専門家直伝!
トイレ修理業者の選び方
トラブル回避と見積もりのコツ

適正価格で質の良いサービスを提供する『優良な修理業者』を選ぶのは簡単ではありません。毎日の様に消費生活センターや自治体に料金や工事後のトラブルの苦情が寄せられています。トイレ修理業者を初めて利用されるのであれば、何を基準にして業者を選べばよいか、そのヒントさえ見つけることができないかもしれません。

そこで重要になるのが『正しい業者の選び方』とは何か、です。
ここでは以下の情報を紹介させていただきます。

これら情報は、すべての方が、地域・日時・希望条件に合った優良な業者を選べるようにと、私たち「トイレつまり修理受付センター」が、多くの業者を取り扱う中でまとめ上げたものです。そして何より、高額料金を請求して悪質なサービスをする悪徳業者に引っかからない知識を身に付けることができます。
皆さまにお役立ていただければ幸いです。ご意見等もお待ちしています。

トイレつまり修理業者で
対応可能なトラブル

トイレつまり修理業者は、トイレに関する様々なトラブルに対応可能です。ここでは、トイレつまり修理業者で対応可能な【詰まり】【水漏れ】【水が流れない】【水が止まらない】【ウォシュレット・便器交換】に関するトラブルについて詳しく解説します。

詰まり

トイレの詰まりは原因ごとに適切な処理を行わなければ現在・未来において状況悪化させることがあります。修理業者は、軽度な詰まりであればラバーカップ(スッポン)などを利用して詰まりを解消します。しかし重度の詰まりの場合には、専用器具を使用したり、状況によっては便器を取り外して詰まりを解消します。さらに、つまりの原因が排水管や汚水桝にあるケースもあり、それぞれ適切な処置が求められます。

水漏れ

水漏れが発生すると床下浸水が発生する恐れがあり、至急止水栓を閉めて応急処置を行わなければいけません。
修理業者にご連絡いただければ、ご自宅に到着までお電話で止水栓の閉め方など応急処置のアドバイスを行います。ご自宅に到着後は水漏れ箇所を特定し水漏れの修繕を行い、水漏れによる住居へのトラブルにも対応します。

水が流れない

水が流れない主な原因は、トイレタンクの部品の破損・劣化が考えられます。トイレタンクの部品をご自身で修理することも可能ですが少しハードルが高くなります。修理業者では、水が流れない原因の解明から解決まですべての対処を行います。トイレタンクの部品の用意・交換も行うのでお客様に作業的な負担がかかることはありません。

水が止まらない

水が止まらず水が溜まり続けるトラブルは速やかな解決が求められます。水が溢れだし床が水浸しになることで、カビや木材腐朽菌が発生・繁殖し腐食が起こります。修理業者は水が止まらない問題を解消するだけでなく、これを原因として今後住居に起こりうるすべての問題に対する対処を行います

ウォシュレット・便器交換

ウォシュレット・便器の交換には専門知識と専門技術が必要です。修理業者ではメーカーから直接ウォシュレット・便器を取り寄せ、交換を行います。ウォシュレット・便器の交換だけでなく、不要になったウォシュレット・便器の処分も行うのでお客様に負担を掛けることはありません

トイレつまり修理業者を選ぶ際に
重要な10のポイント

ここではトイレつまり修理業者を選ぶときに確認しておくべき10のポイントをお伝えします。前半の4つのポイントは、業者の基本情報について、あなたの希望条件に合うかを確かめるために確認する項目です。後半の6つのポイントは、業者の信頼性について、その業者が優良業者なのか悪徳業者なのかを見極めるために確認する項目です。

対応エリアに入っているか

業者の対応エリアにお住まいの地域が含まれているかどうかをチェックしましょう。その際、都道府県レベルではなく市町村レベルで対応エリアを確認します。対応エリア外の地域に出張する場合は、時間がかかるばかりでなく、追加料金がかかる業者もあるので注意が必要です。

24時間・即日対応可能か

深夜・早朝にトイレの修理を依頼するのであれば【24時間対応】の業者を選んでください。また、水漏れなどが発生して緊急事態の場合は【即日対応可能】な業者を選びましょう。その際に、深夜早朝割増料金がかかるかどうかも確認しておいてください。

料金、お支払い方法はどうか

トイレの修理にかかる料金は相場料金と比較して高過ぎないか・安過ぎないかを確認しましょう。(相場料金はページ後半に掲載しています。)修理業者によって支払い方法が異なるので事前に確認しておいてください。(支払い方法:現金払い・カード払い・銀行振込・後払いなど)

到着スピードは速いか

到着スピードの速さは、業者の営業所とあなたのお家が近いほど速くなります。業者について調べる際、営業所の住所を見てお家との距離を確認してください。電話した際に「何分ほどで到着しますか?」と聞いてみるといいでしょう。

運営・施工実績はどうか

一概には言えませんが、業者の創業年数が長いほど信用度が高いです。長く続いているということは、地元に愛されているという1つの証拠となります。また、ホームページに掲載されている施工実績もチェックしましょう。特に写真付きの施工例が多い業者は参考にしやすく信用に値します

アフターフォローはあるか

トイレの修理が終わった後に、トラブルが再発したり満足できない点が残ることがあります。その際に追加料金なし、もしくは良心的な価格でアフターフォローを行ってくれる業者であれば安心して修理を依頼できます。例えば、『修理から1年間は同様のトイレ詰まりの対応は無償で行う』修理業者があります。

資格や補償はあるか

業者を選ぶ際に【水道局指定】の業者かどうかホームページなどで確認しましょう。ホームページに記載されていない場合は電話で問い合わせてみてください(水道局指定については後述)。ほとんどの修理業者では業者の落ち度による故障などは全額補償します。また、PL保険に加入している業者も多く、修繕完了後に、お客様が欠陥・被害にあった場合の損害を補償いたします。

口コミ・評判はどうか

業者に寄せられている口コミを見て評判が良いのか悪いのか確認してください。このとき参考にするべき口コミは【写真付きの口コミ】【手書きの口コミ】【業者の良い点・悪い点が詳細に書かれている口コミ】です。不自然に高評価な口コミや、営業妨害としか思えないような批判的な口コミはあまり参考にしないようにしましょう。

HP・SNSは更新しているか

HPやSNSの更新がない業者は【悪評が広がるたびに名前を変え営業をしている】【長期的な運営をする気がない】【施工事例などの発信する情報が無い】という可能性があります。HP・SNSの更新がないからと言って絶対信用できないわけではありませんが、HP・SNSを更新して、どのようなスタッフが在籍しているのか、どんな作業を行っているのかなど業者の状況を把握できる方が安心して依頼できると思います。

キャンペーン割引などあるか

キャンペーン情報はホームページに記載されているので必ずチェックしてくださいね。業者によっては初回限定割引を利用できたり、◯日前までに予約することで割引を受けられます
キャンペーン割引を利用する際は、利用の条件などを詳しく確認しておきましょう。

水道局の指定工事店って何?
信用できる?

水道局の指定工事店(正式名称:指定給水装置工事事業者)とは何を意味するのでしょうか?
水道局の指定工事店とは、各自治体の水道事業者から給水区域内で給水装置工事を適正に施行する事ができると認められ指定を受けた業者を言います。以下の3点が指定工事店に認められる全国一律の基準です。

  • 給水装置工事主任
    技術者をもっている
  • 工事に必要な器材、
    資材を取りそろえている
  • 適切な工事と事務手続き
    を行うことができる業者

このような基準が設けられているので、一定の安心は保証されていると考えていいでしょう。ただし、水道局の指定工事店を100%信用できるかと聞かれると話は別です。水道局の指定工事店を選ぶメリット・デメリットを解説しながら、指定工事店の信用性にも触れたいと思います。

水道局の指定工事店を選ぶ メリットは?

水道局の指定工事店を選ぶメリットは、一定の信用が約束されているという点です。指定工事店は先ほど挙げた3つの全国一律の基準を満たしているので、指定工事店でない業者よりは格段に信用できます。そして、万が一トラブルが発生すれば、指定工事店に認定している自治体に苦情を入れることができるので、業者も下手なサービスを提供してばかりいられません。以上のような理由から『水道局の指定工事店を選ぶメリット=信用性が高い』と言えます。

水道局の指定工事店を選ぶ デメリットは?

【水道局指定工事店】という認定はユーザーの信頼を得るために重要なアピールポイントになります。
しかし、水道局の指定工事店というだけで簡単に信用してはいけません。指定工事店の認定は業者の信用を保証するものではなく、自治体に水道工事業をするための申請・指定を受けた業者という事でしかありません。このように絶対的な信用性が保証されているわけではない、という点を念頭に置いて業者を選ぶ必要があります。

悪質な水道業者には要注意!

悪質業者事例

①事前に見積もりをしない

事前の見積もりをすることなく作業を開始する業者がいます。作業がある程度進んだところで料金を提示する行為は悪質業者の常套手段です。

回避するポイント

まずは業者に連絡した際に「事前見積が可能かどうか」確認しましょう。業者が自宅に到着した後、勝手に作業を開始した場合は事前見積もりするよう依頼してください。

②電話やメールで料金を断定する

電話やメールで連絡した時点で料金を断定する業者にも要注意です。トイレの修理にかかる料金は、実際のトイレの状況を調査しない限り確定しません。

回避するポイント

電話やメールで料金を断定する業者には依頼しないことです。そのような悪質業者はお家に入り込んで断りにくくすることが目的です。最初から悪質業者をお家に迎え入れないようにしましょう。

③業者の概要や住所が不明

業者の概要や住所が不明の業者は悪質業者の可能性が高いです。その理由は住所を特定されることを恐れているから。健全な業者であれば概要や住所を隠す必要はなく、むしろユーザーに信用してもらうために業者に関する情報はできる限り公開するはずです。

回避するポイント

業者のホームページを確認して、業者概要や住所が記載されているか確認しましょう。
その他にもメールやSNSなどの連絡手段が用意されているかどうかもチェックしてください。

トイレつまり修理の
依頼の5つの注意点

問い合わせ時に確認すべきことは?

問い合わせ時に料金について以下のことを確認してください。

問い合わせ時点で修理費用は確定しませんが、おおよその料金は教えてくれるはずなので確認しておきましょう。
また、見積もりだけでも出張費用がかかるかどうか、見積もりだけなら無料なのかどうかも確認しておくべきです。そしてもう1つ、トイレの状況を詳しく伝えて修理可能かどうかも確認してください。もし、問い合わせた業者で修理できない状況であれば時間の無駄になります。

業者が自宅に来たときに確認すべきことは?
業者が自宅に来た際も、見積もりや点検が無料かどうか確認しましょう。自宅に来るなり勝手に作業を開始する業者は、作業終了後に法外な料金を請求してくる恐れがあります。必ず、見積もり後に作業をするのかどうか確認しておいてください。
見積もり受け取り時に注意すべきことは?
見積もりを提示された時点では契約完了していません。なので、見積り金額が高いと感じた場合はきちんと断りましょう。着手後に再見積もりを求められた際も同様です。そして、その見積り料金が適正価格なのかどうか、相場料金や他社の見積り料金と比較して確かめてみてください。
修理作業時に注意すべきことは?
作業には必ず立ち会いましょう。見積もりに記載されている作業を行っているかを確認する必要があります。
また、作業中にミスが発生する可能性がゼロとも言い切れません。業者側の過失でトイレが破損したときのためにも立ち会いのもと作業をしてもらいましょう。
作業終了時に確認すべきことは?
作業が終了した後にも見積もり通りの作業が行われているか確認してください。また、請求額が見積もりに記載されている料金と合っているかどうかのチェックも行ってください。そして、修理後の動作確認は業者スタッフの立ち会いのもと行いましょう。

トイレつまり修理業者との
トラブルを
回避する4つのポイント

1.追加工事の際に必ず確認すべき事とは?

追加工事を提案されたときは必ず見積もりを確認してください。悪質業者の場合だと、追加工事という名目で高額料金を請求してきます。トイレの故障という緊急事態でパニックに陥っていると正常な判断が難しくなりますが、特に料金が高額な場合は時間をおいて判断しましょう。もしくは余裕があれば他の業者に連絡をして、本当に追加工事が必要かどうか確認してもらう方法もあります。追加工事が必要かどうかは素人では判断しづらいので、同業者である他の水道業者に判断してもらうのが良いでしょう

2.工事料金見積もりの見えざる金額項目とは?

チラシや広告で「トイレのトラブル5,000円!」などと宣伝されていますが、5,000円ポッキリで修理できるとは限りません。むしろこのような宣伝通りの料金で修理できる可能性はゼロだと考えましょう。
宣伝に掲載されている料金の多くは基本料金のみを載せているケースが多いです。つまり、実際にトイレを修理するとなれば基本料金以外の料金が加算されるわけですね。具体的に、基本料金以外には【出張費用】【作業料金】【部品代】【廃材処理代】がかかります。業者によっては基本料金無料、出張費用無料となる業者もありますが、どのような料金が請求されるのかホームページなどをしっかり確認しておいてください。

3.工事前に受けるべき作業説明とは?

トイレの修理を開始する前に必ず作業説明を聞いておきましょう。
例えば「〇〇の状態でトイレが詰まっているので〇〇作業が必要です。この作業のために見積り金額が〇〇円となります。」というような説明を受けましょう。大切なのは何にいくらの料金がかかるのかという説明と、なぜその作業が必要なのかという説明です。業者スタッフの説明が曖昧な場合は、より詳しい説明を求めてください。

4.買い替えの勧めに乗る・乗らない?

トイレの詰まりで便器の買い替えが必要になるケースは滅多にありません。このことを念頭に置くと、買い替えの勧めに簡単に乗るべきではないでしょう。ただし、便器が破損している場合は買い替えが必要になることもあります。買い替えが必要かどうか判断できない場合は、他の業者にも見積もりを依頼して公平な判断ができる体制を整えてください。買い替えは高額になるケースが多いので、即決することなく知人に相談して冷静な判断をすることも大切です。また、各便器メーカーの市場価格も確認しておくようにしましょう。

トイレつまり修理にかかる
料金と
相場を理解する3つのポイント

1.基本料金に外にかかる費用相場は?

出張費用……1,000円〜3,000円が多い、無料の業者もあり

作業料金……簡単な詰まり除去は8,000円程度 ※作業料金の相場は後ほど掲載

部品代………部品によるが5,000円以内のパーツが多い

廃材処理代小さな部品は数百円、便器などは10,000円になることもある

2.費用を事前に調べることはできる?
目安となる費用は業者のホームページで調べることができます。料金表や事例、またSNSに情報があればその料金や納得感に着目してリサーチするとよいでしょう。電話やメールで状況を詳しく説明することでおおよその料金を提示されることもありますが、最終的な料金を知りたい場合は見積もりを依頼するしかありません
3.見積もり値引き交渉の方法は?
業者によっては値引き交渉可能な場合があります。値引き交渉の成功率を上げるには複数の業者で見積もりを取りましょう。他社の見積額を提示しながら値引き交渉すると交渉に応じてくれやすくなります。また、1社も見積もりを取っていない段階では、他社で見積もりを取る予定だということをお伝えすると成功率がアップします。少しでもあなたに有利な条件になるように、ダメ元でもいいので値引き交渉してみてるとよいでしょう。

トイレ修理料金相場表

作業内容作業料金
詰まり除去(軽度)8,000円
詰まり除去(専用器具使用)20,000円
詰まり除去(トーラー使用)30,000円 ※3mからは3,000円/1m
詰まり除去(高圧洗浄機)50,000円 ※3mからは3,000円/1m
便器着脱作業20,000円
パッキン交換など10,000円
トイレタンク部品交換※タンク着脱なし10,000円
トイレタンク部品交換※タンク着脱あり30,000円
ウォシュレット交換15,000円〜
便器・タンク交換20,000円〜
早朝・深夜割増料金0円〜5,000円
追加作業料金現地見積もり

まとめ

トイレつまり修理業者をご利用される前は様々な不安がつきまとうかも知れません。 実際、トイレ修理を適正価格で提供する業者がある一方で、法外な料金で修理を行う悪質業者が横行しています。

そこで『トイレつまり修理受付センター』では安心して利用できる認定事業者のみを掲載しています。 トイレつまり修理業者のご利用がはじめてなら、当サイトでご紹介している業者の中から選んでいたただくと悪質業者に遭遇することはありません。

口コミをチェックしてみよう!

また、業者の口コミ・利用料金・キャンペーンなどの情報を掲載しているので、業者を検討する際の参考にしてみてください!
もし業者を利用された際には、みなさんのご参考になるよう口コミのご協力をお願い致します。

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする