エアコンの修理費用を症状別に解説!業者の選び方と自分でする対処法

2022.07.29 2022.07.31

本記事ではエアコンの修理が必要な症状と原因、費用相場について解説します。

エアコンは5年以上使用していると、風が臭い、冷えないといった問題が出てきます。さまざまなエアコンの症状の原因、業者に修理を依頼すべきケースと相場費用、業者の選び方を紹介するので参考にしてください。

まずはご自分でエアコンのトラブルを解消するためにできることも紹介するので、そちらを試してから業者に依頼するかどうか考えましょう。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

業者選びが面倒な方はこちらがオススメ!無料コンシェルジュに依頼する!水道修理コンシェルジュにトラブル内容をお伝えするだけで お客様の希望通りのオススメ水道業者を最短5分でご紹介いたします。

circle ttl

050-7562-0650

受付時間 8:00〜21:00

concierge tel sp

concierge line

concierge mail

man ttl01

エアコンの症状別の原因・修理費用

23272276 s

エアコンの故障かなと考えられる症状には、次のようなものがあります。それぞれの原因と、修理をした場合の費用の目安を紹介します。

  • 電源が入らない
  • エアコンをつけても冷えない(または暖まらない)
  • 室外機が動かない
  • ルーバーが動かない
  • 風が出ない
  • エアコンから水漏れする
  • エアコンからの異臭

電源が入らない

電源が入らないとあわててしまいますが、意外と簡単な原因の場合も少なくありません。電源が入らないときは、次のことが原因として考えられます。

  • コンセントが外れている(ブレーカーが落ちている)
  • リモコンの汚れ・故障・電池切れ
  • エアコン本体の故障

本当にエアコン本体が故障しているのかどうかを確認するには、応急運転スイッチを使用します。応急運転スイッチを押しても動かないなら、室内機または室外機が故障していると考えられます。

室内機の修理なら7,000~50,000円、室外機の修理は20,000~130,000円と費用には幅があります。どの部品を交換するのかによって修理費用が大きく異なるためです。

エアコンをつけても冷えない(または暖まらない)

エアコンをつけても冷えない、または暖まらない場合には以下の原因が考えられます。

  • エアコン内部に使われている部品が故障
  • 冷媒ガスの漏れ

暖まらないのは、霜取り運転をしている可能性もあります。室外機に霜が付着すると暖房しにくくなるため、霜取りが始まる機種があるのです。霜取り運転をしているときは、暖房機能が停止するので待っていると稼働し始めます。

エアコン内部の部品は、室内機に使われているファンモーター、冷媒ガスを圧縮するコンプレッサーなどさまざまです。

修理費用の相場は室内機ファンモーターなら20,000〜30,000円、コンプレッサーなら20,000〜80,000円、冷媒ガス漏れなら15,000~50,000円です。状態によってはかなりの高額になるようです。

室外機が動かない

室外機が動かない原因は次のことが挙げられます。

  • 風通しが悪い
  • 制御基板の劣化など部品の問題
  • 配線のトラブル
  • 室外機の凍結

室外機の周辺にものが増えて風通しが悪くなっているのなら、周辺の掃除をしましょう。室外機が本当に壊れているのかを確認するためには、応急運転スイッチを押して稼働するかどうかで確認できます。

室外機の故障に必要な修理費用は、20,000~130,000円です。

ルーバーが動かない

ルーバーとはエアコンの吹き出し口に設置された、羽のような部品です。モーターにつながっており、ルーバーが動いて風向きを変えます。

ルーバーが動かない原因は次の2つが考えられます。

  • ルーバーの破損
  • モーターの故障

ルーバーが破損しているのであれば、ルーバーを交換するだけで解決されます。ルーバーを外してみて、エアコンを入れて風の動きを確認してみればルーバーが破損しているのか、モーターに原因があるのかがわかります。

業者に依頼した場合の費用相場は、ルーバー交換だけなら7,000~15,000円、ルーバーモーターの修理が必要なら10,000〜20,000円程度でしょう。

風が出ない

設定が正しい状態なのに風が出ないのであれば、次のことが考えられます。

  • 冷媒ガス漏れ
  • 室外機の故障
  • エアコンフィルターの汚れ

まずフィルターを掃除してみて、それでも風が出ないなら修理が必要です。

冷媒ガス漏れなら15,000~50,000円ですが、室外機の故障は20,000~130,000円と費用に幅があります。

エアコンから水漏れする

エアコンからの水漏れの主な原因はドレンホースです。ドレンホースは、エアコンの室内機から生成される水分を外部に排出するためのホースのことです。

  • ドレンホースのつまり
  • ドレンホースの破損
  • 室外機の傾き

ドレンホースが原因なら、内部の清掃やドレンホースの交換で解決します。室外機が傾いて水が排出できない状態なら、再設置工事が必要です。

エアコンの水漏れ修理費用は一般的に7,000~15,000円くらいです。

エアコンからの異臭

エアコンから出る風が臭くて気になるのなら、フィルターの汚れが原因のことがほとんどです。

フィルターを丸洗いしても異臭が続くなら、プロのエアコンクリーニング業者に依頼して、フィンなど素人では触れられない部分も洗ってもらいましょう。

自動お掃除機能付きのエアコンでも、ずっと使っていると異臭が出ることがあるので、掃除をしましょう。

業者に依頼した場合のクリーニング費用は8,000〜10,000円ですが、お掃除機能付きや天井埋め込みタイプはもう少し高額です。

エアコンの修理を頼む前に試してみたい4つのこと

2412814 s

エアコンが動かないからとすぐに修理を依頼する前に、次のことを試してみてください。

意外と単純なことで動かないだけということがあります。特に購入して2年程度なら、故障ではないかもしれません。試してみたいことは次の4つです。

  • コンセントを一度抜く
  • 室外機の周りを確認
  • リモコンを確認
  • エアコンフィルターの掃除

コンセントを一度抜く

最近の家電製品はデジタル化されているため、デジタル部分に問題が生じると機能しなくなることがあります。パソコンも問題が生じたら、再起動をすると解決することがよくありますね。

エアコンもリセットが必要になることがあります。エアコンのリセットの仕方は簡単で、一度コンセントを抜いて、1分間ほど待ってから、もう一度コンセントを差し込みます。デジタルにエラー表示が出ているときはこれで、ほぼ大丈夫です。

しかしそれでもエラー表示が続くなら、もう一度コンセントを抜いて1時間程度放置してから、再度コンセントを差し込んでみてください。

室外機の周りを確認

室外機の周りに植木鉢などが置かれてホースがふさがれていると、うまく機能しません。例えば冷房の場合は、エアコンが空気を冷却し、熱い空気が室外機から出るシステムになっているのです。

また、空気を冷却した際に生成される水がドレンホースから排出できないことが原因で、エアコンから水漏れすることがあります。

以下の点をチェックしてください。

  • 室外機の吸い込み口周辺に必要なスペースは10㎝以上
  • 室外機の吹き出し口周辺に必要なスペースは20㎝以上
  • 室外機の吹き出し口、吸い込み口をふさぐものはないか

リモコンを確認

リモコンが原因で作動しない場合があります。次のような原因が考えられるので、チェックしてください。

  • リモコンの電池不足
  • リモコンの設定ミス
  • リモコンが汚れている(柔らかい布で拭き取る)
  • リモコンのデジタルに問題(リセットが必要)

リモコンのボタンを押してもエアコンが作動しないのは、リモコンの電池切れという可能性もあります。ついリモコンはいつでも動くものと思いがちですが、電池が切れていないか確認しましょう。

以下のような症状があれば、リモコンの電池を取り替えてみてください。

  • リモコンの液晶の文字が薄く見えにくい
  • リモコンをエアコンに近づけないと反応しない

エアコンフィルターの掃除

エアコンは室内の空気を吸収するので、その際ホコリも一緒に吸い込み汚れてしまいます。フィルターに汚れが蓄積すると、エアコンが機能しなくなります。

フィルターが汚れると十分に冷えた空気が出ないので、設定温度を下げがちです。そのため電気代も上がってしまいます

十分に暖まらない、冷えないという場合は一度フィルターを外して丸洗いをしてみましょう。できれば定期的な掃除がおすすめです。

エアコンの買い替えか修理か見極めるポイント

24470647 s

エアコンは買い替えとなると設置費用も含め高額になるので、買い替えか修理か、迷ってしまいます。ここでは買い替えをすべきかどうかの判断方法を解説します。

購入してからの年数

ダイキンやパナソニックなどいずれのメーカーも修理用パーツの保有期間は10年です。そのため10年以上利用しているエアコンは修理も難しく、買い替えがおすすめです。

ただし、使用する時間にもよります。総務省のアンケート調査によると、エアコンの買い替えは13年程度です。つまりエアコンの寿命もほぼ10年と考えていいでしょう。

しかし、使用する時間によって、早い場合は5年程度で不具合が起きる例もあります。7年程度でも、不具合の箇所が複数なら寿命が来たと考えられます。

光熱費をチェック

古いエアコンは電気の使用量が多く、電気代がかさみます。ただし、2000年前後からエアコンの省エネ化が進み、現在は10年前の機種と比較してもあまり電気の使用量には差がありません。

環境省の運営する省エネページ「COOL CHOICE」によると、10年前の機種と比較すると4%ほどしか少なくなっておらず、ほとんど同じです。

しかし、エアコンが古くなって機能が低下すると、なかなか冷えなかったり暖まらなかったりして、電気使用量が増えています。光熱費を確認し、ライフスタイルが変わらないのに高額になっているようなら、エアコンの劣化により消費電力が多くなっている可能性があります。

修理費用の見積もり

エアコンの修理費用がどのくらいかかるのかを確認し、購入した方が安いと感じたら買い替えがおすすめです。

修理費用の見積もりで出張点検費用が発生しないように、見積もりが無料の業者に依頼しましょう。見積もりは複数の業者に依頼して、適正価格かどうかの確認も必要です。

エアコン修理を依頼する業者は?

23521691 s

エアコンの修理はどのような業者に依頼すればいいのでしょうか。

  • エアコン・メーカーのお客様センター
  • 設置してもらった業者
  • エアコンクリーニング業者
  • 即日対応が可能な業者

それぞれのメリット・デメリットを紹介します。また、賃貸マンション等にお住まいの方はどうしたらいいのかも説明しますので、参考にしてください。

エアコン・メーカーのお客様センターへ依頼

設置されているエアコンのメーカーお客様センターへ依頼するのが最も確実な方法です。エアコンの機種の種類やその特徴を知っており、部品交換が必要な場合は手に入りやすいのでおすすめです。必要と思われる部品もすべて持って来てくれるので、すぐに修理をしてもらえます。

特に保証期間内なら無料で対応してくれることもメリットです。メーカーによりますが、一般的に保証期間は本体が1年間、冷媒系統が5年間です。

ただし保証期間が過ぎると有料になり、出張料・技術料・点検費・部品代がかかります。点検した結果、買い替えをすることになっても、出張料と点検費を支払わなくてはいけません。例えば、ダイキンの出張点検費は7,000~16,000円です。

設置してもらった業者に修理を依頼

エアコンを設置してもらった業者なら、「本体保証」「工事保証」を用意している業者も多く、保証期間内なら無料で修理をしてもらえます。ただし、設置した業者でも修理はエアコン・メーカーに依頼することがあります。その場合は、うまく伝わらないこともあり、修理にすぐに来てもらえない可能性も。

また、保証期間が過ぎていると有料になってしまうので、事前にどのくらい費用がかかるのか確認しておきましょう。設置した業者なら買い替えの場合、点検費がサービスになるかもしれません。しかし、買い替えの方が儲かるので、修理ができるものでも買い替えを勧める可能性があるので、注意が必要です。

エアコンクリーニング業者にクリーニングを依頼

悪臭がするのであれば、エアコンクリーニング業者に依頼してクリーニングをすれば、解決する可能性があります。ただし、クリーニング業者はクリーニングしか対応しておらず、電気系統などが故障していたら対応できません。

確実に汚れが原因とわかっている場合にのみ依頼しましょう。

即日対応が可能な業者に依頼

エアコンの修理に対応している業者なら、即日対応が可能な場合もあります。特に保証期間が過ぎているエアコンは修理業者への依頼がおすすめです。

修理業者なら無料で見積もりをしてくれることがほとんどです。そのため、複数の業者に見積もりを依頼し、納得できる業者を選ぶことができます。

また、エアコンを販売しているわけではないので、修理ができるのに買い替えを勧めることもありません。ただし、中には十分な技術を持たない業者もいるので、注意が必要です。

水道修理業者の中には、高い技術でエアコン修理をしている業者もいます。水道修理のセーフリーを利用するとエアコン修理でも評判が良い、信頼できる業者を見つけることができます。

賃貸の場合はまず大家さんか管理会社に

賃貸マンションなどに設置されているエアコンが故障したら、修理費用は大家さんまたは管理会社の負担です。しかし勝手に修理業者に依頼するのではなく、大家さんか管理会社に連絡して修理の依頼をしてください。勝手に修理を依頼すると、修理費用を払ってもらえないことがあります。

また、故障をそのままにして悪化してしまうと、借主の負担になるのでできるだけ早くに連絡することが大切です。故障したときにどうしたらいいかは契約時に決められているはずなので、契約書で確認しましょう。

できれば、入居時にエアコンが動作するかどうかを確認しておくと安心です。夏になって使おうと思ったときに、悪臭がしたり風が出なかったりすると、修理に時間がかかります。契約前に確認すれば、すぐに修理してもらえますよ。

エアコンの修理をするか費用で悩んだら

エアコンのトラブルの症状と修理費用の相場を紹介しました。
エアコンの調子が悪いと快適な生活ができないばかりか、光熱費も必要以上に使ってしまいます。
しかし、修理をするか買い替えにするか、迷ってしまいますね。また、修理をする場合はどこに依頼すべきなのかも問題です。
業者を選ぶときは水道修理のセーフリーを利用して費用を確認してからの依頼がおすすめです。口コミやお得な情報も紹介しているので、ぜひ利用してみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

エアコンの修理に関するよくある質問

  • エアコンが動かないのですが、すぐに業者に依頼したほうがいいですか?

    業者に依頼する前に次のことをしてみてください。

    • コンセントを一度抜く
    • 室外機の周りを確認
    • リモコンを確認
    • エアコンフィルターの掃除

     

    エアコンの修理を依頼する前に試してみたいことを詳しく見る

  • エアコンが壊れてようなのですが、買い換えるかどうか迷っています。

    買い替えか修理かは次の点を確認して決めましょう。

    • 購入してからの年数
    • 光熱費をチェック
    • 修理費用の見積もり

     

    修理か買い替えかの見極め方を詳しく見る

  • エアコンが故障するとどんな症状が現れますか?

    エアコンは故障すると次のような症状が現れます。

    • 電源が入らない
    • エアコンをつけても冷えない(または暖まらない)
    • 室外機が動かない
    • ルーバーが動かない
    • 風が出ない
    • エアコンから水漏れする
    • エアコンからの異臭

    症状によって原因はいろいろです。原因を知って対処しましょう。

    症状別に原因と修理費用を知る

水道修理

    あなたの身近な水道修理業者を徹底比較

    お住まいの都道府県
    トラブル箇所
    お支払い方法
    重視すること(複数選択可)

    お困りの場所から探す

    【公式】水道修理のセーフリー