トイレの給水ホースでの水漏れの対処法!ウォシュレットの交換・修理の判断基準

2023.07.21

トイレで給水ホースからの水漏れを見つけたときの、応急処置や対処法を解説します。

給水ホースからの水漏れは、ウォシュレットの水漏れの中でもよく起きるトラブルです。応急処置をして落ち着いてからゆっくり対処すれば、業者に依頼しなくても解決できる可能性があります。

水漏れを放置するとさまざまなリスクがあるので、できるだけ迅速な対応が必要です。まずは、応急処置から始めましょう。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水のトラブルサポートセンター

「水のトラブルサポートセンター」では100万件以上に対応してきた経験と実績でトラブルを解決。料金については見積り0円、出張費0円、深夜割増も0円で対応している。また、当社では外的要因による故障や不具合などの心配がないよう、1年~5年の無料保証制度を設けているので安心して利用できる。

詳細を見る

PR

業者選びが面倒な方はこちらがオススメ!無料コンシェルジュに依頼する!水道修理コンシェルジュにトラブル内容をお伝えするだけで お客様の希望通りのオススメ水道業者を最短5分でご紹介いたします。

トラブル内容をお伝えするだけで、
お客様の
希望通りのオススメ水道業者ご紹介します!

050-7562-0650 受付時間 8:00〜21:00

050-7562-0650 受付時間 8:00〜21:00

ウォシュレットで給水ホースの水漏れは起きやすい

157 s

トイレで水漏れが起きた場合、ウォシュレットからなら次のことが原因として考えられます。

  • 内部の弁・バルブユニットの故障
  • 水抜き栓の割れやOリングの劣化
  • ウォシュレット本体と給水ホースまたは配管の結合部分の緩み
  • パッキンの劣化
  • 給水フィルターの目詰まり

この中で、給水ホースの接続部分からの水漏れは比較的起きやすく、また、ご自分で直せる可能性があります。

給水ホースからの水漏れ以外のトラブルについては、以下の記事を参考にしてみてください。

トイレの給水ホースから水漏れが起きた際の応急処置

27135667

トイレで水漏れを見つけたときは、応急処置を施しましょう。被害が広がらないために、また、対策を落ち着いて考えるためにも、以下の順で対応してください。

1.コンセントを抜く

まずは、トイレのコンセントを抜いて電流を止めます。電化製品は濡れていると漏電や感電の可能性があり、とても危険なので電流を止めることが必須です。

すでにコンセント周辺が濡れていると危険なため、素手で触らず、ゴム手袋など電気を通さない素材でできた手袋をはめておくと安心です。

2.止水栓を閉める

水漏れの被害が広がらないために、トイレの止水栓を閉めて水を止めます。もし、ウォシュレットの独立した止水栓があれば、ウォシュレットの止水栓を閉めるとトイレは通常通り利用可能です。

止水栓は、時計回りに回すと閉まります。ハンドル式なら手で回せますが、マイナス溝タイプはマイナスドライバーが必要です。

もし、止水栓を長期間使っていないと、硬くなって動かない場合があります。無理に動かすと壊れてしまう可能性があるので、止水栓が動かない場合は元栓を閉めましょう。元栓は、水道メーター横に設置されています。

元栓や止水栓の位置や閉め方がわからない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

3.床を拭く

濡れたまま放置しておくと、トイレの床に設置されているクッションフロアなどがめくれてしまいます。

タイルや木材でも劣化してしまう可能性があり、カビが生える原因にもなるので乾いた雑巾でカラ拭きをして乾かしましょう。

また、窓やドアを全開にし、換気扇を回してできるだけ乾燥させてください。

トイレの給水ホースからの水漏れなら自分で修理も可能

27040428

給水ホースからの水漏れの原因は、以下のようなことが考えられます。

  • 給水ホースのつなぎ目のゆるみ
  • 分岐金具の劣化

原因が以上なら、ご自分での修理が可能です。

給水ホースのつなぎ目のゆるみ

まず、トイレの給水ホースのつなぎ目を確認しましょう。

給水ホースをつないでいる金属製のジョイントがゆるんでいるなら、ジョイントを締め直すだけで水漏れが直るケースもあります。

ほとんどのメーカーの製品では、つなぎ目のナットの緩みは手で締め付けられます。できない場合は、説明書を確認してください。

分岐金具の劣化

給水ホースのつなぎ目のゆるみを締めても水漏れが解消しないなら、分岐金具の劣化が原因の水漏れである可能性が高いです。分岐金具を交換してみましょう。

ウォシュレットの分岐金具は特殊な部品で互換性はないので、メーカーの公式サイトで購入してください。必ずウォシュレットの型番を確認しましょう。

ご自宅のウォシュレットに対応する分岐金具を選ばないと、交換できない、または交換しても水漏れが続く可能性があります。

トイレの給水ホース修理を業者に依頼

24005258

トイレの給水ホースの修理は、水道修理業者に依頼できます。どのような場合に業者に依頼すべきか、またどの程度の費用が必要なのかを説明しますので、参考にしてみてください。

業者に依頼すべきケース

トイレの給水ホースの水漏れで以下のようなケースは、業者への依頼がおすすめです。

  • メーカーの保証期間を過ぎている
  • 自分で分岐金具の交換ができるか不安
  • できる範囲で修理をしたが、水漏れが直らない
  • 水漏れの原因がわからない

保証期間内なら、まずはメーカーに問い合わせてみましょう。保証期間を過ぎると、メーカーの修理は点検・見積もりだけでも料金が発生することがあるので、問い合わせ時に確認が必要です。

業者の修理料金の目安

ウォシュレットの水漏れ修理の費用相場は、5,000円~15,000円です。出張費や基本料金が発生しても、ほぼ15,000円以内で済む業者がほとんどです。必ず見積もりをしてもらってから、作業を依頼しましょう。

見積もり前にご自宅の修理料金をより正確に知りたい方は、水道修理のセーフリー簡易水回りトラブル診断をご利用ください。

「トイレつまりがいつ起きたか」「トイレを設置して何年か」など8つの簡単な質問に答えるだけで、相場料金をお知らせします。

修理業者の選び方

問い合わせ電話で以下の点を確認し、相見積もりをして選びましょう。

  • ウォシュレットの修理に対応しているか
  • ご自宅のウォシュレットメーカーを取り扱っているか
  • 見積もりは無料か

ご自分で選ぶ自信がない方や、すぐに業者に依頼したい方は水道修理のセーフリーコンシェルジュをご利用ください。ご希望をお聞きして、最短5分で信頼できる業者を無料でご紹介します。

ウォシュレットを交換か修理か迷ったら

27157382

ウォシュレットで水漏れが生じて修理をするか、交換か迷っている方もいらっしゃるでしょう。以下のような場合は、新しいウォシュレットへの交換がおすすめです。

  • ウォシュレットの寿命がきている
  • 新しい機能を持ったウォシュレットに交換したい

気になる交換に伴う費用も解説しますので、参考にしてみてください。

ウォシュレットの寿命は10年ほど

ウォシュレットの寿命は、10年ほどといわれています。TOTOやLIXILといったメーカー公式サイトには、想定安全使用期間を10年としていると明記されています。

もちろん使い方や家族の人数によっても異なり、家にいる時間が長い家族が多いと、7年程度で買い替えが必要なケースも。

また、修理に必要な部品は、製造中止から10年で保管期限が終了するので、10年以上のウォシュレットの場合は、部品が手に入らないかもしれません。部品がなく修理できない場合は、交換するしかないでしょう。

新しいウォシュレットの機能

修理すればまだ使える状態でも、新しい機能のついたウォシュレットは魅力的です。以下のような機能がついており、さらに改善が進んでいます。

  • 洗浄機能
  • 清潔機能
  • 脱臭機能
  • 節水機能
  • 節電機能

以上のように、掃除が楽になる機能や節約機能、ニオイが残らない機能などが次々と改善されているので、新しいウォシュレットにすると生活クオリティーが上がります。

どのような機能が付いているのか、公式サイトやお店で確認してみましょう。

ウォシュレット交換の費用目安

ウォシュレットは安いものなら1万円、機能が揃っている最新式のタイプなら10万を超えるものまでさまざまです。ご自分で交換すれば、本体価格だけで済みます。

業者に交換を依頼した場合の費用は、ウォシュレットの本体価格に作業料金や基本料金を足した金額になります。業者が扱っている機種や割引率も異なるので、必ず見積もりをしてもらってから依頼しましょう。

リモコンが壁に取り付けるタイプか、本体に設置されているタイプかでも、費用が異なります。壁に取り付けるタイプは壁の工事が必要になるので、その分高額になります。

業者に依頼した場合の交換費用相場

業者に依頼した場合の費用を紹介します。

基本料金・出張費・割増料金は、作業に関係なく加算される料金です。業者によって異なるので、問い合わせ時に確認しましょう。

項目 相場費用
ウォシュレット交換作業 15,000円~20,000円
処分費用 3,000円~5,000円
基本料金 0円~5,000円
出張費 0円~3,000円
深夜・休日の割増料金 0円~8,000円

少なくとも3社以上の業者に見積もりを依頼し、比較してより希望に合った業者を選びましょう。

しかし、ご自分で選ぶ自信がない方や、すぐに業者に依頼したい方は水道修理のセーフリーコンシェルジュをご利用ください。ご希望をお聞きして、最短5分で信頼できる業者を無料でご紹介するサービスです。

トイレの給水ホースの水漏れを放置するリスク

リスク

トイレの給水ホースからの水漏れの量が少なく、床も大して濡れていないと放置してしまいがちですが、以下のようなリスクがあります。

  • 感電や漏電
  • 水道料金が高くなる
  • 結露やカビの発生
  • クロスや床材の腐食
  • 火傷

とても危険なので、放置せずに対処してください。なぜこのようなリスクがあるのかを、順に説明します。

感電や漏電のリスク

ウォシュレットに水がかかって漏電が始まり、感電してしまうケースが報告されています。

発火したり発煙したりという可能性もあるので、とても危険です。ウォシュレットが電化製品であることを忘れないようにしましょう。

水道料金が高くなるリスク

トイレで水漏れが続くと、水道料金にも影響があります。

水道料金の計算の仕方は自治体によって異なりますが、使用水量の増加に応じて水量区画ごとの単価が上がるシステムを採用している自治体ですと、少し量が増えただけで突然1万円以上高くなるケースも見られます。

「少ししか漏れていないから」と放置していると、とんでもない額の請求書が届くかもしれません。

結露やカビの発生リスク

水漏れを放置すると、床や水漏れ箇所が濡れているため、トイレ室内の湿度が高くなってしまいます。

湿度が高まると結露の原因となり、カビが増えて健康被害の原因にもなります。特に、アレルギー体質の方がいる家庭は、注意が必要です。

黒カビなどで、壁や床にシミがついてしまう可能性もあります。

クロスや床材の腐食リスク

トイレの水漏れを放置すれば、床材や壁まで濡れた状態になり、その下の材木が腐食してしまう可能性があります。腐食がすすむとシロアリの発生があり、害虫駆除をしないと住宅全体が傾いてしまいます。

マンションといった集合住宅にお住まいなら、階下の住宅にも関係する恐れがあり、注意が必要です。

下手をすると管理会社や住人に訴えられ、高額の負債を負ってしまうことになるかもしれません。

火傷のリスク

電化製品であるウォシュレットに水がかかることにより、誤動作が原因で熱いお湯がノズルから出てしまい、火傷をしてしまう可能性があります。

特に高齢者のいるお宅では、気をつけてください。

トイレの水漏れ予防方法

25001497

最後に、トイレやウォシュレットの水漏れを予防する方法を紹介します。

  • 換気をして湿気を避ける
  • こまめな掃除
  • 定期的な点検

それぞれについて、必要な理由を踏まえて説明します。

換気をして湿気を避ける

ウォシュレットが適切に稼働するために、トイレの換気には気をつけましょう。電化製品であるウォシュレットは、湿気によって故障しやすくなります。

また、湿気が多い環境では、カビや雑菌が増えやすくなり、ちょっとした汚れも増殖してしまいがちです。カビや雑菌が増えると、ナットなどの接続部分が劣化しやすくなります。

トイレの掃除の際には、濡れた状態で放置せず、必ず乾いた雑巾でカラ拭きをしてしっかり乾かしましょう。しばらく窓やドアを開け放して、換気扇があれば1時間以上稼働させてください。

こまめな掃除

汚れを蓄積させないことは、ウォシュレットに限らず全ての電化製品を長持ちさせる秘訣です。電化製品の中でも、水を使う場所にあるウォシュレットは、汚れが増殖しやすいので特に重要です。

  • フィルター
  • ノズル

この2つは特に水漏れの原因となる箇所なので、定期的な掃除を忘れないようにしてください。こまめに掃除をしていると、ナットのゆるみなども気付きやすいので、突然水漏れが始まったということも少なくなります。

定期的な点検

定期的に点検することで、ウォシュレットの水漏れなどのトラブルを回避できます。できれば月に一度日にちを決めて、以下を確認すると、安心です。

  • 水漏れの有無
  • 配管接続部のゆるみ
  • 給水ホースの傷みや破損がないか
  • 給水ホースと本体まわりの接続部
  • 水が流れるかどうか
  • 給水フィルター・脱臭フィルター・脱臭カートリッジの状態
  • 便座クッションの状態

保証期間中なら、メーカーのサービスで定期点検をお願いしてもいいでしょう。

保証期間が終わったら、ウォシュレットのメーカーを取り扱っている水道修理業者に、定期点検をお願いすると安心です。3年ごとくらいを目安にしてください。

トイレの給水ホースの水漏れを見つけたら

トイレの給水ホースからの水漏れを修理する方法や、予防方法を紹介しました。

紹介した方法で直らない場合は、もっと本質的な問題があるのかもしれません。ご自分で修理ができないのであれば、業者への依頼がおすすめです。

ただし、初めて業者を利用するとなると、どの業者に依頼すればいいのかわからない方も多いでしょう。

もし、業者をお探しなら、水道修理のセーフリーを参考にしてみてください。ウォシュレットの交換・修理に詳しい優良業者を多数紹介しています。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水のトラブルサポートセンター

mizu support bnr2

「水のトラブルサポートセンター」では100万件以上に対応してきた経験と実績でトラブルを解決。料金については見積り0円、出張費0円、深夜割増も0円で対応している。また、当社では外的要因による故障や不具合などの心配がないよう、1年~5年の無料保証制度を設けているので安心して利用できる。

詳細を見る

PR

トイレの給水ホースからの水漏れでよくある質問

地域からおすすめ業者を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 秋田 | 岩手 | 宮城 | 山形 | 福島
首都圏 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬
北陸・甲信越 富山 | 石川 | 福井 | 新潟 | 山梨 | 長野
東海 愛知 | 岐阜 | 三重 | 静岡
近畿 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 広島 | 鳥取 | 島根 | 岡山 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

8問の設問に答えるだけ!

簡易水回りトラブル診断

30秒で、診断結果+料金相場がわかる!

    シミュレーション結果

    お客様の症状の場合

    程が想定されます

    実際に現場を見てみないと正確な見積もりは出さないので目安として参考にしてください。

    お客様のお住まいの地域で安心できる水道修理業者をコンシェルジュが無料でご紹介するサービスがございますので、ぜひご利用ください。

    050-7562-0600
    コンシェルジュに電話で相談

    受付時間 8:00〜21:00

    コンシェルジュに相談する

      必須
      必須
      必須
      必須
      必須

      ※番地・建物名まで

      必須

      お見積りのご依頼ありがとうございます!

      メール確認後2日以内にご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。

      お急ぎの方はお電話でご相談ください。

      トイレ

      あなたの身近な水道修理業者を徹底比較

      お住まいの都道府県
      トラブル箇所
      お支払い方法
      重視すること(複数選択可)

      トップに戻る

      トイレ・水道トラブルでお急ぎの方
      今すぐお電話ください

      050-7562-0600

      通話無料|相談無料|全国対応

      受付時間 8:00~21:00

      ※受付時間外は夜間対応業者に直接ご連絡ください。

      frequent

      閉じる

      お困りの場所から探す

      PR-amazonギフトキャンペーンより

      当サイトでは現在、対象の事業者に依頼されたお客様で、かつ画像付きの口コミを投稿してくださったお客様に対して、amazonギフト券1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施しております。こちらの口コミはこのキャンペーンからの口コミになります。

      PR-amazonギフトキャンペーンより
      【公式】水道修理のセーフリー