トイレつまりの直し方

実践!!水撃でトイレのつまりを直す方法|成功率を上げる3大要素とは?

突然のトイレのつまりを直す解消グッズがなくて困っていませんか?

そんな窮地に立たされているときに役立つ方法が『水撃』です。

水撃とは、文字通り水を勢いよく流した衝撃でトイレのつまりを直す方法です。

この方法を利用する最大のメリットは、トイレのつまりを直す専用グッズを一切用いないことですね。すべてお家にあるものだけで水撃することが可能です。

この記事では水撃でトイレのつまりを解消する方法、つまり解消の成功率をアップさせる3つの要素、水撃する際の注意点などを詳しくお伝えしていきます!

まずはじめに、水撃で解消可能なつまりの原因をお伝えするので必ずチェックしてくださいね。

トイレつまりを水撃で解消する紹介動画

水撃で解消可能・不可能なトイレつまりの原因

水撃で解消可能・不可能なトイレつまりの原因

トイレがつまっている原因の物によっては水撃を使用してもトイレのつまりを直すことができません。

もし、水撃では対処できない物に対して水撃を使ってしまうと、時間の無駄になってしまったり、つまりを悪化させてしまう原因になってしまいます。

まずはここで、水撃を使うべきなのかどうかをチェックしておいてください。

水撃で解消可能なトイレつまりの原因

  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 排泄物・嘔吐物
  • 水に流せる系グッズ

これらのように、水に流すことができるもの・水に溶けやすいものがトイレにつまっている場合は水撃で対処できる可能性があります。

しかし、つまりの位置が奥にあったり量が多い場合は解消できないこともあるので、その際は他の方法を試すか専門業者に相談してみてください。

水撃では解消不可能なトイレつまりの原因

  • スマホ
  • おもちゃ
  • オムツ
  • 生理用品
  • その他固形物

これらの水に流せないもの・水に溶けないものがトイレにつまっている場合は水撃で対処することができません。

オムツや生理用品は水を吸い込むと膨張するので、水撃をするとさらに状況を悪化させてしまいます。

また、防水のスマホが沈んだときも余計な衝撃を与えない方が故障の確率を下げることができます。

そして、以上のものがつまった場合だけでなく、つまりの原因がわからないときも水撃は用いないようにしましょう。トイレのつまりの原因がわからない場合は業者を呼んで原因を確認してもらってください。

水撃でトイレつまり解消の成功率を上げる3つの要素

水撃でトイレつまり解消の成功率を上げる3つの要素

これからお伝えする3つの要素を抑えておくことで水撃の成功率を上げることができます。

その3つの要素とは・・・

  1. 水温
  2. 水量
  3. 水を流す高さ

この3つの要素が重要になるので詳しく解説していきますね!

①水温は50℃〜60℃を目安に!

水撃でトイレのつまりを直すときは、水道水の水をそのまま使うのはあまり良くありません。水温が低いままだとトイレットペーパーなどが溶けにくくなり、つまりの解消が難しくなります。

逆に水温が高すぎるのも良くありません。水温が高いと陶器製のトイレがひび割れたり破損する原因になります。

水温は50℃〜60℃のややぬるめのお湯を目安に用意してください。

②水量はバケツ半分以上を用意!

水撃をするときの水量が少なすぎると、つまりの原因に水流が届かず意味がなくなってしまいます。

バケツ半分以上の水を用意しておくとつまりを解消しやすくなりますよ。

③水は高い位置からゆっくり流す!

バケツ半分以上の水を用意しても、低い位置から水を流してしまうと水の勢いが弱くなってしまいます。

腰くらいの高さからゆっくり水を流すようにしてみてください。

水撃でトイレのつまりを解消する4つのステップ

水撃でトイレのつまりを解消するときは次の4ステップで行います。

  1. トイレットペーパーなどは取り除く
  2. 便器の水を汲み出す
  3. バケツの水を腰の高さからゆっくり流す
  4. 水を流してつまりの解消を確認する

①トイレットペーパーなどは取り除く

トイレがつまると便器内の水にトイレットペーパーが浮いている場合がよくあります。他にもつまりの原因が目視できる位置にある場合はビニール袋や割り箸で取り出しましょう

便器内の異物を取り除くことで水撃の勢いを殺さずに、つまりの原因に水の勢いを届けることができます。

②便器の水を汲み出す

便器内の水の量が多い場合は灯油ポンプやペットボトルなどで水を汲み出してください。

水の量が多いと水撃の威力が弱くなってしまうので、できる限り水を汲み出してくださいね。

③バケツの水を腰の高さからゆっくり流す

トイレットペーパーなどを取り出し、水を汲みだしたらバケツから水を流し入れます。

先程もお伝えしましたが、水を流すときは腰の高さからゆっくり水を流しましょう。

バケツがない場合は、水を温めた鍋などから直接注いでも大丈夫ですよ!

水撃以外での解決方法は、トイレ詰まりのトラブルをまとめた次の記事をご参考ください。

水撃でトイレのつまりを解消できない場合は?

水撃でトイレのつまりを解消できない場合は?

水撃は万能でどんなトイレのつまりも直すことができる道具ではありません。

すでにお伝えした通り、スマホなどの固形物や水に溶けない物がつまった時には利用できませんし、つまりが酷い場合も水撃で直せないこともあります。

もし水撃を何度かトライしてみてトイレのつまりが解消されない場合は『専門業者』に依頼しましょう。

専門業者であればトイレのつまりを素早く・的確に状況を判断してつまりを直すことができます。

簡単なつまりであれば到着から5分ほどで直ることも少なくありません。

修理費はつまりの状況によりますが、便器を取り外す必要がない簡単なケースだと8,000円ほどで修理することができます。

もちろん業者や状況によって費用は前後しますが、事態が悪化しない早めのうちに業者に依頼した方が結果的に修理費用を安く抑えることができます。

水撃では対処できないつまりの原因だったり、水撃を使ってもつまりを解消できないのであれば業者を呼んで素早くつまりを解消させましょう!

自分で直すときは要注意!!失敗すると大変なことに…
今週のイチオシNO.1業者

東京・神奈川・埼玉・千葉を対応エリアとするスマートレスキューは、経験豊富なプロの職人が水回りのお困りごとを解決してくれます! 出張費・お見積もりも無料で、最短30分で駆けつけてくれます! ぜひご検討ください!

詳細を見る
今週のイチオシNO.1業者

東京・神奈川・埼玉・千葉を対応エリアとするスマートレスキューは、経験豊富なプロの職人が水回りのお困りごとを解決してくれます! 出張費・お見積もりも無料で、最短30分で駆けつけてくれます! ぜひご検討ください!

詳細を見る
水撃で直す方法に関する質問
水撃で直す方法での注意する点はなんですか?

トイレットペーパーなどトイレで流せるものがつまっているときに試してください。流し込む水の水温(50~60℃)、水量、水を流す高さ、を抑えておくと成功率が上がります。
水撃による成功率を上げる3つの要素

水撃で解決できない場合はどうしたらいいですか?

ご自分で出来そうなその他の解消方法を試してください。ご自分では難しい場合は専門業者に依頼してください。

簡単なトイレのつまり予防方法を教えてください。

まずは、水に溶けやすいトイレットペーパーに切り替えましょう。トイレットペーパーにもJIS規格が設定されており、この記載があれば、水に溶けやすいと判断できます。また、定期的にトイレの配管の状態をチェックすることで、異常を早期発見することができるでしょう。

専門業者に依頼した場合の修理費用の相場について教えてください。

つまりの原因にもよりますが、軽度なつまりであれば、5,000円~8,000円ほどで修理できます。重度の場合は便器交換など30,000円以上かかるケースもあるかとおもいます。

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする


トイレつまり修理業者: