トイレ業者・料金・修理手続き

アパートのトイレつまり対処法|支払い責任の有無なども解説!

この記事ではアパートでトイレつまりが発生したときの対処法をまとめました。

アパートでのトイレつまりは最悪の場合、下の階の方にも迷惑をかけてしまう恐れがあるので冷静に素早く対象する必要があります。

そこでこの記事では、あなたが初めに何をするべきなのかなどを手順を追って説明します。

また、トイレがつまった場合に、あなたと管理者・大家さんのどちらに修理の責任があるのかも気になるところでしょう。

まずは記事の前半で、トイレのつまりの修理を業者に依頼したときの修理費や責任の所在についても解説するので参考にしてみてください。

アパートのトイレつまりは管理会社・大家さんに連絡を!

アパートのトイレがつまったときは管理会社・大家さんに連絡を!

アパートのトイレでつまりが発生した場合、最初に大家さんもしくは管理会社に連絡してください。

なぜなら、管理会社などに連絡する前に修理をすると、修理費用を全額負担しなければいけなくなる可能性が高くなります。

ですので、急を要する場合でも大家さんか管理会社に連絡して、今後の対応について相談してください。

もし、アパートで提携している業者があれば、すぐに大家さんや管理会社から業者に連絡がいきます。

ただ、アパートによってはあなた自身で業者を探す、もしくは修理するようにお願いされる可能性もあります。

万が一、トイレつまりの対応を任されたときのために、『トイレつまりの修理方法』『水回りの専門業者の選び方』を後で詳しく解説します。

アパートのトイレつまりの費用負担は自己負担になる?

賃貸物件でトイレが詰まったらどうする?

大家さんや管理会社に連絡したときに「トイレの修理費用は誰(どこ)が負担するのか」について聞いておくと、後から金銭トラブルに発展することを防ぐことができます。

実際、トイレの修理費用の負担者は不動産会社や契約内容によっても異なり、多少なりとも自己負担しなければいけないケースもあるので詳しく聞いておきましょう。

アパートを借りる際の契約書に『小修繕費は借主の負担になる』などと記載されている場合は、トイレの修理費が自己負担になる可能性が高くなります。

トイレつまりの原因次第で責任の所在が変わる

すべてのケースにおいてアパートのトイレつまりが自己負担になるとは限りません。

特にトイレの老朽化、排水管や排水桝の不備、メンテナンス不足など、建物の欠陥によってトイレのつまりが発生した場合は、賃貸側の費用負担になる可能性が高くなります。

トイレつまりの原因は専門業者によって詳しく調べないと判明しないこともあるので、トイレ修理の費用負担については修理後に相談する形になることが多いですね。

ただし、トイレへの落下物、大量のトイレットペーパーを流したことがトイレつまりの原因であれば、あなたの過失となり自己負担せざるを得なくなることもあります。

トイレの修理の手続きや費用については、次の記事を参考にしてください。

アパートのトイレつまりを自分で直す方法

提携業者がないアパートであれば、あなた自身でトイレの修理をせざるを得なくなることもあります。

もしあなた自身でトイレを修理する必要が場合は、業者を呼ばずに自分で修理できた方が費用を安く抑えられますよね。

そこで、トイレのつまりを直す万能グッズである『ラバーカップ(スッポン)』を使ってトイレのつまりを解消する方法を解説します。

ラバーカップはトイレットペーパーや排泄物などがつまったときに利用できる道具です。トイレのつまりの原因がトイレットペーパーなどの水に流せる物ならラバーカップを使ってみてください。

ラバーカップを使用してアパートのトイレつまりを解消する手順

ラバーカップを使用してトイレのつまりを解消する手順

ラバーカップは次の手順で使用します。

  1. 便器の水量の調整
  2. ラバーカップを便器の排水口に密着させる
  3. ラバーカップを押す・引くを繰り返す

①便器の水量の調整

まずは便器内の水を調整しましょう。

水が溢れ出そうな場合は給水ポンプなどを使用して水を汲み出します。

逆に水が少ない場合は水を注ぎ足しましょう。目安としてはラバーカップのカップ部分が水に浸るまで水を継ぎ足してください。

②ラバーカップを便器の排水口に密着させる

水を丁度いい量に調整したら、ラバーカップを排水口にくっつけます。

この時、排水口に対してカップを平行にして押さえつけると密着しやすくなりますよ!

③ラバーカップを押す・引くを繰り返す

ラバーカップは「押す・引く」を繰り返して使用します。

ラバーカップを押す時はゆっくり押し込むようにしてください。

次にラバーカップを引く時は勢いよく引きます。この時、水が飛び散らないような力加減を意識してみてください。

この作業を繰り返し、ゴポゴポッという音がしてつまりが解消されたら作業完了です。

ただ、トイレがつまる原因はトイレットペーパーや排泄物だけとは限りません。

トイレへの落下物が原因になったり、原因不明のつまりもよく発生します。

次の記事で『トイレがつまりの原因別対処法』を図付きで詳しく解説しているので参考にしてみてください。

アパートのトイレつまり修理にかかる料金相場

簡単なトイレのつまりなら苦労しませんが、酷いつまりの場合は修理に時間がかかったり直すことができないことも多いんです。

そこで頼りになるのが『水回りの専門業者』なのですが、業者を利用したことが無いのであれば相場料金がまったくわからないと思います。

トイレの修理に必要な相場料金がわかることで、コスパの良い専門業者を探すことができたり、ぼったくり業者を候補から外すこともできます。

それではトイレの修理にかかる相場料金を掲載するので参考にしてみてくださいね!

作業内容相場料金
軽度のトイレのつまり除去
(紙つまりなど)
5,000円~
トイレのつまり除去
(専門道具使用)
7,000円〜
小便器の詰まり・尿石除去8,000円~
高圧洗浄15,000円
便器着脱作業10,000円〜
便器交換30,000円〜
ワイヤーによる排水管の清掃5,000円〜
薬剤による排水管の清掃10,000円〜
高圧洗浄機による排水管の清掃20,000円〜
ファイバースコープによる排水管の調査20,000円〜

相場料金を見ていただきましたが、トイレの修理費用は決して安いとは言えません。

そこで、トイレの修理費用を安くするコツを解説するので参考にしてください。

アパートのトイレつまりを業者に安く依頼するコツ

トイレのつまり解消を専門業者に依頼するときは必ず複数の業者で見積もりを取ります。

ほとんどの業者が見積もり無料なので、どんどん無料見積もりをしてみてください。

そして複数の専門業者で見積もりを取ることには次のようなメリットがあります。

  • 複数の専門業者から一番安く利用できる専門業者を選べる
  • 他社の見積もり額を提示して値下げ交渉できる
  • ぼったくり業者がいれば簡単にわかる

複数業者から相見積もりを取るので、自然とその中から一番安い業者を選ぶことができます。

また、他社の見積もり額を提示して「○○業者はこの値段なんですけど…」などと値下げ交渉することも可能です。

無理な値下げ交渉をしない限り、値下げ交渉に応じてくれることも少なくないので一度チャレンジしてみてください!

そして、安く利用できる専門業者を探すためだけでなく、悪質業者に引っかからないために複数の専門業者で見積もりを取ることが重要です。

いくつかの専門業者で見積もりを取って、適正価格で十分なサービスを提供してくれる専門業者を探してみてくださいね!

アパートで発生したトイレのつまりに関する質問
アパートでトイレがつまった時はどうしたらいいですか?

まずは修理業者に連絡せずに、大家さんか管理会社に連絡をしてください。
アパートでトイレがつまった場合の対処法

アパートでトイレがつまった場合の費用はどうなりますか?

大家さんか管理会社に連絡をして修理費用について聞いてみてください。契約内容にもよりますが、金銭トラブルになる場合もあるのでしっかりと確認をしましょう。
アパートのトイレがつまった時の費用について

修理費用が自己負担のときに自分で直す方法はありますか?

つまりの原因がトイレットペーパー・排泄物など水に溶けるものでの軽度なつまりであればラバーカップで直せる可能性があります。
ラバーカップの正しい使い方

自己負担での修理の費用が知りたいです。

トイレのつまりの状態にもよりますが、軽度なつまりであれば5000円~10000円程での修理になります。
トイレつまりの修理料金について

少しでも修理費用を抑えたい場合はどうしたらいいですか?

キャンペーンや割引を利用できる専門業者を探すか、複数の専門業者で見積もりを取ることで、修理料金を安く抑える可能性が高いです。当センターでは、「今すぐ」安心して依頼できる専門業者をご紹介しています。
修理費用を安く抑える方法

安心して利用できる修理業者をで紹介します!

希望の条件で一括見積相談をする