけ離れていたり、自分で簡単に直せるようなサイトを閲覧することによって修理依頼した際に想定より高額だと感じる場合があります。

実際に寄せられる口コミの中にも、「想像以上費用がかかった」という声があるように、相場感を知らないと「ぼったくられた」と感じてしまう場合があります。原因によって修理費用が変動するため、他の施工事例等と比較した場合には割高と感じることもあります。

一概にトイレつまりの修理といっても、原因によっては数万円の作業費用の違いがあります。このことをきちんと業者から説明してもらわない限りは、「損しているのではないか」という気持ちになってしまいます。

実際にあった事例(業務停止命令)

大手の水道修理業者であっても、従業員が虚偽の説明を行ってしまい業務停止命令が下されるという事例がありました。

とある有名水道業者の例

水道修理の依頼を受けた際に、以下のような内容を告げたとされています。

事例

  • 「トイレ一式を交換するしかない」と虚偽の説明
  • クーリングオフが可能な期間にできないかのように告げた

上記のような内容を利用者に告げたとして、特定商取引法違反で9ヵ月間の訪問販売に関する業務の一部の停止と業務改善命令が下されました。

水道修理や工事はクーリングオフできる場合もあります。支払いに応じないと身の危険を感じるなど、もし仮にぼったくり業者に支払ってしまったら消費者生活センターに相談しましょう。

【これってぼったくり?】実際に寄せられていた体験談

東京都下水道局のツイートに実際に返信されていた内容を抜粋してみました。ぼったくり被害に合ったケースや対処方などをご紹介しますので参考にしてみてください。

正月休みの時に詰まらせて業者呼んだけど、5万5千円かかると聞いて帰ってもらった…一応、金はかからないと言う書類を置いていったが怖くなってきたぞ…
引用:Twitter 東京都下水道局ツイートへのリプライより

Avatar

受付
センター

簡単なつまりで5万5千円はぼったくりの可能性が高いです!


しかし、つまりの原因が排水管の老朽化や高圧洗浄といった器具を使用する場合なら適正価格の範囲内です。

この文章だけでは判断がつきませんが、きちんとされている業者であれば説明不足かと感じますね。

娘のマンションのトイレの詰まりで3万円でした。
その上買ったばかりのパナソニックの浄水器も、この水道には合っていないから無料で交換してあげますよと、どこのメーカーか分からないものを取り付けて回収していったそうです。騙される娘も娘ですが、呆れます。
引用:Twitter 東京都下水道局ツイートへのリプライより

Avatar

受付
センター

どういった作業か、どの地域かにもよりますが適正価格の範囲内かと思います。


この文章だけでは判断がつきませんが、浄水器の交換に関しては悪質な可能性もあります。

2万2千円払って「うちよりも安い業者はいない」と言われた
引用:Twitter 東京都下水道局ツイートへのリプライより

Avatar

受付
センター

作業内容にもよりますが、価格は適正価格の範囲内です。しかし「安い業者はない」と言い切ってしまう部分がより怪しく思えてしまいますね。


現実問題として、水道事業者側も500円、1000円で修理ができると思われていることが多いため、やるせなくなってしまい、こういった態度になっている場合もあるのかもしれません。

トイレのつまりで15万円請求されました。基本料金が390円のマグネットチラシの業者を呼んだのですが。。
翌日地元の業者に聞いたら最高でも3万円程度が相場ですと言われました。
引用:Twitter 東京都下水道局ツイートへのリプライより

Avatar

受付
センター

これは確実にぼったくり業者ですね、

トイレのつまりでその値段はあり得ません。


地元の業者さんの通りで、首都圏であってもトイレのつまり修理は2万円〜3万円が相場です。

正しい判断をお願いしたい。冷蔵庫のマグネットやHPの広告にお金をかけているところは2万とかでできるような修理も10万と取ったりする業者がいる。
引用:Twitter 東京都下水道局ツイートへのリプライより

Avatar

受付
センター

マグネット広告や広告を出しているところは広告にもお金をかけているというのは事実ですが、すべてぼったくり業者というわけではありません。


出張費、見積費無料の水道事業者もあるので有効活用したいですね。

実際にぼったくり被害に合わないためには、見積もりを取る際に数社から見積もりを取る(相見積もり)ことで回避することができます。

水道修理はクーリングオフも可能な場合もあります。ぼったくり業者に支払ってしまった場合はまず消費者センターに相談しましょう。

高まる口コミの需要

大手水道業者の業務改善命令の例もあり、水道業者の選び方には敏感になる人も多いです。

そこで「口コミ」が重要視されるようになりました。実際の利用者の声や口コミに対する業者の反応を見ることで、信頼に値する業者なのか判断している傾向が強くなっています。

水道修理のセーフリーでは、そういったユーザーの悩みを解決し、信頼のできる業者を紹介するための口コミサイトを運営しております。おすすめしたい水道業者に口コミの投稿を行ったり、地域や症状ごとに優良な水道業者を調べることができます。水道業者を比較する際に活用してみてください。

お知らせ一覧へ

【公式】水道修理のセーフリー