トイレが凍結したときの対処法を5つ紹介!凍結防止方法も解説

2022.12.06 2022.12.06

トイレが凍結したときの対処法や、凍結防止の方法を紹介します。

冬になるとトイレの給水管が凍結し、水が流れなくなることがあります。寒冷地でなくても凍結する可能性はあるため、対処方法や予防方法を知っておくと安心です。

また、こちらからは、条件に合わせた水道修理業者を探すことができます。お急ぎの方は、ぜひ活用してみてください。

おすすめのトイレ修理業者を口コミや料金で比較して見る

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

業者選びが面倒な方はこちらがオススメ!無料コンシェルジュに依頼する!水道修理コンシェルジュにトラブル内容をお伝えするだけで お客様の希望通りのオススメ水道業者を最短5分でご紹介いたします。

トラブル内容をお伝えするだけで、
お客様の
希望通りのオススメ水道業者ご紹介します!

050-7562-0650 受付時間 8:00〜21:00

050-7562-0650 受付時間 8:00〜21:00

PC BTN Line A1

PC BTN Mail A1

トイレが凍結する原因

25042626 s

トイレの凍結は、寒い季節になると増加します。気温が急に下がると、排水管や給水管が凍ってしまうためです。

室内であっても、気温が低い場所にあるトイレで突然水が流れなくなった場合、凍結が原因の可能性があります。あまり頻繁に使用しないトイレの場合も、水の流れが止まってしまうため凍結しやすくなります。

トイレの凍結が起こるのは、寒冷地だけではありません。むしろ、寒冷地では予め凍結予防ヒーターの便座やトイレの暖房が導入されている場合が多く、凍結防止対策が取られていることがほとんどです。

一方で、寒冷地以外の地域では対策が取られていないことが多く、突然トイレが凍結して困る可能性があります。

ウォシュレットは凍結で壊れやすい

ウォシュレットにも水が通っているため、凍結で壊れる可能性があります。しかも、ウォシュレットは配管が細かいため、凍結しやすく壊れやすいのが特徴です。

凍結したときには壊れていなくても、凍結により部品が劣化し、徐々に壊れていくこともあります。

配管やトイレが破損する恐れも

トイレが凍結すると、配管やトイレ自体が破損する恐れもあります。凍結すると水が膨張するため、配管に負担がかかり破損する可能性があるのです。

配管やトイレが破損すると、水漏れなどの二次被害になる可能性も。修繕費用も発生するため、そうなる前に凍結を予防することが大切です。

トイレが凍結したときの対処法

24763500 s

トイレが凍結したときの対処法を紹介します。

まずはトイレのどの部分が凍結しているのかを確認しましょう。排水レバーを回しても水が流れないときは、給水管が凍結している可能性があります。

いくつか対処法を紹介しますので、試してみてください。

給水管にぬるま湯をかける

給水管が凍結しているときは、給水管にタオルを巻き付けた上からぬるま湯をかけてみましょう。

ぬるま湯は40度~50度くらいの温度にしてください。熱湯を給水管に直接かけると、給水管が破裂する恐れがあります。

ぬるま湯は一気にかけるのではなく、タオルの上から少しずつかけてゆっくり温めてください。

トイレの室内温度を高くする

トイレが寒すぎるときは、部屋の温度を上げることで凍結を解消できる場合があります。

トイレは廊下など冷えやすい場所にあるケースが多いため、室内の中が寒くなる傾向があります。室内の温度を上げて給水管を温め、凍結を解消しましょう。

凍結の状態が軽度であれば、この方法で解消できる可能性があります。

トイレにぬるま湯を流す

トイレの排水管が凍結している場合は、便器の中にぬるま湯を流す方法が有効です。

40度~50度くらいのぬるま湯を用意し、少しずつ便器に流し込んでいきましょう。

熱湯を流し込むと排水管や便器が破損する恐れがあるので、注意してください。また、一気にぬるま湯を流すと水があふれる可能性もあるので、少しずつ流し込むのがポイントです。

ドライヤーの温風を当てる

給水管のドライヤーの温風を当てることで、凍結を解消する方法です。

給水管から20㎝ほど離した場所から、温風を当てて温めてください。ドライヤーを当てる位置が近すぎると、急激な温度変化によって給水管が破裂する恐れがあります。少し離した場所から、様子を見て当ててください。

自然解凍を待つ

日中の温度が上がれば、自然に解凍できる可能性もあります。

ただし、自然解凍は時間がかかるので、トイレの使用を急がないときに試してください。しばらくトイレを使わないときは、この方法で対応してもよいでしょう。

トイレが凍結したときの注意点

25067470 s

トイレの凍結を自分で直すときに、注意しなければならないポイントを紹介します。

  • 熱湯を直接かけない
  • 排水レバーで水を流し続けない

以上の2点について詳しく解説します。

熱湯を直接かけない

排水管や給水管に急な温度変化が起こると、破裂する可能性があります。便器が割れる恐れもあるので、注意してください。

  • 40度~50度くらいのぬるま湯を用意する
  • 給水管をぬるま湯で温めるときは、タオルを巻く
  • ドライヤーで温めるときは給水管から20㎝ほど離す

以上のポイントを押さえて、配管を傷めないように注意して作業してください。

排水レバーで水を流し続けない

トイレの排水管が凍結しているときに水を流し続けると、トイレから水があふれる恐れがあります。

トイレのぬるま湯を流して解凍する際は、少しずつ水を流して、水が溢れないように注意してください。

トイレの凍結防止方法は?

24735140 s

トイレが凍結すると、しばらくトイレが使えないため不便です。自分で対処できますが、方法を誤ると配管を傷めてしまう可能性もあります。

不便を避けるためには、トイレの凍結を予防することが大切です。ここからは、トイレの凍結防止方法を紹介します。

凍結防止ヒーターを導入する

トイレの凍結を防止する「凍結防止ヒーター」を導入することで、トイレの凍結を予防できます。

凍結防止ヒーターは配管に巻き付けて使用するもので、管の温度が冷えると通電し、一定の温度になると停止する仕組みです。

寒冷地や突然の寒波に備えて、凍結予防におすすめです。

トイレの凍結防止ヒーターの電気代

トイレの凍結防止ヒーターの消費電力が7W、1kWhが27円として、1時間の電気料金は0.19円です。24時間稼働していたとしても、1日当たりの電気料金は5円にもなりません。

1か月の電気代も150円程度ですので、トイレが凍結することを考えれば安いものです。

流動方式のトイレにする

流動方式のトイレにはトイレのタンクにダイヤルがついており、ダイヤルを回せばタンク内の水が便器内に流れ続ける仕組みになっています。

絶えず水が流れるため、凍結予防には適しています。これから新しくトイレを設置する場合、凍結が心配であれば流動方式のトイレを検討してみてもよいでしょう。

流動方式のトイレの水道代

流動方式のトイレの場合、水を流し続けるため、通常よりも水道料金が高額になります。

実際に流動方式のトイレを使っている方の中には、水道料金が通常の2~5倍になった方もいるようです。

流動方式で凍結を予防するときは、気温が上がる日中は流動バルブを閉めておきましょう。1日中水を流し続けると、水道代が高額になる恐れがあります。

トイレの水抜きをする

寒波などでトイレの凍結が心配なときは、トイレの水抜きをしておきましょう。

トイレの水抜きは、排水管内の水を抜いて凍結を予防する方法です。

  1. 給水管の止水栓を閉める
  2. 排水レバーを回し、タンク内の水を空にする

止水栓はマイナスドライバーを使って閉めてください。トイレのタンクが空になるまで水を流せば、水抜きは完了です。

不凍液や凍結防止剤を使用する

不凍液や凍結防止剤は、便器の水が凍結しないように入れるものです。水抜きをしても、便器にたまっている水は残っています。この水が凍らないように、不凍液や凍結防止剤を使用しましょう。

不凍液は住宅用のものを使用しましょう。車用など、住宅に適していないものは使用しないでください。

不凍液や凍結防止剤は、インターネットやホームセンターで安価に購入できます。手軽に凍結を予防できるので、冬に備えて準備しておくとよいでしょう。

トイレの凍結が直らないときは?

1680588 s

いろいろ対処してみても、凍結が酷いと自分では直せない場合があります。凍結が酷いと配管が破裂する可能性もあるので、適切に対処することが大切です。

水道の元栓を閉める

凍結が酷いと、配管やパッキンが破損し、水漏れが起こる恐れがあります。

被害の拡大を防ぐために、まずは水道の元栓を閉めておきましょう。

水漏れや破損箇所がないか確認する

元栓を閉めたら、すでに水漏れしている箇所や破損している部分がないか確認してください。

配管のつなぎ目から水漏れすることが多いので、チェックしておきましょう。

水道修理業者に修理を依頼する

トイレの凍結が解消されないときは、水道修理業者に相談して適切な処置をしてもらいましょう。

無理に直そうとすると、配管や便器を傷めてしまう恐れがあります。かえって修理代が高くなることもあるので、無理せずプロの専門業者にお任せしましょう。

水道修理業者なら、速やかに凍結している場所を調べて適切に対処してくれるので、すぐにトイレが使えるようになります。

凍結が起こった箇所は配管やパッキンが破損している恐れもあるので、一緒に点検をしてもらうと安心です。

水道管の凍結には火災保険が使えることも

水道管が凍結によって破損した場合、火災保険に特約が付いていれば、修理費用に保険を使えるケースがあります。

火災保険には「破損・汚損補償」があり、保険会社によっては補償での対応が可能です。「水道管修理費用保険金(水道管凍結修理費用保険金)」特約の有無によって保証されるケースとされないケースがあるため、契約している火災保険で対応できるのか、確認しておく必要があります。

また、凍結によって水漏れが発生した場合、水道料金が免除されるケースもあるので確認しておきましょう。基本的には水漏れ分は自己負担になりますが、水漏れの発見が難しいケースの場合は減額の対象となる可能性もあるため、水漏れの際は確認してください。

トイレの凍結で困ったときは

トイレの凍結については、防止策を取ることである程度予防できます。急に気温が下がりそうなときや寒冷地にお住まいの方は、凍結防止ヒーターや凍結防止剤を使って、しっかり予防をしておきましょう。

当サイト水道修理のセーフリーでは、トイレの凍結修理に対応している水道修理業者を多数紹介しています。トイレの凍結でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

今週のNo.1 おすすめ優良業者!!

水コンシェルジュ

eyacatch water concierge

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城で各種水廻りのトラブルなら、水道局指定店の【水コンシェルジュ】にお任せください!今ならWEB限定で4,000円割引キャンペーン中です!

詳細を見る

トイレの凍結に関するよくある質問

  • トイレが凍結する原因は何ですか?

    気温が下がると配管の中の水が凍ってしまい、トイレが凍結します。

    トイレの凍結は寒冷地だけで起こるものではなく、寒波などで急激に気温が下がったときにも起こります。

    トイレが凍結する原因を見る

  • トイレが凍結したときの対処法を教えてください

    トイレが凍結したときは

    • 配管や便器にぬるま湯をかける
    • ドライヤーで配管を温める
    • 室内の温度を上げる
    • 自然解凍を待つ

    以上の方法で解消できる場合があります。

    トイレが凍結したときの対処法を見る

  • トイレが凍結したときに注意することはありますか?

    配管は急激な温度変化に弱いので注意してください。

    凍結によって水漏れが起こるケースもあるので、気を付けましょう。

    トイレが凍結したときの注意点を見る

  • トイレの凍結を予防する方法はありますか?

    トイレの凍結は予防できます。

    凍結が心配なときは、トイレの水抜きや不凍液などを使用して、予防しておきましょう。

    トイレの凍結防止方法を見る

  • トイレの凍結が直らないときはどうすればよいですか?

    トイレの凍結が酷いときは、自分で対処しても直らないケースがあります。

    無理に直そうとすると配管が破損する恐れもあるので、水道修理業者に相談するのがおすすめです。

    トイレの凍結が直らないときの対処法を見る

地域からおすすめ業者を探す

北海道・東北 北海道 | 青森 | 秋田 | 岩手 | 宮城 | 山形 | 福島
首都圏 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬
北陸・甲信越 富山 | 石川 | 福井 | 新潟 | 山梨 | 長野
東海 愛知 | 岐阜 | 三重 | 静岡
近畿 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山
中国・四国 広島 | 鳥取 | 島根 | 岡山 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州・沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄

8問の設問に答えるだけ!

簡易水回りトラブル診断

30秒で、診断結果+料金相場がわかる!

    シミュレーション結果

    お客様の症状の場合

    程が想定されます

    実際に現場を見てみないと正確な見積もりは出さないので目安として参考にしてください。

    お客様のお住まいの地域で安心できる水道修理業者をコンシェルジュが無料でご紹介するサービスがございますので、ぜひご利用ください。

    050-7562-0600
    コンシェルジュに電話で相談

    受付時間 8:00〜21:00

    コンシェルジュに相談する

      必須
      必須
      必須
      必須
      必須

      ※番地・建物名まで

      お見積りのご依頼ありがとうございます!

      メール確認後2日以内にご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。

      お急ぎの方はお電話でご相談ください。

      トイレ

      あなたの身近な水道修理業者を徹底比較

      お住まいの都道府県
      トラブル箇所
      お支払い方法
      重視すること(複数選択可)

      お困りの場所から探す

      【公式】水道修理のセーフリー