室外機の水漏れの原因とは?自分でできる対処法と修理が必要なケース

2022.07.29 2022.08.01

室外機から水漏れしているときの原因と、対処法について解説します。

室外機から水漏れしていると故障を疑いたくなりますが、基本的に正常動作なので問題ありません。

しかし、室外機からの水漏れが大量にある場合などは、専門業者でないと修理が行えないので、原因を見極めることが重要です。

この記事では、室外機から水漏れしている原因と対処法を紹介するとともに、修理を依頼した方がよいケースなどについて解説します。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

業者選びが面倒な方はこちらがオススメ!無料コンシェルジュに依頼する!水道修理コンシェルジュにトラブル内容をお伝えするだけで お客様の希望通りのオススメ水道業者を最短5分でご紹介いたします。

circle ttl

050-7562-0650

受付時間 8:00〜21:00

concierge tel sp

concierge line

concierge mail

man ttl01

室外機からの水漏れは正常動作

23272276 s

エアコン稼働時に室外機から水漏れするのは、基本的に故障ではありません。冷房の仕組みによる室外機の水漏れ、またはエアコンの霜取り運転(暖房時)によるものなのです。

ここでは、室外機から水漏れが発生するメカニズムについて解説します。

運転モード 室外機から水漏れする要因 故障判定
冷房・除湿(ドライ) ・室内機からの結露水
・ドレンホースから排水(運転時連続して発生)
・室外機配管に付着した結露水
・高湿度時に発生する水漏れ
正常
暖房(霜取り運転) ・室外機アルミフィンに付着した霜が溶けた
・中~大量の水漏れ(約200~300ml)
・1~2時間に1回程度排水する
正常

冷房・除湿の仕組みによる室外機の水漏れ

エアコンの冷房・除湿の仕組みは、室内の空気をエアコン熱交換器に取り込み、冷やして戻すようになっています。

熱交換器に空気が取り込まれ、急激に冷やされることによって熱交換器が結露し、その水分が室外機から排水されるのです。

また、エアコン運転時には、室外機の配管が冷やされ結露し、室外機から水漏れすることもあります

いずれにしても、これらはエアコンの冷房・除湿の正常動作であり、室外機から水漏れしているからといって故障ではありません。

霜取り運転による室外機の水漏れ

エアコンで暖房を使用すると、室外機からは熱交換器で冷やされた空気が排出されます。

このとき、冷やされた空気が排出され続けると、ラジエーターに霜が付着してしまいます。そのままだと霜によって正常動作が行えなくなってしまうので、エアコンは室外機に霜が付いたと判断すると、自動的に霜取り運転を行うように設計されているのです。

霜取り運転切り替えのタイミングは、以下の通りとなっています。

動作 動作時間
1.エアコン稼働
2.暖房 1~2時間
3.霜取り運転 5~15分
4.暖房 1~2時間
5.霜取り運転 5~15分

つまり、エアコンで暖房を使用すると、霜取り運転が自動的に行われるので、室外機から水漏れしても何ら問題ありません。

霜取り運転で発生する水の量

エアコンで暖房を使用している際に室外機から水漏れする量は、1日の運転で約200~300ml程度となっています。

1日の暖房の稼働で、室外機からこれだけの水漏れが起こると故障を疑いたくなりますが、暖房時の室外機からの水の排出量を知ると納得できるでしょう。

霜取り運転が原因でエラーコードが出る場合も

エアコンで異常が発生した際のエラーコードは、霜取り運転が起因して起こることがあります

寒冷地など冬場の気温が低い環境下に室外機があると、霜取り運転で室外機から水漏れして再び凍ることがあるのです。

すると、再び凍ってしまった氷が室外機のファンに接触し、暖房運転が止まってしまいエラーコードが表示されるようになります。エアコンには寒冷地仕様の室外機があり、室外機の底面に取り付けられたヒーターで凍ることを防いでいます。

そのため、暖房使用時にエラーコードが出た場合は、室外機が寒冷地仕様のものか確認するようにしましょう。

室外機の水漏れがなくても室温が正常なら問題なし

エアコンで冷房・除湿を使用すると、室外機から水漏れすることが正常運転であるならば、逆に水が排水されない場合は故障が疑われるのでしょうか?

その答えは、室外機からの水漏れがなくても室温が正常なら問題ありません。

なぜならば、熱交換器での結露の発生は、部屋の空気の水分量によって決まるからで、空気中の水分量が少なければ、室外機から水漏れしないこともあるからです。

室外機から水漏れしていなくても、室内が正常に冷やされているなら、故障の心配はありません。

自分で行える室外機の水漏れ対処法

1849692 s

室外機から水漏れする動作が正常であっても、ベランダが水浸しになったり、水で染みができて困ることもあるでしょう。

ここでは、自分で行える室外機の水漏れ対処法について解説していきます。

ドレンホースの設置および延長

室外機からの水漏れによって、ベランダに水が溜まったり、水で染みができて困る場合、ドレンホースの設置および延長によって問題を解決できます。

排水位置を調節すれば良いだけなので、簡単に行うことが可能です。

ドレンホースはホームセンターなどで購入でき、設置も延長も難しくはありませんので、実践してみることをおすすめします。

排水レールの取り付け

排水レールの取り付けによっても、室外機の水漏れ位置を調節することができます。

排水レールとは排水口まで水を誘導する部品で、ホームセンターなどで購入することが可能です。

ベランダの床に貼り付けるものが販売されているので、ベランダの水はけが良くない場合は検討してみると良いでしょう。

室内の水漏れはドレンホースを疑う

エアコンから室内に水漏れする場合は、ドレンホースのつまりを疑ってみましょう。

エアコン稼働時に室外機のドレンホースからある程度水漏れすれば正常ですが、ポタポタとしか出てこない場合は、ドレンホースが詰まっており、室内に逆流していることが考えられます。

ドレンホースは地面に接しており、ゴミや虫が入ることもあるので、ドレンホース内の清掃を行いましょう。

ドレンホースの清掃方法

ドレンホースの清掃を行う際には、歯ブラシまたは割り箸、ガーゼ、輪ゴム、掃除機を予め用意しておきましょう。

ドレンホースの清掃方法は以下の通りです。

  1. 歯ブラシまたは割り箸でドレンホース入り口付近のゴミを掻き出す
  2. ドレンホース先端にガーゼを覆い、輪ゴムでとめる
  3. ガーゼで覆ったドレンホース先端を掃除機で吸い込む
  4. ガーゼを取り外し、水が出てきたら完了

なお、掃除機で吸い込む際には、ドレンホース内の水を掃除機が吸い上げないように、2秒程度でON/OFFするようにしましょう。

ドレンホースに異常がない場合

ドレンホースに異常がなく、室内に水漏れしている場合は

  • フィルターの汚れ
  • ルーバーの結露
  • 熱交換器の汚れ

を疑ってみましょう。

フィルターの汚れは洗浄することで解決し、ルーバーの結露の場合は向きを変えながら使用すると解消されます。熱交換器の汚れに関しては、専門業者に依頼する方が無難です。

また、購入して間もない場合は、エアコンの設置不良による水漏れも考えられるので、設置業者に確認してもらうと良いでしょう。

修理が必要な室外機の水漏れ

23521691 s

運転モード 室外機から水漏れする要因 故障判定
冷房・除湿(ドライ) ・大量(200~300ml以上)の水漏れ
・室外機配管に付着した霜が溶けて水漏れ
・室外機底面から水漏れ
・運転停止時に水漏れが発生
故障(冷媒ガスの漏れ)
暖房(霜取り運転) ・1~2時間おきに大量に水漏れする
・室外機アルミフィンに付着した霜が溶けて水漏れ
・室外機底面からの水漏れ
故障(室外機ファン異常)

室外機から以上のような水漏れが発生している場合、修理が必要な可能性があります。できるだけ早い段階で専門業者に依頼しましょう。

それでは、それぞれの症状について解説していきます。

冷媒ガス漏れによる室外機の水漏れ

何らかの原因でエアコン内の冷媒ガスが漏れ出てしまうと、冷房運転時に室外機付近の配管に霜や氷が大量に付着してしまいます。

特に、冷媒ガス漏れした状態で長時間冷房運転を行っていると、霜・氷はどんどん大きくなり続け、運転停止と同時に一気に溶け出してくるので、室外機周辺が水浸しになるほど水漏れしてしまうのです。

冷媒ガス漏れしていない状態でも配管に結露することはありますが、霜や氷が発生することはありません。

冷媒ガス漏れに関しては、エラーコードが表示されるエアコンとそうでないエアコンがあります。室外機から大量に水漏れする場合は、冷媒ガスの漏れを疑ってみましょう。

冷媒ガス漏れの判定方法

冷媒ガスの漏れを判定するには、ゲージマニホールド(圧力計)でガス圧を測定します。室内機の吸込空気(室内機上部)と室外機吹出空気の温度差を測ることでも、簡易的に判定が可能です。

  • 冷房時の温度差:8~13℃
  • 暖房時の温度差:16~23℃

以上のような温度差であれば正常ですが、エラーコードが表示されていないにも関わらず、温度差があまりない場合は冷媒が漏れていると考えて良いでしょう。

冷媒ガス漏れの発生箇所

エアコンの冷媒ガスが漏れやすい場所は、室内機側と室外機側の冷媒配管接続部です。

家庭用エアコンの冷媒配管接続部は、フレア加工した銅管をフレアナットで締め付け、圧着接続するようになっています。

この配管の接続方法であれば、冷媒ガスが漏れにくい構造になっているものの、完全に冷媒ガスが漏れ出さないような構造ではありません。施工不良によって、稀に冷媒ガス漏れが起こってしまうのです。

また、中古品購入や引っ越し時に、フレア加工した銅管の使い回しを行うと冷媒漏れしやすいので、エアコン設置時には取り付け業者に確認しましょう。

室外ファン異常による室外機の水漏れ

暖房稼働時には、1~2時間おきに霜取り運転が稼働するので、1日に200~300mlほど室外機から水漏れすることは正常動作です。

しかし、1~2時間おきの霜取り運転時に、まるで水道の蛇口が開いたように大量に排水する場合には、室外ファン異常による室外機の水漏れが疑われます。

これは、室外ファンが何らかの原因で回らなくなった際に出る症状です。暖房運転時に室外ファンが停止することによって、アルミファンだけが極端に冷却されてしまい大量の霜が付着し、霜取り運転と同時に溶けてしまうことで引き起こされるのです。

暖房運転中に室外ファンが回らなくなる原因

暖房運転中に室外ファンが回らなくなる原因には

  • 室外ファンまたはファン駆動回路(基盤)の故障
  • 室外ファンに異物が挟まっている

ことが考えられます。

室外ファンまたはファン駆動回路(基盤)が故障した場合は、室内機側でエラーコードが表示され動作が停止するので、早めに専門業者に依頼しましょう。

室外ファンに異物が挟まっているケースの場合、子供のイタズラの他、氷点下の環境で暖房運転し、霜取り運転で溶けた水が再び室外機内で凍ってしまうことでも引き起こされます。

そのため、暖房の効きが悪くて室外機から大量の水漏れが発生している場合には、室外機のファンが動作しているか確認してみてください。

室外機の水漏れ修理はプロに依頼

pixta 88678377 M

ドレンホースのつまりに起因する室内機の水漏れは、原因がはっきりしているので自分で解決することが可能です。

しかし、エアコンの設置不良や効率低下による内部の過剰冷却、冷媒ガス漏れによる室外機からの水漏れは、個人で解決するには限界があります。

専門知識が必要になりますし、場合によっては電気系統に触れる可能性があり、感電や漏電の危険もあるのです。

そのため、個人で室外機の水漏れ修理が困難と感じたら、専門業者に依頼する方が安心できます。また、エアコンメーカーの保証期間内なら、アフターサービスを利用するのも良いでしょう。

専門知識のあるプロに任せれば、室外機の水漏れの原因もすぐに特定し、適切な処置を行ってくれます。

室外機の水漏れでお困りの方は

pixta 79047946 M

室外機からの水漏れは、基本的に正常動作なので、心配する必要はありません。

しかし、1日に200~300ml以上の室外機の水漏れ、配管に霜や氷が大量についている場合は、専門業者に依頼するようにしましょう。

水道修理のセーフリーでは、室外機の水漏れに対応可能な水道修理業者も多数紹介しています。お住まいのエリアから簡単に優良な水道修理業者を検索できるので、ぜひ利用してみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

室外機の水漏れでよくある質問

  • 室外機から水漏れするのは異常ですか?

    エアコン稼働時に室外機から水漏れするのは、基本的に故障ではありません。

    これらは、冷房の仕組みによる室外機の水漏れ、またはエアコンの霜取り運転(暖房時)によるものです。

    室外機からの水漏れの原因について見てみる

  • 室外機の水漏れでベランダが濡れて困るのですが、対策はありますか?

    エアコンの正常動作による室外機からの水漏れは、ドレンホースの取り付けなどによって排水位置を調節できます。

    自分で行える室外機の水漏れ対処法について見てみる

  • 専門業者に依頼したほうが良い室外機の水漏れはどういうものですか?

    冷媒ガスの漏れ、室外機のファン異常による水漏れの場合は、専門業者に依頼する方が良いでしょう。

    修理が必要な室外機の水漏れについて見てみる

  • 専門業者に依頼するか否かの判断はどうすればいいですか?

    ドレンホースのつまりなど、原因がはっきりしているケースなら自分で行えますが、設置不良や冷媒ガスの漏れは自分で行うのに限界があります。エアコンの保証期間は比較的長いので、メーカーに問い合わせてみると良いでしょう。

    室外機の水漏れ修理を業者に依頼するケースについて見てみる

水道修理

    あなたの身近な水道修理業者を徹底比較

    お住まいの都道府県
    トラブル箇所
    お支払い方法
    重視すること(複数選択可)

    お困りの場所から探す

    【公式】水道修理のセーフリー