原因別トイレつまりの対処法

オムツが原因のトイレつまりを直す方法|便利な2つの道具とNG行動とは?

 

オムツによるトイレつまりはかなり重症なケースに分類されます。

オムツは吸水性が高くトイレットペーパーと違い溶けることがないので、放置するほどつまりが悪化してしまいます。

だから、オムツがトイレにつまったときはスピード勝負と考えた方がいいでしょう。オムツが便器の見える位置にあるときに取り出せるのが一番です。

この記事では、具体的にどのようにしてオムツを取り出すのか、オムツがつまったときにやってはいけないNG行動などをお伝えします。

専門業者に依頼する場合の相場料金も掲載するので、どうしてもオムツを取り出せない場合は参考にしてみてください!

 

 

トイレにつまったオムツを安全に取り出す方法

トイレにつまったオムツを安全に取り出す方法

トイレにつまったオムツを取り出すにはゴム手袋やビニール手袋を使用してください。

素手でトイレに突っ込むと衛生的に悪いですし、手にギズやあかぎれがある場合は雑菌が入り込む可能性があります。

もし、ゴム手袋などがない場合はビニール袋を複数枚重ねて、水が入らないようにしてからオムツを取り出してください。

トイレにつまったオムツが見えない場合はどうすればいい?

トイレにつまったオムツを目視できる場合は簡単に取り出せるはずです。

しかし、誤ってトイレの水を流してしまい排水管の奥でオムツがつまる場合も考えられます。

万が一、トイレの水を流してしまいオムツが見えなくなっても、排水管の手前にある場合は手を突っ込んで取れる可能性があるので試してみてください。

ただし、手を突っ込んでもオムツを掴めない場合は、専門業者に任せるしかありません。

オムツがトイレにつまったときのNG行動

オムツがトイレにつまったときのNG行動

トイレのつまりを直す代表的な道具としてラバーカップ(スッポン)があります。

このラバーカップはトイレにトイレットペーパーがつまったときなどに使用する道具です。

しかし、トイレにオムツがつまったときにラバーカップを使用してはいけません。

オムツがつまった状態でラバーカップを使用するとオムツが排水管の奥に押し込まれる恐れがあるんです。

オムツが排水管の奥に押し込まれると、便器を取り外して復旧作業をしなければいけないので時間もお金も余分にかかってしまいます

オムツがトイレにつまってもラバーカップを使用しないように注意してください。

トイレにつまったオムツを取り出せる2つの道具とは?

トイレにつまったオムツを取り出せる可能性がある2つの道具があります。

それが針金ハンガーとワイヤーブラシです!

針金ハンガーは、針金ハンガーを伸ばして先端を引っ掛けることでオムツを取り出します。

ワイヤーブラシはトイレのつまりを直す専用道具で、使用方法はこれから詳しく解説しますね!

道具1|針金ハンガーでトイレにつまったオムツを取り出す

道具1|針金ハンガーでトイレにつまったオムツを取り出す

針金ハンガーの長所は柔軟性と長さがあることです。

針金ハンガーは伸ばして使えますし、先端を釣り針状にすることでオムツを引っ掛けて取り出すことができます。

また、針金ハンガーを伸ばすと約80cmほどになるので、排水管の奥につまったオムツにもラクラク届くんですよ!

針金ハンガーの使い方に慣れる必要はありますが、お家に針金ハンガーがある場合は試してみてください。

道具2|ワイヤーブラシでトイレにつまったオムツを取り出す

ワイヤーブラシでトイレにつまったオムツを取り出す

ワイヤーブラシは、ワイヤーを伸ばして先端にある金属製のバネでトイレのつまりを解消する専門道具です。

オムツの位置が排水管の奥にある場合にも有効で、ラバーカップなどとは異なり物理的に力を加えてつまりを解消します。

ワイヤーブラシは次の手順でトイレのつまりを直す方法はこちらです。

  1. ワイヤーの先端部分を便器の奥に入れる
  2. ワイヤーを押し込んでハンドルを回す

①ワイヤーの先端部分を便器の奥に入れる

トイレには排水路が手前向きのトイレと、排水路が奥向きのトイレがあります。この排水路の向きに合わせてワイヤーの先端をセットします。

まず、ワイヤーのハンドルをいっぱいまで引き、先端だけを便器の奥に差し込みます。

便器の排水路の入口部分は少し上向きになっているので、ワイヤーを入れるときは少し上向き気味にすると入れやすくなりますよ!

②ワイヤーを押し込んみながらハンドルを回す

いっぱいまで引いていたハンドルをゆっくり押し込んでワイヤーを奥に押し込んでいきます。ワイヤーを押し込むときに少しだけハンドルを回すと奥に押し込みやすくなりますよ。

そして、ワイヤーの先端がオムツにぶつかり、それ以上奥に行かなくなったらしっかりとハンドルを回します。ハンドルを回すことでワイヤーの先端にあるバネがオムツに引っかかり取り出せるようになります。

他のトイレつまりの原因については、次の記事をご参考ください。

オムツのトイレつまりを専門業者に依頼した場合の相場料金は?

オムツのトイレつまりを専門業者に依頼した場合の相場料金は?

トイレの修理を業者に依頼した場合、便器の着脱の必要があるかどうかで料金が変わります。

便器を着脱する必要がなければ5,000円〜8,000円ほどが相場料金です。

しかし、オムツが排水管の奥につまっている場合は便器を着脱する必要があるので、相場料金プラス約10,000円かかることが多いです。

つまり、便器の着脱が必要な場合は15,000円〜18,000円ほどを予算として見積もっておいてください。

業者によって基本料金、出張料金、夜間料金などが必要になる場合があるので、相場料金から上下する可能性はあります。

まずは専門業者に電話して相談してみてくださいね!

 

自分で直すときは要注意!!失敗すると大変なことに…
今週のイチオシNO.1業者

東京・神奈川・埼玉・千葉を対応エリアとするスマートレスキューは、経験豊富なプロの職人が水回りのお困りごとを解決してくれます! 出張費・お見積もりも無料で、最短30分で駆けつけてくれます! ぜひご検討ください!

詳細を見る
今週のイチオシNO.1業者

東京・神奈川・埼玉・千葉を対応エリアとするスマートレスキューは、経験豊富なプロの職人が水回りのお困りごとを解決してくれます! 出張費・お見積もりも無料で、最短30分で駆けつけてくれます! ぜひご検討ください!

詳細を見る
オムツがつまった時に関する質問
針金ハンガーを使用する時の注意点を教えてください。

ハンガーは形を変えてどんどん奥まで潜り込めますが、無理やり押し込んでしまうと別箇所の損傷原因になる可能性もありますので、十分注意してください。
針金ハンガーで解消する方法

ワイヤーブラシはどこで購入できますか?

ホームセンターやAmazonなどのところで簡単に購入できます。
ワイヤーブラシで解消する方法

ワイヤーブラシを使うときの注意点を教えてください。

ワイヤーを使用する時、汚水が飛び散る可能性がありますので、周りを養生することが重要です。ビニールシート、雑巾、新聞紙などで養生しましょう。
ワイヤーブラシで解消する方法

専門業者に依頼したトイレつまりの修理にかかる費用相場について教えてください。

つまりの原因にもよりますが、軽度なつまりであれば、5,000円~8,000円ほどで修理できます。重度の場合は便器交換など30,000円以上かかるケースもあるかとおもいます。

少しでも修理費用を抑えたい場合はどうしたらいいですか?

キャンペーンや割引を利用できる専門業者を探すか、複数の専門業者で見積もりを取ることで、修理料金を安く抑える可能性が高いです。当センターでは、「今すぐ」安心して依頼できる専門業者をご紹介しています。

関連記事

症状から探す

直し方から探す

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする


トイレつまり修理業者: